新しくなった Trailblazer Community。詳細はこちら。

委任の方法とタイミングの学習

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 他の人に委任する作業を決定する。
  • 委任先として適切なチームメンバーを識別する。

委任方法を学習する

「早く行きたければ 1 人で行きなさい。遠くまで行きたければ、みんなで行きなさい」アフリカのことわざ

Joanna の部署では週末を前に全員が浮き足立っていました、Joanna 以外は。金曜日に部下が退出すると、Joanna はうかない気持ちでラップトップを鞄に入れました。来週までにチームのレポートを仕上げる予定だからです。Joanna はいつも積み上がったメールやデータの下で息も絶え絶えになっていますが、他の誰かがレポートを正しく仕上げられるとは考えていませんでした。

仕事用の服を着た女性がサーフボードに乗っていますが、さまざまな仕事道具が波で飛び散っています。

Joanna のように感じたことがありますか? もしそうなら、仕事を正しく終わらせるには自分でやるしかないと考えているのでしょう。会社はおそらくあなたの情熱と熱意を好ましく思っています。ただし困ったことがあります。この「全部自分でやる」アプローチを続け、病欠もせず休暇も取らないと、グループの生産性はすり切れてゼロになってしまうでしょう。そうならないように、委任という方法があります。適切に行えば、オフィスを炎上させずに休暇を取れます。

多くの仕事道具が燃える中、男性がパニックになって逃げています。

難しいことはわかっています。あなたがマネージャになった理由の 1 つは、多分、個人の貢献者として一流のスキルがあったからでしょう。仕事の種類に関係なく、あなたは仕事をやり遂げる方法を知っています。それは素晴らしいことです。一方で、個人の寄稿者だった頃のことを少し思い出してください。マネージャがあなたを信頼せずに責任を持たせなかったら、あなたは輝けたでしょうか? Ansar は、個人の寄稿者からマネージャになったとき、やることが沢山あるときでも、最大の課題は委任という行動を取ることだったと言っています。以下をクリックして、Ansar がどうやってその変化に対応したかを聞いてください。

心配しなくても、委任するからといって、会社にとってあなたが重要ではなくなったり、組織内での可視性が低下したりするわけではありません。個人の寄稿者からマネージャに変わると、チームの生産性と影響に対する責任を負います。チャンピオンのように委任するということは、会社の最大の投資、つまり人材を最大限に活用しているということです。では、作業をやり遂げるだけでなく、うまくやり遂げるために適切なチームメイトを選択する方法を見てみましょう。

適切な人に委任する

笑顔のパイロットが「私の初フライトです!」と言っています。乗客は不安そうに見えます。

次のフライトに搭乗する直前に、それがパイロットの初フライトで副パイロットは乗っていないことがわかったとします。おそらく、席の取れる次の便への変更を依頼するのではないでしょうか?

同じように顧客は、ビジネス経験がない人がその取引先を 1 人で担当すると想像したら不安になるでしょう。新人のチームメンバーがいる場合は、タスク固有の経験が豊富なベテランとペアにして仕事をやり遂げやすくします。この方法には、どちらのメンバーも新しい課題に取り組める機会を得られるという利点もあります。

経験の浅い従業員には、新しい役割での実地体験が有効です。上級従業員は、リーダーシップとコーチングの機会が得られ、後でマネジメントの経験として役立てることもできます。全員にメリットがあるのです。一方、プロジェクトをもっと上級のチームメンバーに委任する場合はどうしたらよいでしょうか? 同じアプローチを使用しますか?

手術の準備ができた外科医とサポートスタッフ。

次のように考えてください。外科医は、インターンの経験レベルと手術の種類に基づいた手順に従ってインターンをコーチングします。医師が症例ごとにアプローチを変えるのと同様に、部下と手元にあるタスクに応じて委任スタイルを適応させることができます。

経験レベル
委任アプローチ
委任相手との会話

会話、パートナーになる
  • 「成功させるために私からどのようなサポートが必要ですか?」

指示、指示する前にソリューションを提案する機会を従業員に与える
  • 「プロジェクトを順調に開始するためにどのような計画を持っていますか?」
  • 「何がプロジェクトの潜在的な障害になると予測していますか?」
  • 「このプロジェクトに対するあなたの目標タイムラインと成果はどのようなものですか?」
初心者
教育、支援する
  • 「これがプロジェクトを進めるためにしなければならないことです。」
  • 「潜在的な障害を克服していることを確認するために、日次と週次でチェックしましょう。」
  • 「このプロジェクトの実施には 3 週間かかると予想しています。」
  • 「私たちの理想的な成果は...のようになります。」

適切な人に適切な仕事を選ぶことも、同じように重要な委任の側面です。もしサーカス団員が適性に関係なく何でもやるとしたらどうでしょう。曲芸師が病気で休みのときは猛獣使いが代わりに空中ブランコで飛ばなければなりません。成功率がどの程度かはだいたい想像がつくでしょう。

ビジネスの世界で委任はどのように展開されるのでしょうか? いつどのタスクを完了する必要があるかを決定したら、部下の能力と意欲に基づいてそのタスクを委任します。初心者の部下には、すべてを管理できるように比較的小規模なタスクを渡し、自信を付けさせます。こうしたタスクは通常、実施タイムラインも短めであるため、助けが必要な場合は、手遅れになる前に早めに警告の合図を受けられるようにします。他の経験レベルではアプローチがどうなるかを確認しましょう。説明責任および委任パックの Delegating to the Right People (適切な人への委任) をダウンロードできます。

中程度の部下は、慣れたコンポーネントと新しいコンポーネントの両方がある職務に最も適しています。なぜでしょうか? 自信を持って始めることができ、また、何か新しいことに取り組めると期待して張り切るでしょう。

こうしたタスクを委任するときには、既存の知識を適用して新しい課題を解決できるようにします。部下には成功するための知識とツールがありますが、あなたがさらに指導できることもあらためて伝えておきましょう。

夕食を準備している人物。他の人は屋外でアクティビティをしています。

最後に大切なことですが、経験豊富なチームメンバーがいなければ自分で担当したプロジェクトも、適切なチームメンバーがいれば気にせずに任せましょう。全員がそれぞれの能力を生かせる役割に付いていれば、委任はうまく行われます。つまり、最高レベルの個人寄稿者の作業は通常、最高レベルの同僚に委任します。

ここで深呼吸しましょう。気分が良くなりましたか? 手持ちの仕事が少し減ったので、それらの職務を割り当てたときに何をすべきかを詳しく見ていきましょう。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる