進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Salesforce Connect の設定

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Salesforce 組織に外部データソースを作成して、外部システムへの接続方法を指定する。
  • 外部システムへの接続を検証する。
  • 同期により、外部システムのスキーマに対応付ける外部オブジェクトを作成する。
  • 外部オブジェクトを表示する。

設定の概要

Salesforce Connect との外部データインテグレーションを設定する手順の概要は、次のとおりです。

  1. 外部データソースを作成します。外部システムで複数のサービスをホストしている場合は、データにアクセスする必要があるサービスごとに外部データソースを作成します。
  2. 外部オブジェクトとその項目を作成します。Salesforce 組織に、アクセスする外部データテーブルごとの外部オブジェクトを作成します。各外部オブジェクトに、Salesforce 組織からアクセスする外部テーブル列ごとのカスタム項目を作成します。
    メモ

    メモ

    外部システムで許可されている場合は、外部データソースを同期して、関連外部オブジェクトを自動的に作成することをお勧めします。また、手動で外部オブジェクトを定義して、外部オブジェクト名をカスタマイズし、カスタム項目を手動で作成することもできます。

  3. 外部オブジェクトのリレーションを定義します。参照関係、外部参照関係、および間接参照関係項目を作成して、システムの境界を越えてデータがシームレスに表示されるようにします。
  4. 外部オブジェクトとその項目へのユーザアクセスを有効化します。権限セットまたはプロファイルを使用して、オブジェクトおよび項目の権限を付与します。
  5. ユーザ認証を設定します。ユーザ単位の認証を使用する外部データソースごとに、次の両方の手順を実行します。
    1. ユーザによる外部データソースに対する認証を有効にします。権限セットまたはプロファイルを使用して、ユーザにアクセス権を付与します。
    2. 各ユーザの認証設定を行います。ユーザに、自分の個人設定で外部システムの認証を設定、管理する方法を伝えます。または、各ユーザに対してこのタスクを実行することもできます。

このモジュールの中で、サンプルの注文データを Trailhead Playground の既存の取引先データに統合します。この手順を実行するには、取引先オブジェクトに必要なスキーマを設定するテストパッケージをインストールして、[顧客 ID] 項目を作成し、顧客 ID の値を各取引先に割り当てる必要があります。

Trailhead Playground を起動するために、このページの一番下までスクロールして [起動] をクリックします。組織に [パッケージのインストール] というタブが表示されている場合は、以下の手順に従います。表示されていない場合は、アプリケーションランチャー をクリックしてアプリケーションランチャーを起動してから、[Trailhead Tips (Trailhead のヒント)] をクリックして手順に従います。

Trailhead のヒントアプリケーションが表示されない場合は、こちらのインストールリンクをクリックして、Trailhead ヘルプの「Trailhead の Challenge を完了するためのパッケージやアプリケーションのインストール」を参照してください。

  1. [パッケージのインストール] タブをクリックします。
  2. 項目に「04tE00000001aqG」を貼り付けます。
  3. [インストール] をクリックします。
  4. [管理者のみのインストール] を選択し、[インストール] をクリックします。

アプリケーションのインストールが終了すると、確認ページが表示され、Playground に関連付けられているアドレスにメールが届きます。

パッケージをインストールするには、次の手順に従います。

  1. ブラウザを開き、こちらをクリックしてインストールを開始します。
  2. [管理者のみのインストール] を選択します。
  3. [インストール] をクリックします。
  4. [外部注文] アプリケーションを選択します。
  5. [顧客の ID を設定] をクリックして、Developer Edition のサンプル取引先レコードに顧客 ID 番号を割り当てます。サンプル取引先レコードへの顧客 ID の割り当て

これで、チュートリアルのメインセクションのための Salesforce Developer Edition の設定が完了しました。これから、データを統合しましょう!

外部データソースに接続する

練習課題として、公開されている既存の OData 2.0 データソースに接続してみましょう。

  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「外部データソース」と入力し、[外部データソース] を選択します。
  2. [外部データソースの新規作成] をクリックします。
  3. 表示ラベルに「OrderDB」と入力します。クリックまたは Tab キーによって表示ラベル項目から離れると、名前項目がデフォルトの「OrderDB」になります。
  4. 種別に [Salesforce Connect: OData 2.0] を選択します。
  5. URL に「https://orderdb.herokuapp.com/orders.svc/」と入力します。
  6. その他の設定はデフォルト値のまま変更せず、[保存] をクリックします。
メモ

メモ

これは、サンプルの参照のみのデータベースであるため、認証は必要ありません。実際の外部システムでは、多くの場合、ログイン情報が必要です。Salesforce Connect の設定によって、そのデータソースへのすべてのアクセスに同じログイン情報セットを使用することも、ユーザごとに別々のログイン情報を使用することもできます。

これで外部データソースの設定が完了したので、Salesforce 組織に統合するテーブルを選択できます。

外部オブジェクトを作成する

外部オブジェクトを作成または変更できます。

  1. [設定] で、[クイック検索] ボックスに「外部データソース」と入力し、[外部データソース] を選択して、OrderDB 外部データソースをクリックします。
  2. [検証して同期] をクリックします。
    メモ

    メモ

    Salesforce Connect によって、サンプルデータベースから OData 2.0 メタデータが取得され、使用できるテーブルのリストが表示されます。メタデータ XML を参照するには、こちらをクリックしてください。

  3. Orders と OrderDetails の両方を選択します。
    外部データソースの検証ダイアログ
  4. [同期] をクリックします。

同期により、選択したテーブルに対応する外部オブジェクトが作成されます。同期では、Salesforce にデータは保存されません。データを含む外部のテーブルまたはリポジトリへの対応付けが定義されるだけです。これらの対応付けにより、Salesforce は外部データにアクセスし、外部データを検索できるようになります。

メモ

メモ

手動で外部オブジェクトを作成することもできます。手動で作成する場合は、外部オブジェクト名のカスタマイズ、カスタム項目を作成するテーブル列の判断、カスタム項目名のカスタマイズを行うことができます。[設定] から、[クイック検索] ボックスに「外部オブジェクト」と入力し、[外部オブジェクト] を選択します。

外部データの参照

外部データソースに接続して外部オブジェクトを定義したら、Salesforce 組織で直接外部データを参照できます。

  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「外部データソース」と入力し、[外部データソース] を選択します。
  2. OrderDB 外部データソースをクリックします。
  3. [外部オブジェクト] までスクロールダウンして、[Orders (注文)] をクリックします。外部オブジェクトページの表示
この外部オブジェクトは、Salesforce Connect の同期プロセスによって外部システムのスキーマから作成されました。カスタムオブジェクトに慣れているユーザなら、外部オブジェクトがカスタムオブジェクトに似ていることにお気づきでしょう。同期プロセスでは、ユーザがカスタムオブジェクトのカスタム項目を作成する要領で一連のカスタム項目も作成されます。外部オブジェクトとカスタムオブジェクトの定義の主な違いは、次のとおりです。
  • 外部オブジェクト API 名のサフィックスは、__c ではなく __x です。
  • 外部オブジェクトには、外部データソースとソース内のテーブルへの参照があります。
  • 外部オブジェクトには、異なる標準項目があります。[表示 URL] は外部データベース内のレコードを表す OData 2.0 URL で、[外部 ID] は各レコードの主キー値です。
外部オブジェクトの詳細ページ

注文レコードに簡単にアクセスするためのカスタムタブを作成しましょう。

  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「タブ」と入力し、[タブ] を選択します。
  2. カスタムオブジェクトタブの横にある [新規] ボタンをクリックします。
  3. オブジェクトとして [注文] を選択します。
  4. [タブスタイル] の横にあるセレクタをクリックして、目的のスタイルを選択します。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. [次へ] をクリックして、デフォルトのタブ表示設定を受け入れます。
  7. [タブを含める] の横にあるチェックボックスをクリックして、すべてのアプリケーションを選択解除します。
  8. [外部注文] の横にあるチェックボックスをクリックして選択します。
  9. [保存] をクリックします。
メモ

メモ

注文という名前の標準オブジェクトもあるため、これによって「注文」という表示ラベルのタブが 2 つできます。オブジェクトの定義で表示ラベルを変更すると、外部オブジェクトのタブ名を変更できます。

これで、外部注文データを、Salesforce 組織のカスタムオブジェクトに保存されているデータのように参照できます。

  1. アプリケーションメニュー (右上) に [外部注文] がまだ表示されていない場合は、アプリケーションメニューをクリックしてを選択します。
  2. [注文] タブをクリックします。
  3. [ビュー: すべて] の横にある [Go!] ボタンをクリックします。外部注文リストの参照Salesforce Connect により、サンプル注文データベースから最初の 25 件の注文レコードの注文 ID が取得されました。他のリストビューと同様に、表示する項目を設定できます。
  4. 注文の外部 ID 値のいずれかをクリックします。外部注文の詳細の表示Salesforce Connect により、選択した注文のすべての項目値が取得されました。

Salesforce 組織で外部データが複製されることはありません。Salesforce Connect では常に外部システムから最新のデータがリアルタイムで取得されます。

これで組織で外部データを参照できるようになったため、参照関係を作成して、外部データを既存のデータにリンクすることもできます。その方法については、後の単元で説明します。

ユーザ認証を設定する

この単元で使用されているサンプルデータベースには認証は必要ありません。しかし、実際の外部システムでは、多くの場合、ログイン情報が必要です。外部データソースのユーザ認証を設定するには、2 つの方法があります。
  • 指定ユーザ — Salesforce 組織全体で外部システムの 1 つのログインアカウントを共有します。
  • ユーザ — 組織で外部システムの複数のログインアカウントを使用します。システム管理者またはユーザが外部システムの個人認証設定を指定できます。

詳細は、Salesforce ヘルプの「外部データソースの ID 種別」を参照してください。