進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

アプリケーションホーム Lightning ページの作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Lightning ページにコンポーネントを追加する。
  • Lightning ページおよび Lightning コンポーネントのプロパティを設定する。
  • Lightning ページにアクションを追加する。
  • Lightning Experience とモバイルアプリケーションに Lightning ページを追加する。

アプリケーションホーム Lightning ページ

アプリケーションのカスタムホームページを Salesforce モバイルアプリケーションおよび Lightning Experience アプリケーションのナビゲーションバーに追加します。ユーザはこのページを使用して、アプリケーションの中で最も重要なオブジェクトや項目に簡単にアクセスできます。

カスタムアプリケーションのホームページ

アプリケーションページの作成

営業チーム向けのアプリケーションホームページを作成しましょう。

営業チームは、パイプラインで最も重要な商談を確認するために、一目で主要な詳細事項を把握できる視覚的インターフェースを必要としています。最近表示した商談を確認し、1 回のタップやクリックでレコードの詳細を表示できるようにする必要があります。さらに、外出先で活動を記録したり、取引先や商談を作成したりする機能も必要です。

では始めましょう。

  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「アプリケーションビルダー」と入力し、[Lightning アプリケーションビルダー] を選択します。
  2. [新規] をクリックします。
  3. [アプリケーションページ] を選択し、[次へ] をクリックします。
  4. Lightning ページ に「Top Accounts and Opportunities (重要な取引先と商談)」という名前を付けます。
  5. [2 範囲] テンプレートを選択して、[完了] をクリックします。
    Lightning アプリケーションビルダーのウォークスルーがポップアップした場合は閉じます。
  6. [リストビュー] コンポーネントを一番目の範囲にドラッグします。
  7. [プロパティ] ペインの [検索条件] で、[プラチナおよびゴールド SLA 顧客] ビューを選択し、表示するレコードの数を「5」に設定します。
  8. 2 番目の範囲に [最近使ったデータ] コンポーネントを追加します。
  9. [最近使ったデータ] コンポーネントの [プロパティ] ペインで、[選択] をクリックし、[商談] オブジェクトを追加します。
  10. [プロパティ] ペインで、[ページ] をクリックし、[選択] をクリックしてページに次のアクションを追加します。
    • 活動の記録
    • 新規取引先
    • 新規商談

    Lightning ページに追加できるのは、グローバルアクションのみです。

  11. ツールバーで、ビューを [タブレット - 横] に変更します。
  12. [保存] をクリックして、[今回はダウンロードしない] をクリックします。

アプリケーションホーム Lightning ページ

これで、ページの作成が完了し、Lightning Experience およびモバイルアプリケーションに追加する準備がほぼ整いました。

Lightning Experience と Salesforce モバイルアプリケーションへのアプリケーションページの追加

他のページと同様、ページを有効にしない限りはユーザがページにアクセスできません。有効化するタイミングで、ページのカスタムタブ表示ラベルをカスタマイズしたり、表示を調整したり、Salesforce モバイルアプリケーションや Lightning Experience アプリケーションのナビゲーションバー内での位置を設定したりすることができます。これらはすべて 1 か所で行えます。

  1. [有効化] をクリックします。
  2. アプリケーション名は変更しないでください。
    デフォルトでは、Lightning ページに付けた表示ラベルが、カスタムタブの表示ラベルとして使用されます。
  3. アイコンを青い稲妻アイコンに変更します。
    ここで選択するアイコンは、モバイルアプリケーションおよび Lightning Experience のページのアイコンとして使用されます。
  4. タブの表示は、そのまま、すべてのユーザに表示する設定にします。
    ヒント

    ヒント

    [システム管理者のみを対象に有効化] の設定は、Lightning ページで作業をしているときに便利です。システム管理者だけにページを表示できるよう制限すると、システム管理者はページを表示してテストすることができる一方で、公開する準備ができるまでユーザには見えないようにできます。

  5. [Lightning Experience] タブをクリックします。
  6. Sales アプリケーションを選択して [アプリケーションにページを追加] をクリックします。
    Lightning Experience のアプリケーションページの有効化
    メニューに追加するページは、デフォルトでは 2 番目の位置に表示されます。これは、そのままにしましょう。ページを最上位の位置にすると、そのページはすべての Lightning Experience ユーザのランディングページになります。
  7. [モバイルナビゲーション] タブをクリックします。
  8. [モバイルナビゲーションメニュー]を選択し、[アプリケーションにページを追加] をクリックします。
    これで Salesforce モバイル Web ブラウザと Salesforce モバイルアプリケーションの「モバイル専用」Lightning アプリケーションのモバイルナビゲーションにページが追加されます。先ほどやったように Lightning Experience の Sales アプリケーションにページを追加すると、Salesforce モバイルアプリケーション内の Sales アプリケーションにもアプリケーションページが表示されるようになります。

    デフォルトでは、Salesforce モバイル Web ブラウザのモバイルナビゲーションおよび「モバイル専用」アプリケーションに追加された新しいページは、[スマート検索項目] メニュー項目の下に表示されます。[Top Accounts and Opportunities (重要な取引先と商談)] ページをそのままにしておくと、メニューの [アプリケーション] セクションに表示されます。それは望ましくないため、上に移動しましょう。

  9. ページを [今日] メニュー項目の下にドラッグします。
    Lightning ページの有効化
  10. [保存] をクリックします。
これで、モバイルおよび Lightning Experience ユーザ向けのアプリケーションのホームページの準備が整いました。

Lightning Experience でのアプリケーションページのテスト

ページの作成と有効化が完了しました。次に、実際に確認してみましょう。

  1. アプリケーションビルダーがまだ表示されている場合は、[戻る] をクリックして [設定] に戻ります。
  2. アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) から、Sales アプリケーションを開きます。
  3. アプリケーションのナビゲーションバーの [上位の取引先と商談] をクリックします。
    これが、作成した Lightning ページです。稲妻アイコンがここにも表示され、追加した 3 つのアクションが強調表示パネル内にあります。
    Lightning Experience でのアプリケーションページ

Salesforce モバイルアプリケーションのアプリケーションページのテスト

次は、携帯電話でページを見てみましょう。

  1. Salesforce モバイルアプリケーションを開きます。
  2. Trailhead Playground のログイン情報を使用してログインします(Trailhead Playground のログイン情報がわからない場合は、こちらの記事を参照してください)。
  3. メニューから、アプリケーションランチャーをタップして、Sales アプリケーションを開きます。
    変更が反映されるには、Sales アプリケーションをプルして更新する必要がある場合があります。
  4. [上位の取引先と商談] をタップします。
    これが、作成した Lightning ページです。選択した稲妻アイコンがあり、追加した 3 つのアクションがアクションバーに表示されています。
    携帯端末上のアプリケーションホーム
    メモ

    メモ

    説明どおりに表示されませんか? このコンテンツには、新しい Salesforce モバイルアプリケーションにオプトインしている組織の機能や動作が反映されています。Lightning Experience のデスクトップでも、または Salesforce モバイルアプリケーションでも、組織での表示内容とここの表示が一致しない場合は、[設定] の新しい Salesforce モバイルアプリケーションのクイックスタートにアクセスして、次世代の Salesforce モバイル環境を使い始めることをお勧めします。

  5. ページを使用してみましょう。上下にスクロールしてコンポーネントを確認し、アクションアイコンをタップしてどうなるか見てみましょう。