Marketing Cloud 接続を構成する

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Marketing Cloud Connect API ユーザを作成する。
  • Marketing Cloud と Salesforce CRM 組織間の接続を完了する。
  • ユーザを Salesforce CRM に連携させる。

4: Marketing Cloud を構成する

「ステップ 4: Marketing Cloud を構成する」が強調表示されている進行状況チャート

半分を過ぎました。次は、両方の環境で追加の構成手順を実行して設定を完成させます。Marketing Cloud から始めましょう。

Marketing Cloud Connect API ユーザ

Salesforce CRM の場合と同様に、Marketing Cloud が CRM 環境に接続するためにはユーザアカウントが必要です。この目的専用のユーザライセンスを確保することをお勧めします。次の手順に従って、Marketing Cloud API ユーザを設定します。

  1. Marketing Cloud で、ユーザ名にカーソルを置いて [セットアップ] を選択します。
  2. [セットアップ] 画面から、[クイック検索] ボックスに「ユーザ」と入力し、[ユーザ] をクリックします。
  3. [作成] をクリックします。
  4. [返信用メールアドレス] と [通知用メールアドレス] にメールアドレスを入力します。
  5. 一意のユーザ名 (例: MC-API-User) を入力します。
  6. 組織で必要な場合を除き、[外部キー] フィールドは空白のままにします。
  7. タイムゾーンとカルチャーコードを選択します。
  8. [API ユーザー] を選択します。
  9. 一時パスワードを作成します。
  10. [保存] をクリックします。

続いて、この新しいユーザにロールを割り当て、ユーザの設定を完了します。

  1. [ユーザー] 画面で、作成したユーザの横にあるチェックボックスをオンにします。
  2. [ロールの管理] をクリックします。
  3. [ロールの編集] をクリックします。
  4. 次のロールを割り当てます。
    • システム管理者
    • Marketing Cloud 管理者
  5. [保存] をクリックします。
  6. Marketing Cloud からログアウトしたらすぐ、作成した Marketing Cloud API ユーザの資格情報を使用してログインし直します。

Marketing Cloud 接続を構成する

Marketing Cloud にログインし直したら、[セットアップ] に戻ります。いよいよ Marketing Cloud アカウントを対応する Sales Cloud または Service Cloud 組織と接続します。このプロセスを開始する前に、必ず Salesforce CRM アカウントからログアウトします(タブを閉じるだけではログアウトされません)。アクティブな Salesforce セッションがあるとシステムが自動的に接続するため、ログアウトすることで誤った接続が回避されます。

  1. [セットアップ] の [クイック検索] フィールドに「Salesforce 連携」と入力します。
  2. [Salesforce 連携] が表示されたら選択します。
  3. [編集] をクリックします。
  4. [ユーザー別のスコープ] が選択解除されていることを確認します。
  5. [アカウントの接続] をクリックします。[ユーザー別のスコープ] と [アカウントの接続] が囲まれた、Marketing Cloud の [セットアップ] の [Salesforce 連携] 画面
  6. [OK] をクリックして、ポップアップウィンドウを確認します。
  7. ログインページが新しいウィンドウに表示されます。(カスタムドメインを使用している場合は、ユーザの資格情報を入力する前に、[カスタムドメインを使用] を選択して、ドメインアドレスを入力します)。前の単元で作成した CRM API ユーザのユーザ名とパスワードを入力します。
  8. [許可] をクリックして、Marketing Cloud API ユーザが CRM 組織にアクセスするためのアクセス権を付与します。

Marketing Cloud と CRM 組織間のハンドシェイクが作成されました。これにより、Salesforce CRM 内で接続アプリケーションのリレーションシップが確立されました。お疲れ様でした。

5: 構成を完成させる

「ステップ 5: 構成を完成させる」が強調表示されている進行状況チャートいよいよ大詰めです! 次は、Salesforce CRM で接続アプリケーション設定の構成を完成させます。Marketing Cloud からログアウトし、自身の管理者資格情報を使用して 再度 CRM アカウントにログインして、次の更新を行います。

メモ

メモ

次の手順を実行する前に、必ず Salesforce Classic に切り替えます。

  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「接続アプリケーション」と入力し、[接続アプリケーション] をクリックします。
  2. [Salesforce Marketing Cloud] をクリックします。[Salesforce Marketing Cloud] が選択された [接続アプリケーション] 画面
  3. [ポリシーを編集] をクリックします。
  4. [許可されているユーザ] で、[管理者が承認したユーザは事前承認済み] をクリックします。
  5. 警告メッセージが表示された場合、[OK] をクリックします。
  6. [IP 制限の緩和] で、[IP 制限の緩和] を選択します。
  7. [更新トークンポリシー] で、[更新トークンを直ちに期限切れにする] を選択します。期限が切れるまで待機します。これらの手順で何が行われたのでしょうか? この 2 つは、接続アプリケーション内の使用や認証を容易にするための手順です。これらの手順についての詳細は、「接続アプリケーションの IP 制限の緩和」「OAuth 2.0 アセット」のヘルプページを参照してください。
  8. [保存] をクリックします。
  9. ページをスクロールダウンし、[権限セットの管理] をクリックします。
  10. 前の単元で作成した「Marketing Cloud 接続アプリケーション」権限セットを選択します。
  11. [保存] をクリックします。

管理パッケージの構成を完了する

このまま [設定] 画面で、管理パッケージの構成を完成させます。

  1. [クイック検索] ボックスに「プロセスの自動化」と入力し、[プロセスの自動化設定] を選択します。
  2. [デフォルトのワークフローユーザ] が空白の場合は、ルックアップアイコンをクリックし、「システム管理者」権限のあるユーザをデフォルトのワークフローユーザに指定します(新たに作成した CRM API ユーザアカウントを使用することをお勧めします)。ルックアップ虫眼鏡アイコンが選択された [プロセスの自動化設定]
  3. [保存] をクリックします。

これは重要なステップです。このステップを省略すると、管理パッケージウィザードでワークフロールールが適切に構成されません。

セッションを設定する

  1. 次に、[クイック検索] ボックスに「セッションの設定」と入力し、[セッションの設定] を選択します。
  2. ページ下部までスクロールし、[保存] をクリックします。

お気づきのとおり、実際には何の設定も変更しませんが、これは構成に必要なステップです。このステップを実行しないと、管理パッケージウィザードで IP 許可リストが追加されません。20 を超える IP 範囲を手動で追加しなければならなくなります。誰もそんな手間はかけられません。

Marketing Cloud Connector 設定ウィザード

ここで、設定ウィザードを使用してアカウントを接続します。

  1. 上部のナビゲーションで、[すべてのタブ] 画面の横にあるプラスアイコンをクリックします。
  2. [Marketing Cloud] をクリックします。
  3. ポップアップ画面の [リモートサイトの確認] をクリックします。
  4. 次の MetadataAPI に関するポップアップで [OK] をクリックします。
  5. [ウィザードを開始] をクリックして設定ウィザードを開始します。(手動での設定は手間がかかりますが、興味のある方はヘルプドキュメントを参照してください)[ウィザードを開始] ボタンが強調表示された [Marketing Cloud Connect 設定]
  6. 次の画面は、作成した [デフォルトのワークフローユーザ] のプロンプトです。[次へ] をクリックします。
  7. [次へ] をクリックして先に進み、セッションセキュリティ設定を保存したことを確認します。
  8. [次へ] をクリックして、項目レベルセキュリティ情報を承認します。
  9. [完了] をクリックして、ページレイアウト更新情報を承認します。
  10. メインの [Marketing Cloud Connector 設定] 画面で、[同意します] を選択して自動変更を承認し、[Marketing Cloud Connector の設定] をクリックします。
  11. 問題がなければ、構成の概要が表示されます。正常に構成されたことを伝える Marketing Cloud Connect の [構成の概要]
  12. [OK] をクリックして設定ウィザードを完了します。

Salesforce CRM 内で Marketing Cloud に接続する

次は、連携の設定を構成し、Salesforce CRM アカウントで接続を実行します。  

  1. プラスアイコンをクリックして [すべてのタブ] 画面に移動します。
  2. [Marketing Cloud] をクリックします。
  3. [Marketing Cloud に接続] をクリックします。
  4. CRM API ユーザのユーザ名とパスワードを入力します。[ログイン] をクリックします。
  5. 正常にログインすると、Marketing Cloud Connect 設定を構成する画面が表示されます。ページの [アカウント] セクションで、[メール] を選択します。
  6. [送信] セクションで、すべてのオプションを選択します。
  7. [通知] セクションで、Marketing Cloud Connect からエラーメッセージを受信するための適切なメールアドレスを入力します。
  8. [トラッキング] セクションで、Marketing Cloud から CRM システムに送信される特定のメールトラッキングデータに関する、組織の適切なオプションを選択します。ここで選択した内容が CRM 組織のストレージ全体に影響を及ぼす可能性があります
  9. 残りの設定はデフォルトのまま、[設定の保存] をクリックして終了します。
  10. [ビジネスユニットの管理] 画面で少なくとも 1 つのビジネスユニットを選択し、[保存] をクリックします。
メモ

メモ

設定と各自の実装への潜在的な影響についての詳細は、「Marketing Cloud Connector 設定」「トラッキングおよび分析」を参照してください。構成後、各自の組織のニーズに合わせてこれらの設定をカスタマイズできます。

Marketing Cloud ユーザ連携

CRM システムで接続が確立されたら、Marketing Cloud ユーザ連携を完了できます。CRM からログアウトし、自身の管理者アカウントを使用して Marketing Cloud アカウントにログインし直します。

  1. Marketing Cloud で、自身の名前の上にカーソルを置き、[セットアップ] を選択します。
  2. 次に、[管理] で [ユーザー] を選択します。
  3. Marketing Cloud アカウント API ユーザの名前をクリックします。
  4. ユーザの一般設定画面の [Salesforce.com ステータス] フィールドで、[連携] をクリックします。[連携] リンクが強調表示されたユーザの [一般設定] 画面
  5. CRM API ユーザのユーザ名を入力して、[設定の保存] をクリックします。

設定が完了すると、[Salesforce.com ステータス] が [連携済み] になります。

[Salesforce.com ステータス] フィールドが [連携済み] と表示されている Marketing Cloud ユーザの詳細画面

メモ

メモ

前述のとおり、これらの手順は Marketing Cloud の統合されたユーザ (Marketing Cloud Connect を使用した送信を希望するユーザ) ごとに実行する必要があります。

あともう一歩です。次の単元では、シナリオを実行して接続をテストし、すべてが適切に動作することを確認します。

リソース