インストールの準備

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 実装のシステム要件を挙げる。
  • システムユーザの目的を説明する。
  • Marketing Cloud Connect のユーザロールを挙げる。

始める前に

このモジュールでは複数の Salesforce クラウドにまたがる作業を行うため、次の点を認識しておく必要があります。

  • このモジュールを通して、Sales Cloud や Service Cloud のことを Salesforce CRM と言います。この用語は、各自の Salesforce Cloud または Service Cloud アカウント (あなたが Marketing Cloud に接続するもの) を指します。
  • このモジュールでは、受講者が Marketing Cloud と Salesforce CRM の管理者であると想定しています。管理者以外も受講できますが、各自のアカウントにアクセスして構成する適切な権限がありません。
  • Trailhead Playground では Marketing Cloud を使用できません。そのため、Trailhead Playground を使用して Salesforce CRM の手順を確認することはできますが、Marketing Cloud の手順は実行しないでください。

Marketing Cloud の Salesforce CRM への接続

あなたは極めて実用性の高いマーケティングデータを CRM データと結び付けることにしました。ここで出番となるのが Marketing Cloud Connect です。Marketing Cloud Connect により、クラウドソリューション間でデータを共有できるようになります。 

準備はいいですか? 出発する前に、これからどこに向かうのかがわかっていたほうがよいため、まずは設定を完成させるために実行する必要のある手順を確認しておきましょう。

ステップ
目的
1: 前提条件を確認する
成功に向けてシステム要件とユーザ要件を計画します。
2: 管理パッケージをインストールする
管理パッケージをダウンロードして、接続を機能させるためのツールを入手します。
3: CRM 設定を構成する
ユーザが連絡先やリードのメールフィールドを表示できるようにします。そして、Salesforce CRM アカウント内で追加のユーザと権限セットを設定します。
4: Marketing Cloud で設定を構成する
Marketing Cloud で新規ユーザを作成し、連携を構成します。
5: 構成を完成させる
Marketing Cloud と Salesforce CRM アカウントの両方で最終的な構成設定を行い、接続を完了させます。
6: 接続をテストする テスト送信を行い、正常に接続されていることを確認します。すべてのユーザが正しく設定されていることを確認したら、コネクターの使用を開始します。

このモジュールでは上記の各ステップについて説明し、モジュール全体の進行状況を示します。

1: 前提条件を確認する

「ステップ 1: 前提条件を確認する」が強調表示されている進行状況チャート実装に取りかかる前に、次の要件を確認し、チームと一緒に要件を満たしておくことが重要です。

アカウント要件

  • Marketing Cloud Connect には、1 つの Marketing Cloud アカウントと Salesforce CRM 組織の間のリレーションが必要です。Marketing Cloud アカウントを複数の Salesforce CRM 組織に接続することは可能ですが、その設定についてはこのモジュールでは触れません。
  • Marketing Cloud Connect の機能の大半は、ユーザに Marketing Cloud ライセンスと Sales Cloud または Service Cloud ライセンスが必要です (後述)。
  • Salesforce CRM 組織は、Salesforce Unlimited Edition、Enterprise Edition、Performance Edition、Developer Edition Sandbox のいずれかのバージョンである必要があります。使用しているバージョンを調べるには、Salesforce ヘルプ記事「Salesforce の Edition および API バージョンを確認する方法」を参照してください。
  • Marketing Cloud アカウントは、Marketing Cloud Core Edition、Advanced Edition、Agency Edition、Enterprise 1.0 ロック & パブリッシュ、Enterprise 2.0 Edition、Reseller Edition、Marketing Cloud Sandbox のいずれかのバージョンである必要があります。
  • Marketing Cloud Connect の機能は、Salesforce Classic UI で使用できます。Lightning Experience を使用している場合、Marketing Cloud Connect のタブをクリックすると自動的に Salesforce Classic にリダイレクトされます。

購読者キーに関する考慮事項

Marketing Cloud Connect では、取引先責任者/リード ID に Marketing Cloud の購読者キーを使用している購読者のみを認識します。現在異なる購読者キーを使用している場合は、2 つのクラウドの連絡先を整合させるために購読者キーの移行を実行する必要のある場合があります。

Marketing Cloud Connect システムユーザ

次は、実装に必要なシステムユーザアカウントについて説明します。正常にインストールするためには、2 種類のシステムユーザを作成する必要があります。この作成手順は単元 2 と 3 で説明しますが、最初にこの 2 つが重要である理由を説明しておきます。では、1 つずつ見ていきましょう。

システムユーザ
内容
説明
考慮事項
Marketing Cloud Connect API ユーザ


Marketing Cloud Connect API ユーザは、Marketing Cloud と Sales Cloud または Service Cloud 間のアカウントレベルの接続を完了させます。
このユーザはメール送信、トリガーによる送信、購読要求のトラッキング、Journey Builder のエントリイベントの初期認証を行います。
Salesforce CRM でMarketing Cloud のさまざまなビジネスユニットにアクセスするためには、Marketing Cloud Connect API ユーザが Marketing Cloud でこれらのビジネスユニットにアクセスできる必要があります。
CRM API ユーザ
(Salesforce システムユーザともいう)
Salesforce CRM で作成される CRM API ユーザも同様に、CRM アカウントと Marketing Cloud 間の接続を完了させることが求められます。
このユーザは接続アプリケーション (外部アプリケーションを Salesforce と連携させるフレームワーク) を機能させる初期認証を行い、

トラッキングデータ、同期済みデータエクステンション、Journey Builder アクティビティを CRM で使用できるようにします。また、ユーザ別のスコープなしアカウント (統合されたすべてのユーザに対するオープンアクセス権が設定されたアカウント) で Marketing Cloud から CRM オーディエンスに送信する場合も、このユーザを使用します。
セキュリティやパフォーマンスを最適化するために、ユーザライセンスを使用する専用システムユーザを CRM API ユーザとして使用します。

複雑そうに思えるかもしれませんが、こうしたユーザアカウントの目的は単に、Salesforce CRM と Marketing Cloud 間の接続 (ハンドシェイクなど) を作成することです。

Salesforce と Salesforce Marketing Cloud 間の接続を完了する Marketing Cloud Connect API ユーザと CRM API ユーザを示すリレーション図

Marketing Cloud Connect ユーザ

システムユーザのほか、Marketing Cloud Connect の機能へのアクセスを決定する他のユーザ種別が存在します。見ていきましょう。

ユーザ種別
説明
追加情報と考慮事項
Marketing Cloud Connect 管理者
Marketing Cloud Connect の日常的な使用や設定を Sales Cloud または Service Cloud 内で管理する人です。
  • Salesforce CRM 組織の少なくとも 1 人のユーザに、CRM 環境内で Marketing Cloud Connect を構成するアクセス権が必要です。管理者でも、管理者以外の人でも構いません。
統合されたユーザ (Marketing Cloud Connect ユーザ)
統合されたユーザは Marketing Cloud と CRM の両方の確立されたユーザログイン (ライセンス) を有し、両アカウントが Marketing Cloud でリンクされています。
  • これらのユーザは、Marketing Cloud から Salesforce のレポートやキャンペーンに送信する機能など Marketing Cloud Connect の全機能を使用でき、CRM のメールページレイアウトへのフルアクセス権を有します。
CRM ユーザ
Marketing Cloud アカウントのない Salesforce CRM ユーザです。
  • 管理者が連絡先やリードのページレイアウトに追加している場合には、そのレイアウトにメール関連リストを表示できます。
  • MC Connect を使用してメールを送信することはできません。
Marketing Cloud ユーザ
CRM アカウントのない Marketing Cloud ユーザです。
  • Marketing Cloud で Salesforce データエクステンションを使用して表示や送信を実行できます (構成されている場合)。
  • Salesforce のレポートまたはキャンペーンに送信することはできません。

次に、社内の誰が Marketing Cloud Connect を使用する必要があるかを検討します。この決定についてわかりやすく説明するための例として、Northern Trail Outfitters (NTO) という会社がチームメンバーのロールをどのように選択したのか見てみましょう。

名前とロール
ユーザ情報
選択理由
Pia、NTO のクラウドアーキテクト
  • Salesforce CRM システム管理者、Marketing Cloud 管理者
  • 統合されたユーザ
Pia は両方のシステムの管理者で、Sales Cloud と Marketing Cloud の全般的なデータ構造の設計に関わっています。
Isabelle、デジタルマーケティング担当者
  • Marketing Cloud 管理者
  • 統合されたユーザ
Isabelle はマーケティングチームを統括し、すべてのデジタルマーケティングを管理しています。営業マネージャーの Teri と緊密に連携してキャンペーンを調整します。
Paulo、メールスペシャリスト
  • 統合されたユーザ
Paulo は日常的なメールの管理、ジャーニーの作成、メールの送信を担当し、Journey Builder や Salesforce キャンペーンを使用して送信するオプションの使用を希望しています。
Michele、テクニカルマーケティング担当者兼メール設計者
  • 一般的な Marketing Cloud ユーザ
Michele はメールを設計して構築しますが、送信する必要はありません。
Teri、営業マネージャー
  • 統合されたユーザ
Teri は Salesforce のキャンペーンとレポートの作成を担当し、Sales Cloud からメールを送信するオプションの使用を希望しています。
Jessa、営業担当
  • 一般的な CRM ユーザで、メールページレイアウトに追加されている
Jessa は顧客に送信済みのメールをメールページレイアウトに表示しますが、メールを送信する必要はありません。

次の単元に進む前に、ユーザロールについてチームと話し合い、計画を立てておきます。次の単元では、管理パッケージをインストールして、CRM 設定を構成します。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる