アカウントの設定

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Marketing Cloud アカウントのメンバー識別コード (MID) を識別する。
  • アカウントの会社の設定を完了する。
  • セキュリティ設定を構成する。
  • データ保護とプライバシーの重要性を説明する。

はじめに

あなたは新しい Marketing Cloud アカウントを取得し、使用を開始するのが楽しみでたまりません! でも、どこから始めればよいのでしょう? 心配はいりません。ここですべてを取り上げます。これから、Marketing Cloud アカウントの管理を開始するのに必要な最重要情報を段階的に説明していきます。 

まず、念のために Marketing Cloud でできることの復習として、次のデモを見てみましょう。

このモジュールでは、受講者が、新規 Marketing Cloud アカウントを設定し、ユーザー、ビジネスユニット、デフォルト設定を管理するための適切な権限を持つ Marketing Cloud 管理者であると想定しています。ただし、Marketing Cloud の管理者でなくても問題ありません。進めていけば、管理者が会社の Marketing Cloud アカウントを設定する方法を学習できます。

メモ

メモ

Marketing Cloud からのメッセージ送信先となる人々を購読者と呼びます。購読者と呼ぶのは、これらの人々が会社からのコミュニケーションの受信を購読 (オプトイン) するからです。

アカウントの基本

Marketing Cloud はあらゆる規模の企業に対応するソリューションです。会社が社員数 10 名のチームでも、10 か国に展開する 10,000 名のチームでも、会社のニーズに合った方法で Marketing Cloud を使用できます。Marketing Cloud は現在、Basic、Pro、Corporate、Enterprise のエディションで提供されています。購入したエディションを調べ、アカウントにどの製品と機能が含まれているかを把握することが重要です。購入したエディションが不明な場合は、Marketing Cloud アカウント担当者にお問い合わせください。ビジネスユニットなど、このモジュールで説明する機能が、購入した Marketing Cloud エディションに含まれていないかもしれません。とはいえ、このコンテンツのほとんどの部分は、すべての Marketing Cloud エディションに当てはまります。機能の追加に関心がある場合は、Marketing Cloud アカウント担当者にお問い合わせください。

前置きはこのくらいにして、Marketing Cloud アカウントの構造と識別方法を見てみましょう。

テナント

使用するテナントの種別は、会社が購入した Marketing Cloud エディションによって決まります。Marketing Cloud ドキュメントを参照していると、テナントという用語を目にします。テナントはアカウントの構造を理解するのに役立ちます。

テナント種別 説明
Enterprise 2.0 テナントは最上位アカウントであり、関連付けられたすべてのビジネスユニットが含まれます。
Enterprise 1.0 テナントは最上位アカウントであり、関連付けられたすべての代理人またはロック & パブリッシュビジネスユニットが含まれます。
コア テナントは 1 つのアカウントです。
エージェンシー 各最上位アカウントと関連付けられた各クライアントアカウントが別個のテナントになります。

アカウント名と MID

初期アカウント名は、Marketing Cloud アカウントがプロビジョニングされたときに設定されます。一意のメンバー識別コード (MID) が、すべてのアカウント (コア、Enterprise、エージェンシー) とすべての関連付けられた子アカウントに割り当てられます。MID 値によってエンティティが識別されます。そのため、Marketing Cloud エディションに応じて、テナントには 1 つまたは複数の MID が含まれる場合があります。 

  • Enterprise 2.0 テナントには Enterprise Edition アカウントの複数の MID が含まれます。
  • Enterprise テナントには複数の MID が含まれます。
  • コアテナントには 1 つの MID を持つ 1 つの最上位アカウントが含まれます。
  • エージェンシーテナントには最上位アカウントのみが含まれます。関連付けられた各クライアントアカウントユニットは別個のテナントになります。
メモ

メモ

このモジュールでは、会社の最上位アカウントを使用することを想定します。

https://mc.exacttarget.com でログイン情報を使用して Marketing Cloud にログインした後、アカウント名と MID を見つけるにはいくつかの方法があります。

オプション 1: アカウント名は、Marketing Cloud インターフェイスの上部隅にあるユーザー名のすぐ左にあります。アカウント名にカーソルを置くと、MID が表示されます。

アカウント名の下に MID が強調表示されたメニューが表示されています。

オプション 2: ユーザー名の下で [セットアップ] に移動します。[クイック検索] を使用して、[アカウント設定] に移動します。アカウント名と、アカウント ID としてリストされた MID が見つかります。

[アカウント設定] インターフェイスで [アカウント ID] フィールドが強調表示されています。

Marketing Cloud インスタンス

Marketing Cloud アカウントを識別するために理解すべきものがもう 1 つあります。Marketing Cloud インスタンスです。Web コレクト URL、SOAP Web サービス API などを構成するには、インスタンスを把握する必要があります。インスタンスは、Salesforce Trust サイトでパフォーマンスに関する懸念事項を監視したり、リリーススケジュールを使用して新機能がアカウントにリリースされる時期を予測したりする場合にも役立ちます。今後参照できるように、ここで Marketing Cloud インスタンスを知っておくことが重要です。

  1. Marketing Cloud アカウントで見つけた MID 値をコピーします。
  2. 別のブラウザータブまたはウィンドウで、https://trust.salesforce.com に移動します。
  3. status.salesforce.com で [ステータス] をクリックします。
    マウスでページの status.salesforce.com セクションの [ステータス] ボタンをクリックしています。
  4. MID に関連するインシデントを検索するには、コピーした MID 値を入力します。

Salesforce Trust サイトの [ステータス] ページ。

サイトが Marketing Cloud インスタンスを返します。いつでもこのサイトにアクセスしてインスタンス情報を取得し、Marketing Cloud のパフォーマンス情報を確認できます。詳細は、「Marketing Cloud Trust サイト」モジュールを参照してください。

IP 許可リスト

Marketing Cloud インスタンスを取得したら、その情報を使用して許可リスト登録が必要な IP アドレスを判別します。推奨されるベストプラクティスは、地域の IP 範囲のセット全体を許可リストに登録することです。この方法を使用することで、エンドユーザーがどこから Salesforce にアクセスしても Salesforce ログインプールがそのログイン認証を処理することができ、プライマリインスタンスとセカンダリインスタンスの間での移動による意図しないサービス中断を避けることができます。詳細および IP アドレスの完全なリストは、Salesforce ヘルプの「Marketing Cloud の許可リストに含める IP アドレス」を参照してください。

アカウント設定

Marketing Cloud アカウントについて少し理解できたので、次はデフォルト設定をいくつか構成します。Marketing Cloud アカウントの全ユーザー (今後追加するユーザーを含む) に適用される基本的ないくつかの設定から始めましょう。 

開始するには、Marketing Cloud にログインし、[セットアップ] に移動します (ヒント: ユーザー名の下にリンクがあります)。

Marketing Cloud 設定メニューで [セットアップ] にマウスポインターが置かれています。

このモジュールでは、全体を通して Marketing Cloud のセットアップアプリケーションを使用するので、ブラウザーでこのページを開いたままにして進めてください。

Marketing Cloud の [セットアップ] の [ホーム] インターフェイス。

会社情報

最初に、会社について基本的な情報を入力しましょう。

  1. Marketing Cloud の [セットアップ] で、[会社の設定] をクリックします。
  2. [アカウント設定] をクリックします。
  3. [編集] をクリックします。
  4. [会社情報] で、必要に応じて次のフィールドを更新します。
    1. 会社名
    2. 番地
    3. 市区町村
    4. 都道府県
    5. 郵便番号
  5. [一般設定] で、全ユーザーのデフォルト設定となる [タイムゾーン] と [日付形式] を選択します。個々のユーザーはそれぞれのアカウントでこれらを変更できるので心配はいりません。

しばらくこのページで作業を続けましょう。[一般設定] に、[メールの表示名] と [メール返信アドレス] のフィールドがあります。これらの設定は、Marketing Cloud アカウントからのメール送信でデフォルトとして使用されます。適切な権限を持つ Marketing Cloud ユーザーは、追加の名前とメールアドレスを設定して Marketing Cloud 送信で選択できます。購読者へのメール送信に使用する場合は、これらのデフォルトを慎重に選択することが重要です。

[アカウント設定] ページで、[一般設定] セクションの [メールの表示名] フィールドと [メール返信アドレス] フィールドが丸で囲まれています。

[メールの表示名] と [メール返信アドレス] を設定したら、[検証] をクリックしてそのメールアドレスにテストメッセージを送信し、ドメインが有効であることを確認します。詳細は、ヘルプの「ドメイン検証」または「Email Studio の基本」Trailhead モジュールを参照してください。

変更内容を保存します。

ヘッダーとフッター

[ヘッダーとフッター] を入力すると、[一般設定] ページでの初期設定は完了です。Marketing Cloud では、メールメッセージの先頭と末尾に CAN-SPAM 規制に準拠するためのテキストや画像を自動的に追加できます。これらのヘッダーとフッターのアカウントレベルでのデフォルトの表示方法をカスタマイズしましょう。後でユーザーが Email Studio で送信分類を作成して、メールのコンテンツをカスタマイズすることもできます。

  1. [アカウント設定] で、[編集] をクリックします。
  2. [ヘッダーとフッター] セクションで、[HTML ヘッダー] と [テキストのヘッダー] の設定と、HTML ヘッダーとテキストヘッダーを選択します。システムで生成された CAN-SPAM 法準拠のデフォルトを使用するか、独自にカスタマイズするか、[なし] を選択してデフォルトを削除することができます。

HTML バージョンのヘッダーとフッターは HTML メールに使用され、テキストバージョンは非 HTML のテキストベースバージョンのメールに使用されます。 

[プレビュー] にマウスカーソルを置くと、カスタムヘッダーまたはフッターをプレビューできます。

[ヘッダーとフッター] 設定セクションで、マウスカーソルが [プレビュー] に置かれ、プレビューウィンドウが表示されています。

設定を保存します。

法的に義務付けられた情報、これらのセクションのカスタマイズ、アカウントで追加の設定を有効にする方法についての詳細は、Salesforce ヘルプの「Marketing Cloud でのメールメッセージのヘッダーとフッター」を参照してください。必要に応じて「送信分類」も参照してください。

セキュリティ設定

Marketing Cloud には、アカウントのセキュリティ維持に役立つ設定がいくつか用意されています。Marketing Cloud の [セットアップ] で、[クイック検索] を使用して、[セキュリティ設定] に移動します。Marketing Cloud テナントの全ユーザーについて、セッションタイムアウト、安全な接続の要求、ログインの有効期限など、複数の設定を管理できます。開始にあたり、セキュリティ設定では次のベストプラクティスが推奨されます。

項目 推奨設定
セッションタイムアウト 20 分
一定時間操作されない場合にログインが期限切れになる時間 90 日以内
ロックアウトの前の無効なログイン回数 3
無効なログインの数をセッション全体で数える はい
ユーザー名の最小文字数 8 文字
パスワードの最小文字数 8 文字以上
パスワード履歴の記録 8 個のパスワードを記録
ユーザーパスワードの有効日数 90 日
パスワード変更確認メールの送信 有効化
監査ログデータ収集の有効化 有効化

多要素認証 (MFA) を使用して Marketing Cloud テナントを保護することもできます。この機能では、ユーザはユーザ名とパスワードに加えて、次のような自分で登録できるもう 1 つの検証方法を使用してログインする必要があります。

セキュリティ設定の完全なリストとベストプラクティスは、Salesforce ヘルプの「Marketing Cloud のセキュリティ設定」を参照してください。

プライバシーおよびデータ保護に関する法律

Marketing Cloud の使用を開始する前に、「プライバシーおよびデータ保護に関する法律について」トレイルを参照することを強くお勧めします。ビジネスで EU 居住者または米国市民に関する個人情報を収集、保存、または使用する場合、EU および米国のプライバシー法によってビジネスに及ぶ可能性がある影響を理解することがきわめて重要です。

これで初期設定が完了しました。次の単元では、Marketing Cloud アカウントのユーザーを設定して管理する方法を学習します。

リソース