優れたマネージャになる

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 成長に向けたアクションを特定する。
  • 成長プランを作成して実施する。

成長に向けたアクションを特定する

自分の長けている点や改善の余地がある点についてじっくり考えることができたところで、プランの作成に取り掛かります。

  • 重視する長所を 1 ~ 2 つ選びます。
  • 強化する点を 1 ~ 2 つ選びます。
  • マネージャとして成長するために実行できる具体的なアクションを特定します。

マネジメントスキルを向上させるためのアイデアは巷に溢れています。ここでは、自身の長けている点を伸ばすことや、改善の余地がある点を向上させることに的を絞りましょう。弱点に取り組むことに前向きですか?

ただし、長所も忘れてはなりません! 弱点に取り組むことは重要ですが、長所を強化することも大切です。

長所を重視すれば、飛躍できます!

マネージャとして、チームメンバーの長所に着目すれば、多大な効果が生じる可能性があることを忘れてはなりません。Gallup 機関の分析によると、自らの長所を日常的に活かしている人々は、充実した人生を送っていると報告する可能性が 3 倍高く、積極的に仕事に取り組む可能性が 6 倍高く、生産率が 8% 高く、離職率が 15% 低いことが判明しています。

マネージャとして、部下がその長所を活かせるようにすれば、組織の日常業務にこうした効果がもたらされます。そして、マネージャ自身や事業にもメリットがあります。

メモ

メモ

長所についてもう少し掘り下げて考えてみます。

長所を重視することや、チームメンバーが各自の長所を明確にして向上させることの重要性はあちこちで唱えられています。

長所を重視する考え方の主唱者である Marcus Buckingham 氏の動画をご覧ください。同氏の調査では、自身の長所を日常的に活かすことができる人々は、モチベーションが高く、より生産的で、成し遂げることが多く、積極的であり、したがって、企業の業績に貢献することになります。

マネジメントスキル向上プランを作成する

優れたマネージャになると考えただけでワクワクします。自身のプランを作成するときは、まず次の点を念頭に置きます。

  • 最初に目標を設定する。マネジメントスキルを強化する理由を考えます。
  • 具体的に習得したいことや向上させたいことを特定する。
  • 特定したアクションが適切であることを確認する。
  • 具体的なプランを立てる。スケジュールや測定法を補足します。優れたマネージャに向けて進歩しているかどうかを知るにはどうすればよいかを考えます。
  • プランを実行する。頻繁に見直し、どのようなことを習得しているかを検討します。
  • 上級職に継続的なフィードバックを求める。

適切なプランとはどのようなものでしょうか。以下にその一例を示します。

目標
習得する能力
アクション
スケジュール
進歩
Q3 のプロセス改善プロジェクトで他部門の担当者とより効率的にコラボレーションする。
チームとして成功する
  • チーム内およびチーム間でコラボレーションする。
  • たとえ気まずくなるとしても、議論や討論に前向きになる。
  • 他部門の担当チームのスタッフミーティングで自身のチームの目標やプロジェクトを発表する。
  • 自身の部門の業務の影響を受ける他の 3 チームから方向性や意見について率直なフィードバックを得る。
Q2 まで
マーケティングチームに求めた意見によって自身のチームに多大な効果があった。
チームが課題に直面したときに効率的になり、結果を出せるようにする。
やり遂げる力
  • チームが従来とは違った業務の遂行方法を見つけ出せるようにする。
  • チームが障害を克服できるようにする。
  • V2MOM を基に優先順位を明確にする。
  • 月に 1 回必ずチームミーティングを実施し、チームが目標を達成するうえで直面している障害を克服する方法について話し合う。
  • 1 対 1 面談で V2MOM を見直し、優先順位が明確であることを確認する。
Q3 まで
チームが、優先事項は明確であり、直面している障害を克服する戦略があると報告している。

自身のプランを作成してみませんか? プランがあると、マネジメントスキルの向上の目標や進歩を確認しやすくなります。マネジメントパックをダウンロードして、シンプルなマネジメントスキル向上プランを利用できます。

このパックには、優れたマネージャの成長のアイデアチェックリストも含まれています。リストに 5 つの優れた特性が説明され、自身に適したものを選択できます。

もっと成長のアイデアを知りたいと思いますか? 周囲のマネージャを観察することです。

もっと成長のアイデアを知りたいと思いますか? 周囲のマネージャを観察することで日常的に学ぶことができます。「リソース」セクションにも、コミュニケーションの取り方、戦略的なリーダーであること、影響力を発揮することなど、より優れたマネージャになる方法に関する情報が記載されています。

ここまでは、優れたリーダーや優れたマネージャになるために必要な資質について説明してきました。ここから実際に行動に移すかどうかはあなた次第です。

優れたマネージャを目指して継続的に取り組みます。

優れたマネージャを目指す継続的な取り組みであなたができることをいくつかご紹介します。

  1. 自己評価を見直す。習得したい点や強化したい点に注意します。
  2. 360º 評価を受けることを検討する。優れたマネージャ 360º 評価や他の 360º 評価を受け、自身のマネージャ、直属部下、同僚、社内のその他の人々からさらなるフィードバックをもらいます。
  3. 成長プランを作成する。優れたマネージャを目指していくうえで、優れた特性の中でも特に重要で強化したいものを特定します。
  4. 「コーチングとフィードバック」モジュールを完了する。コーチング、フィードバック、キャリアに関する会話、部下の成果に対する評価などについて詳しく学習して次の段階に進みます。

各人がビジネスに及ぼし得る影響についての調査や統計では、非常に興味深い結果が示されています。日常業務でチームを統率して管理する自らの手法に注意を払いましょう。優れたマネージャの特性を示せば、チームがそれを察知します。そして、チームのモチベーションや積極性、生産性が向上します。

繰り返しになりますが、フィードバックを求めるかどうかはあなた次第です。

また、フィードバックを求め、マネージャとしての自身に対する認識を深め、自身の成長プランを立てるかどうかはあなた次第です。最大の効果を生むアクションを特定して、プランを実行に移します。こうしたことを実践すれば、優れたマネージャに向けて着実に前進していきます。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる