Tune in to Trailblazers Innovate for Salesforce product news,
demos, and latest roadmaps. Register here.
close
進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

データの操作

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • レコードページで必要な情報を見つける。
  • 目標に最も適したレコードの作成またはレコードの編集アクションを選択する。
  • Lightning コンソールの操作方法を理解する。

Lightning Experience でのレコード操作の概要

Salesforce Classic では、レコードの詳細、関連リスト、およびレコードフィードがすべて長い 1 ページに表示されます。このレイアウトだと、レコードに多くの項目やその他のデータがある場合は特に、延々とスクロールすることになりかねません。Lightning Experience では、情報を複数のタブにバランスよく分けることでレコードが合理化されます。この新しいアプローチにより、スクロール操作が減り、より迅速に目的の情報を見つけて集中できます。では、Lightning Experience でレコードがどのように表示されるかを見ていきましょう。

メモ

メモ

システム管理者はさまざまな方法で情報をページに配置できるため、実際のレコードがどう表示されるかを説明するのは困難です。しかも、オブジェクトによってレコードのレイアウトが異なる場合もあります。ここでできる最善の方法として、Lightning Experience のデフォルトレコードレイアウトを順に確認しましょう。実際の組織では、情報がレコードページの別の場所にあったり、機能がオンになっていなかったりすることもあることに留意してください。

Lightning Experience での取引先と商談の表示

こうして見ると、多くの違いを考慮する必要がありますね。Lightning Experience の目標は、ユーザが作業をより簡単かつ迅速に行えるようにすることなので、外観の変更には見た目以上の意味があります。

  • デフォルトでは、リードと商談は、ワークスペースと呼ばれる場所で開きます。ワークスペースは、アクション用に最適化されており、営業チームがリードの評価と取引開始、または商談の成立を実現するために必要なすべてが含まれます。
  • 取引先と取引先責任者には、ワークスペースと同じ要素の多くが含まれます。ただし、取引先や取引先責任者を操作するときには、情報をすぐに見つける必要があります。そのため、これらのレコードは、すばやく参照でき、インサイトを一目で確認できるように最適化されています。

では、オブジェクトに関係なく、ほとんどのレコードに表示される情報を詳しく見てみましょう。

Lightning Experience でレコードに情報が表示される方法の詳細な説明

  • 強調表示パネル (1) — レコードの最も重要な詳細のサマリーがページ上部に表示されます。レコード名は常にここに表示されます。表示されるその他の項目は、システム管理者が決定します。
  • 詳細 (2) — レコードの項目のすべては [詳細] タブにまとめられます。
  • 関連リスト (3) — Salesforce Classic で関連リストを見つけるために、レコードの一番下までずっとスクロールしたことを覚えていますか? Lightning Experience では、関連リストはページの左側 (商談とリードの場合) または [関連] タブにまとめられているため、直接クリックできます。関連リストについては、この後詳しく説明します。
  • 活動と Chatter (4) — Salesforce Classic と同様に、活動を記録し、レコードに関してコラボレーションできます。これらの一新された機能については、「Lightning Experience による生産性向上」モジュールで詳しく説明します。

さらに、Lightning Experience の時間節約機能であるクイックビューのフロート表示も気に入っていただけるでしょう (5)。マウスカーソルをページのレコードリンク上に置くだけで、移動しなくても多くの詳細と関連情報が表示されます。または、クイックビューから新しいレコードにすばやく切り替えることができます。

Lightning Experience のクイックフロート表示

レコードでのアクションの実行

Salesforce Classic では、Chatter アクション、活動アクション、および簡易作成アクションが Chatter パブリッシャーにまとめられ、一方で、レコード自体に関連するボタンは詳細セクションに表示されます。ワークフローを最適化するために、Lightning Experience では異なるアプローチを使用して、機能別にアクションとボタンをまとめています。

Lightning Experience では、レコードのアクションは、3 つの場所のいずれかに表示されます。

Lightning Experience でのレコード上のボタンとアクションの構造

  • Chatter タブ (1) では標準の Chatter アクション (投稿、アンケート、質問) が提供されます。グループが設定されていれば [お知らせ] アクションも提供されます。
  • 活動タブ (2) には、活動関連のアクション (新規 ToDo、新規活動、活動の記録、メールなど) がすべて含まれます。
  • Salesforce Classic では Chatter パブリッシャーにあった残りのアクションと、詳細セクションにあったすべてのボタンは、レコードのアクションメニュー (3) にあります。Chatter の [フォローする] ボタンもここにあります。

カスタムリンクはどこにあるのでしょうか? Salesforce Classic と同様に、[詳細] タブのページ下部のレコードの詳細に含まれます。

レコードの作成および更新

レコードの作成と更新は常時行われる作業です。こうした定型作業は、Lightning Experience でもほぼ同じです。簡単に確認しましょう。

新規レコードを作成する場合

多くのオプションがあり、すべてどのページからでもクリック 1 ~ 2 回でアクセスできます。

特定のオブジェクトのレコードの作成
  • 簡易作成:

    グローバルアクションメニュー (1) から簡易作成アクションを使用して、必要不可欠な詳細のみでレコードを開始します。後でレコードを編集して他の情報を追加できます。

    グローバルアクションメニューの簡易作成アクションからレコードを作成する

  • 詳細な作成:

    ナビゲーションバーのショートカット (2) を使用するか、オブジェクトのホームページで [新規] をクリックして、レコードの作成時にすべての項目を入力します。

    ナビゲーションバーまたはオブジェクトのホームページからレコードを作成する

関連レコードの作成
  • レコードのアクションメニューから作成アクションを使用するか (4)、関連リストで [新規] をクリックします。

    取引先に関連する取引先責任者は、取引先のアクションメニューか、取引先の [取引先責任者] 関連リストから作成します。

既存のレコードの詳細を更新する場合

Salesforce Classic コンソールの場合と同じオプションを使用できますが、いくつか異なる点があります。

表示中のレコードを編集
  • すべての項目:

    レコードのアクションメニューで [編集] をクリックします。組織によっては、オプションがドロップダウンメニューに含まれている場合もあります。最初に [詳細] タブに切り替える必要はありません。

    レコードのすべての項目を編集するにはレコードのアクションメニューで [編集] をクリックする

  • インライン編集で一部の特定項目のみ:

    [詳細] タブで、目的の項目の横にある レコードのインライン編集アイコン アイコン (7) をクリックします。

    インライン編集アイコンを使用してレコードの個々の項目を編集する

    非常に便利な点があります。実際には、この時点でレコード上のすべての項目を編集できるため、他の詳細も更新が必要であると気が付いた場合に対応できます。

他の場所からレコードを編集
  • リストビューまたは関連リストで、目的のレコードのドロップダウンメニューから [編集] を選択します (8)。

    リストビューまたは関連リストからレコードを編集する

ヒント

ヒント

インライン編集を使用して [説明] 項目やその他のロングテキストエリアにテキストを追加するとき、Lightning Experience には小さいながらも重要な違いがあります。Enter キーを押すと、入力したテキストがコミットされます。項目に改行を追加するには、Shift+Enter キーを押します。

コンソールスタイル: Lightning コンソールアプリケーションの操作の概要

Lightning コンソールアプリケーションは、コールセンターやコンタクトセンターなど、ペースの速い環境向けに設計されているため、操作が容易です。コンソールアプリケーションを操作するときには、2 つの点に注意してください。

  1. コンソールアプリケーションでは、複数のレコードと関連レコードを 1 つの画面でタブを使用して開くことができます。タブによって、作業中のスクロールとコンテキストの切り替えが減るため、ワークフローが中断されません。
  2. コンソールアプリケーションでは、分割ビューで直接リストを処理できます。分割ビューを使用すると、必要なリストを開いたまま、大量の異なるレコードを処理できます。

コンソールアプリケーションでは、リストとレコード間を直接行き来でき、作業対象がどれかわからなくなることもありません。Lightning コンソールアプリケーションを開くには、アプリケーションランチャーを使用します。

コンソールアプリケーションは次のように操作します。

Lightning コンソールアプリケーションの構造

  • アプリケーションでオブジェクトを選択するには、ナビゲーションバーの項目メニューを使用します (1)。
  • レコードがワークスペースタブとして開きます (2)。ワークスペースタブで関連レコードをクリックすると、それらのレコードはサブタブとして開きます (3)。この例では、ケース 00001000 と 00001010 に対して 2 つのワークスペースタブが開いています。00001010 ワークスペースタブの下に、関連取引先および取引先責任者レコードを含む、3 つのサブタブが開いています。
  • 分割ビュー (4) により、複数のレコードと関連項目を同時に管理できます。画面の片側でリストビューを開いたままにし、反対側でワークスペースタブとサブタブの作業を続けることができます。分割ビューは、いつでも必要なときに閉じたり開いたりできます。分割ビューペインとレコードページの間にある縦の仕切り (5) の任意の位置をクリックします。
  • ユーティリティバーは固定されたフッターで、生産性ツール (メモ、履歴など) にすばやくアクセスできます (6)。[履歴] ユーティリティでは、最近開いたレコードに簡単にアクセスできます。ユーティリティは、操作時に常時表示されるドッキングパネルで開きます。

ワークスペースタブで情報がどう整理されるかは、オブジェクトと、システム管理者による設定方法によって異なります。サービスコンソールアプリケーションのケースや、セールスコンソールアプリケーションの取引先、取引先責任者、リード、商談など、オブジェクトによっては、便利な 3 列レイアウトを使用して、すべての情報を一度に表示できます。

Lightning コンソールの 3 列表示の構造

  • 最初の列には、[関連レコード] および [関連リスト] コンポーネントを使用してレコードの詳細が表示されます (7)。
  • 2 番目の列には、前面中央に [強調表示パネル] コンポーネントが含まれ、主要な情報を一目で確認できます (8)。ニュースのようなフィードを使用して、全員にレコードの最新情報とコラボレーションが表示されます (9)。
  • 3 番目の列には、他の関連リスト、または知識ベースが設定されていれば役に立つナレッジ記事が含まれます (10)。