進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Lightning Experience が会社に適しているかどうかの判断

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Lightning Experience と Salesforce Classic のいくつかの主な機能上の違いについて説明する。
  • Lightning Experience で使用できない一部の機能について説明する。さらにその詳細情報の入手場所を把握する。
  • ベストプラクティスと Lightning Experience 移行アシスタントを使用して、Lightning Experience への組織の準備状況を評価する。

組織が Lightning Experience の必要条件を満たしているか

Lightning Experience は、次の Salesforce およびライセンスで使用できます。

表 1. Salesforce エディション
サポートされているエディション サポートされていないエディション
  • Group Edition
  • Essentials Edition
  • Professional Edition
  • Enterprise Edition
  • Performance Edition
  • Unlimited Edition
  • Developer Edition
  • Personal Edition
  • Contact Manager Edition
  • Database.com Edition
  • Chatter.com Edition
表 2. Salesforce ユーザライセンス
サポートされているライセンス サポートされていないライセンス
  • Salesforce
  • すべての Salesforce Platform および Lightning Platform (Force.com - Free を除く)
  • Identity User
  • Company (Employee) Community
  • Chatter External
  • Chatter Plus
  • Chatter Free
  • Force.com - Free
  • Work.com
  • Database.com
  • Content Only
  • Ideas Only
  • Knowledge Only
  • Site.com Only
重要

重要

Lightning Experience でのブラウザの選択肢と制限事項についての詳細は、Salesforce ヘルプの「Lightning Experience でサポートされるブラウザ」を参照してください。

組織でまだ Internet Explorer 11 を使用している場合、IE11 のサポートを終了するプロセスが進行中ですので注意してください。IE11 で Lightning Experience を実行する場合、重大なパフォーマンスの問題があります。IE11 の拡張サポートオプションを選択している場合でも、ユーザをできるだけ早く別の最新ブラウザ (Google Chrome や Microsoft Edge など) に移行することをお勧めします。

Lightning Experience と Salesforce Classic について

Lightning Experience は、営業担当の販売を迅速化し、サービス担当の顧客サポートの生産性を高める最新のユーザインターフェースです。Lightning Experience には多くの新機能と全面的に再設計されたページが含まれていますが、Salesforce のすべての機能がサポートされているわけではありません。そのため、これまで Salesforce で慣れ親しんだエクスペリエンスも Salesforce Classic として引き続き使用でき、Lightning Experience が有効化されたユーザはこの 2 つを自在に切り替えることができます。

社内で Salesforce の信頼されるアドバイザーの役目を果たす開発者は、会社が Lightning Experience を有効化する時期を判断できるようにする必要があります。そのため、当社では、Lightning Experience の機能について開発者の皆様に正しい知識を伝授してまいります。

Lightning Experience と Salesforce Classic の比較

ここでは、Lightning Experience を Salesforce Classic で使用していた機能と比較し、新しいインターフェースでのみ使用できる機能も含め、主要な点をまとめました。

メモ

メモ

これは、サポートされている機能とサポートされていない機能の完全なリストではありません。詳細なリストは、Salesforce ヘルプを参照してください。

Salesforce データ

機能 Lightning Experience Salesforce Classic
セールスデータ:
  • 取引先
  • キャンペーン
  • 取引先責任者
  • 契約
  • リード
  • 商談
  • 注文
  • 個人取引先
  • 価格表
  • 商品
  • 見積
true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
カレンダー、行動、ToDo true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
サービスデータ:
  • 納入商品
  • 基本ケース
  • Lightning Knowledge
  • 作業指示
true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
カスタムオブジェクト true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
Chatter フィード、グループ、および人 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
Salesforce Files true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
その他のセールスオブジェクトとサービスオブジェクト true を示すチェックマークアイコン

ホーム

インテリジェントなページに刷新され、インサイト、洗練されたパフォーマンスグラフ、便利なアシスタント機能、その日の最重要事項の強調表示などが搭載されています。

機能 Lightning Experience Salesforce Classic
パフォーマンスグラフ true を示すチェックマークアイコン
アシスタント true を示すチェックマークアイコン
ニュース true を示すチェックマークアイコン
主要な商談 true を示すチェックマークアイコン
ToDo true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
行動1 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
カレンダー1 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
フィードとパブリッシャー true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
未承認申請 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
カスタマイズ可能なダッシュボード true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
カスタマイズ可能なホームページコンポーネント true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン

1 Lightning Experience では、ユーザのカレンダーに本日残っている行動が [ホーム] に表示されますユーザは、ナビゲーションバーの [カレンダー] タブですべての行動にアクセスできます。

取引先と取引先責任者

営業担当とサービス担当は、必要な情報をすばやく見つけるのに役立つレイアウトを使用できます。

機能 Lightning Experience Salesforce Classic
ニュース true を示すチェックマークアイコン
パス true を示すチェックマークアイコン
活動タイムライン true を示すチェックマークアイコン
取引先責任者-to-複数取引先 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
取引先ロゴ true を示すチェックマークアイコン
自動化された取引先項目 true を示すチェックマークアイコン
メモ true を示すチェックマークアイコン
「参照」ページレイアウト true を示すチェックマークアイコン
関連リスト true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
インテグレーションメールおよびテンプレート true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
Twitter ハイライト true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
個人取引先 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
取引先チーム true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
取引先階層 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
取引先責任者階層 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
重複する取引先および取引先責任者の検索およびマージ true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
法人取引先、個人取引先、および取引先責任者の一致ルールと重複ルール true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン

商談およびリード

Lightning Experience では、営業担当が商談やリードを管理するワークスペースがパワーアップされています。クイックビューに関連する情報が示され、ワークスペースで ToDo や行動の作成、活動の記録、メールの送信、活動タイムラインの全活動の追跡などを行います。

商談

機能 Lightning Experience Salesforce Classic
ワークスペースページレイアウト true を示すチェックマークアイコン
活動タイムライン true を示すチェックマークアイコン
パス true を示すチェックマークアイコン
メモ true を示すチェックマークアイコン
商談の視覚的表示 (Kanban) true を示すチェックマークアイコン
インテグレーションメールおよびテンプレート true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
商談チーム true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
商談分割 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
類似商談 true を示すチェックマークアイコン
大規模商談アラート true を示すチェックマークアイコン

リード

機能 Lightning Experience Salesforce Classic
ワークスペースページレイアウト true を示すチェックマークアイコン
活動タイムライン true を示すチェックマークアイコン
パス true を示すチェックマークアイコン
ニュース true を示すチェックマークアイコン
メモ true を示すチェックマークアイコン
リード所有者のキューへの変更 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
インテグレーションメールおよびテンプレート true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
API を使用したリードの取引開始に関するカスタマイズ true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
重複するリードの検索およびマージ true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
リードの一致ルールと重複ルール true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン

Kanban ビュー

営業担当は、可視化ツールである Kanban ビューを使用して、商談をパイプラインの各フェーズ別に整理して確認することができます。ドラッグアンドドロップ機能を使用して、商談を別のフェーズに移動し、主要な商談に関するカスタマイズしたアラートをリアルタイムで表示できます。Kanban は、商談、リード、およびその他の多くのオブジェクトで使用できます。

機能 Lightning Experience Salesforce Classic
グラフ true を示すチェックマークアイコン
ドラッグアンドドロップ true を示すチェックマークアイコン
インテリジェントアラート true を示すチェックマークアイコン
先行入力によるリストビュー検索 true を示すチェックマークアイコン
共有設定1 true を示すチェックマークアイコン

1「自分にのみ表示」または「すべてのユーザに表示」がマークされたリストビューのみがサポートされています。特定のユーザグループとの共有はサポートされていません。

Data.com

機能 Lightning Experience Salesforce Classic
Data.com Prospector: 会社を検索して取引先としてインポート [取引先] リストビューの [他の取引先を取得] ボタンを使用してアクセスします。次の項目で絞り込むことができます。
  • 年間売上
  • 会社名または Web サイト
  • 国またはテリトリー
  • 場所種別
  • 状態

他の項目で絞り込むには、Web タブを使用します。

「Lightning Experience での Data.com を使用した他の取引先の取得」を参照してください。

D&B 企業レコードの [Data.com] タブまたは [グローバル代表企業の D-U-N-S を検索] ボタンを使用してアクセスします。
Data.com Prospector: 取引先責任者を検索して取引先責任者としてインポート ユーザは、既存の取引先に関連する取引先責任者を検索できます。取引先の詳細ページで、[他の取引先責任者を取得] ボタンをクリックし、検索ボックスと検索条件を使用します。

他の取引先責任者を検索するには、Web タブを使用します。

「Lightning Experience を使用した取引先の主要な取引先責任者の見込み調査」を参照してください。

取引先で [Data.com] タブまたは [取引先責任者を取得] ボタンを使用してアクセスします。

「Salesforce Classic を使用した取引先の主要な取引先責任者の見込み調査」を参照してください。

Data.com Prospector: 取引先責任者を検索してリードとしてインポート Web タブが必要です。 [Data.com] タブを使用してアクセスします。
Data.com Prospector: 会社または取引先責任者を .csv ファイルにエクスポート Web タブが必要です。 [Data.com] タブを使用してアクセスします。
Data.com Prospector: 取引先に関する会社の主要なインサイトを表示 取引先で [インサイトをさらに取得] ボタンを使用してアクセスします。

「Lightning Experience のプロスペクティングインサイト」を参照してください。

取引先で [プロスペクティングインサイト] ボタンを使用してアクセスします。
Data.com Prospector: 商談に関する会社の主要なインサイトを表示 商談で [インサイトをさらに取得] ボタンを使用してアクセスします。

「Lightning Experience のプロスペクティングインサイト」を参照してください。

利用できません。
Data.com Prospector: 同じ会社階層内の取引先の見込み調査 取引先および商談で、[インサイトをさらに取得] ボタン (Data.com インサイトコンポーネント) または [会社階層] コンポーネントを使用してアクセスします。

「Lightning Experience のプロスペクティングインサイト」を参照してください。

取引先で [会社階層] ボタンを使用してアクセスします。
Data.com Clean: 管理設定 利用できません。Salesforce Classic を使用して、クリーンアップジョブの管理とクリーンアップの設定を行います。 クリーンアップジョブの管理とクリーンアップの設定を行います。
Data.com Clean 会社データを使用して取引先をクリーンアップ 一括クリーンアップ: 取引先のクリーンアップジョブ。

手動クリーンアップ: 「取引先の会社情報」データインテグレーションルールを使用して利用できます (Premium Clean が必要)。

「重要な会社情報を使用した取引先およびリードの更新」を参照してください。

一括クリーンアップ: 取引先のクリーンアップジョブ。

手動クリーンアップ: 取引先の [クリーンアップ] ボタン。

Data.com Clean: 取引先責任者データを使用して取引先責任者をクリーンアップ 一括クリーンアップ: 取引先責任者のクリーンアップジョブ。

手動クリーンアップ: Data.com Contact Clean (AppExchange で Salesforce Labs から提供されている無料のコンポーネント) を使用して利用できます。

一括クリーンアップ: 取引先責任者のクリーンアップジョブ。

手動クリーンアップ: 取引先責任者の [クリーンアップ] ボタン。

Data.com Clean: 取引先責任者データを使用してリードをクリーンアップ 一括クリーンアップ: リードのクリーンアップジョブ。

手動クリーンアップ: 利用できません。

一括クリーンアップ: リードのクリーンアップジョブ。

手動クリーンアップ: リードの [クリーンアップ] ボタン。

Data.com Clean: 会社データを使用してリードをクリーンアップ 「リードの会社情報」データインテグレーションルールを使用して利用できます (Premium Clean が必要)。

「重要な会社情報を使用した取引先およびリードの更新」を参照してください。

利用できません。
Data.com Clean: D&B 企業レコードの表示および更新 取引先またはリードでリンクを使用してアクセスできます。Salesforce Classic タブが開きます。このタブはユーザの Lightning Experience セッションを中断しません。 取引先またはリードのリンク、および [D&B 企業] タブからアクセスできます。

コラボレーション売上予測

機能 Lightning Experience Salesforce Classic
売上予測:
  • 商談の [金額] 項目
  • 商談分割
  • オーバーレイ分割
  • カスタム商談項目
  • 商品ファミリ
true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
収益と数量の売上予測 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
商品提供日およびスケジュール日の売上予測 (商談収益および数量の売上予測種別の場合) true を示すチェックマークアイコン
テリトリーの売上予測 true を示すチェックマークアイコン
売上予測共有 true を示すチェックマークアイコン
マネージャおよび所有者による調整 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
累積売上予測積み上げ集計 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
マルチ通貨のサポート true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
目標 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
売上予測階層 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
売上予測を行う商品ファミリと表示順序の選択 (商品ファミリの売上予測機能が選択されている場合に [設定] から) true を示すチェックマークアイコン
最初に期間/商品ファミリ別に整理され、次にユーザ別に整理されて商品ファミリ売上予測合計を表示する売上予測グリッド true を示すチェックマークアイコン
売上予測グリッドの展開は各セッションの間変わらない true を示すチェックマークアイコン
更新日時を示すタイムスタンプ true を示すチェックマークアイコン
すべての売上予測種別ですべての値がゼロの列を非表示 true を示すチェックマークアイコン
自分自身の商品ファミリの売上予測の調整 true を示すチェックマークアイコン
商談リストにおける商談分割の詳細 true を示すチェックマークアイコン
調整可能な列幅 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
目標達成率の情報 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
参照アクセス権があるユーザの売上予測にジャンプ true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
売上予測設定 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン

キャンペーン

機能 Lightning Experience Salesforce Classic
キャンペーンメンバーの状況グラフ true を示すチェックマークアイコン
キャンペーンメンバーのインポート true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
個々のキャンペーンメンバーの追加 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
インポートによるキャンペーンメンバーの状況の更新 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
キャンペーンメンバーのコピー true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
リストビューからのキャンペーンメンバーの追加と管理 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
レポートからのキャンペーンメンバーの追加 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン

Salesforce Einstein

機能 Lightning Experience Salesforce Classic
Analytics
Einstein Discovery true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
Chatter
Einstein のおすすめ true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
コミュニティ
Einstein の関連記事 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
Einstein フィード検索 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
カスタマイズ
Einstein 予測ビルダー: 設定 true を示すチェックマークアイコン
Einstein 予測ビルダー: レコードでの予測 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
Einstein Next Best Action: Strategy Builder true を示すチェックマークアイコン
Einstein Next Best Action: レコメンデーション true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
開発
Einstein Language true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
Einstein Vision true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
営業
Einstein 活動キャプチャ true を示すチェックマークアイコン
Einstein リードスコアリング true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
Einstein 商談スコアリング true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
Einstein 売上予測 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
Einstein 商談インサイト true を示すチェックマークアイコン
Einstein 取引先インサイト true を示すチェックマークアイコン
Einstein 自動取引先責任者 true を示すチェックマークアイコン
サービス
Einstein ボットビルダー true を示すチェックマークアイコン
Einstein ケース分類: 設定 true を示すチェックマークアイコン
Einstein ケース分類: エージェントコンソール true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン

カスタマーサービス

機能 Lightning Experience Salesforce Classic
納入商品 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
ケースの割り当てルール true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
ケースコメント true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
ケースフィード条件 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
ケースチーム true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
コンソール1 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
Einstein ボット true を示すチェックマークアイコン
エンタイトルメント2 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
Field Service Lightning true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
ナレッジ3 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
サービスの Lightning フロー true を示すチェックマークアイコン
チャット true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
メッセージ true を示すチェックマークアイコン
マクロ4 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
マイルストン — ケース5 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
マイルストン — オブジェクト true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
オムニチャネル true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
Open CTI true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
商品 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
クイックテキスト true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
サービス契約 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
サービスの設定フロー:
  • コミュニティ
  • メール-to-ケース
  • Facebook および Twitter
  • ヘルプセンター
  • ナレッジ
  • チャット
  • メッセージ
  • オムニチャネル
true を示すチェックマークアイコン
Web 用組み込みサービス6 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
ソーシャルカスタマーサービス true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
ソリューション true を示すチェックマークアイコン
SOS true を示すチェックマークアイコン

1 Lightning Experience のサービスコンソールでは、まだ Salesforce Classic のサービスコンソールと完全に同じ機能を使用できるわけではありません。詳細はこちら

2 Lightning Experience でのエンタイトルメントの使用にはいくつかの制限があります。詳細はこちら

3 Lightning Knowledge を有効にすると、組織のデータモデルが記事タイプではなくレコードタイプを使用するように変更されます。Salesforce Classic ナレッジから Lightning Knowledge への移行には、Lightning Knowledge 移行ツール (ベータ) を使用します。本番組織で Lightning Knowledge を有効にする前に Sandbox またはトライアル組織でデータ移行をテストしてください。Lightning Knowledge は一度有効化すると、無効化できません。Lightning Knowledge は、まだ Salesforce Classic のナレッジと完全に同じ機能を使用できるわけではありません。詳細はこちら

4 マクロでの条件式は Lightning Experience でのみ使用できます。

レポート

レポートを使用する営業担当やサービス担当は、検索条件を簡単に作成する機能や、高度なグラフを追加する機能を使用して、ユーザインターフェースの向上を実感するでしょう。また Salesforce システム管理者には、ダッシュボードエディタに、柔軟なレイアウトや複数列の選択といった機能が用意されています。ただし、フィードやスケジュール済みレポートなど一部のレポート機能はまだ Lightning Experience で使用できません。

機能 Lightning Experience Salesforce Classic
拡張レポートグラフ true を示すチェックマークアイコン
行レベルの数式 (ベータ) true を示すチェックマークアイコン
レポートビューでの合計と小計の非表示 true を示すチェックマークアイコン
レポート表示時の対話型検索条件 true を示すチェックマークアイコン
レポートビルダー true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
レポートビルダーの通貨セレクタ true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
レポートビルダーの [取引先責任者の役割と商品が関連する商談] レポートタイプの [商品] 条件 true を示すチェックマークアイコン
レポートビルダーの [キャンペーン] レポートタイプの [表示] 条件の [キャンペーンの選択] オプション true を示すチェックマークアイコン
バケット項目 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
カスタム集計項目 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
マトリックス、サマリー、表形式のレポート形式 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
マトリックスレポート形式での積み上げ集計 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
マトリックスレポート形式での (積み上げではない) 列の集計 true を示すチェックマークアイコン
ロール階層検索条件 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
レポートフォルダとサブフォルダの作成1 true を示すチェックマークアイコン
結合レポート true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
円グラフ true を示すチェックマークアイコン
レポートの更新のスケジュール2 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
フォローレポート true を示すチェックマークアイコン
レポート通知2 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
レポートのエクスポート true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
履歴追跡レポート true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
条件付き書式 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
お気に入り true を示すチェックマークアイコン
1 フォルダ共有設定は Lightning Experience では使用できません。ただし、Salesforce Classic で作成されたフォルダを Lightning Experience で参照する場合、フォルダは、割り当てられたすべての権限を継承しています。

2 レポートに登録すれば Lightning Experience で使用できます。

ダッシュボード

機能 Lightning Experience Salesforce Classic
4 列以上の表示 true を示すチェックマークアイコン
最大 10 列および 200 行のテーブル true を示すチェックマークアイコン
ダッシュボードビルダー true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
柔軟なレイアウト true を示すチェックマークアイコン
テーマとパレット true を示すチェックマークアイコン
ダッシュボードフォルダとサブフォルダの作成1 true を示すチェックマークアイコン
条件設定済みダッシュボード true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
動的ダッシュボード true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
ダッシュボードの更新のスケジュール1 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
ダッシュボードコンポーネントのフィードへの投稿 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
Visualforce のコンポーネント true を示すチェックマークアイコン
お気に入り true を示すチェックマークアイコン

1 Lightning Experience ではユーザがダッシュボードをスケジュールできませんが、Salesforce Classic でスケジュールされたダッシュボードは Lightning Experience でもそのとおりに実行されます。Lightning Experience では、ダッシュボードをスケジュールする代わりに、ダッシュボードに登録します。

リストビュー

Lightning Experience ではリストビューがアップグレードされています。たとえば、リストビューからクイックグラフを作成したり、改良されて操作しやすくなったインターフェースを使用して検索条件を追加したりする優れた機能が新たに追加されました。

機能 Lightning Experience Salesforce Classic
グラフ true を示すチェックマークアイコン
検索条件の即時作成 true を示すチェックマークアイコン
リストビューの検索 true を示すチェックマークアイコン
リストビュー検索バーを使用したデータの検索 true を示すチェックマークアイコン
お気に入りのリストビューをデフォルトのリストとして固定 true を示すチェックマークアイコン
レコードの視覚的表示 (Kanban) true を示すチェックマークアイコン
リストの作成および編集 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
並び替え可能な列 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
サイズ変更可能な列 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
共有設定1 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
検索条件ロジック true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
インライン編集 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン

1 Lightning Experience では、「自分にのみ表示」または「すべてのユーザに表示」がマークされたリストビューの共有がサポートされています。特定のユーザグループとの共有はサポートされていません。

その他の機能と商品

機能 Lightning Experience Salesforce Classic
カスタム組織ブランドの画像と色 true を示すチェックマークアイコン
Salesforce アプリケーションのカスタムブランド設定 true を示すチェックマークアイコン
パーソナライズされたナビゲーションバー true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
お気に入り true を示すチェックマークアイコン
活動関連のコンポーザウィンドウ true を示すチェックマークアイコン
レコードの作成および編集 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
レコード詳細項目のインライン編集 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
リストでのインライン編集 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
カスタマイザブル売上予測 true を示すチェックマークアイコン
エンタープライズテリトリー管理 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
元のテリトリー管理1 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
Salesforce コミュニティ2 true を示すチェックマークアイコン true を示すチェックマークアイコン
パートナーポータル true を示すチェックマークアイコン
Work.com true を示すチェックマークアイコン

2 コミュニティユーザの作成または無効化、コミュニティユーザとしてのログイン、代理管理機能の使用については、Salesforce Classic に切り替えてください。

サポートされていないその他の機能

Lightning Experience では使用できない、または動作しない機能が他にもいくつかあります。当社ではこうした情報を最初から明らかにしているため、開発者が Lightning Experience を有効にする前に更新する必要のある可能性のあるカスタマイズを把握できます。
メモ

メモ

これは、サポートされている機能とサポートされていない機能の完全なリストではありません。詳細なリストは、Salesforce ヘルプを参照してください。

カスタム JavaScript ボタン

JavaScript コンテンツソースを使用するカスタムボタンとリンクは、Lightning Experience ではサポートされていません。Lightning 対応オプションへの JavaScript カスタムボタンおよびリンク機能の移行については、以下のリソースを参照してください。

カスタムオブジェクト、Visualforce ページなどがある AppExchange アプリケーション

AppExchange の多くのアプリケーションには、カスタムオブジェクト、カスタムボタン、Visualforce ページなどのカスタマイズが含まれています。Salesforce パートナーは、Lightning Experience でそれぞれのアプリケーションをテストし、Lightning 対応認定や Powered by Lightning 認定を申請しています。Lightning 対応のアプリケーションは Lightning Experience で動作し、インターフェース内の他のアプリケーションやページに適合します。アプリケーションが Lightning Experience でサポートされている場合は、AppExchange リスト内で Lightning 対応マークが表示されます。アプリケーションが Lightning Experience でサポートされていない場合は、代わりに Salesforce Classic で使用します。

メモ

メモ

組織で Lightning 対応認定のないアプリケーションを Lightning Experience で使用することはできますが、一部の機能が使用できない場合や期待どおりに動作しない場合があります。これらのアプリケーションの中には、Salesforce Classic のスタイルを使用しているために Lightning Experience での表示の視覚的な一貫性がなくなるものもあります。最適な操作性を得るために、Lightning 対応として認定されていないアプリケーションは Salesforce Classic で使用してください。

Apex と Visualforce について

Salesforce を「プログラムにより」カスタマイズするということは、新しい機能の追加にコードを使用するということです。多くの場合、たとえば、API を使用したり Apex トリガを記述する場合など、その機能には実際のユーザインターフェースはありません。うれしいことに、それらのプログラムはすべて、Salesforce Classic を使用していても Lightning Experience を使用していても、そのまま機能するのです。朗報ですね!

ユーザインターフェースを備えた機能もあります。その場合、主に使用するのは Visualforce です。既存のほとんどの Visualforce ページは、調整することなく Lightning Experience で動作します。ただし、Salesforce Classic の機能と属性のいくつかは、Lightning Experiecne と互換性がない場合があります。しばらくの間ユーザが両方の Salesforce インターフェースで作業する場合は、同じページに Salesforce Classic では Classic のスタイル設定、Lightning Experiecne では Lightning のスタイル設定が適用されるよう Lightning Experience スタイルシートを適用できます。

Lightning Experience 設定コンバータを使用して、組織の Visualforce ページの状況の評価、問題のあるページへの対処、目的のページへの Lightning Experience スタイルシートの適用を行います。

組織の Visualforce ページのいくつかに複雑な問題がある場合、または Visualforce を Lightning コンポーネントに置き換えることを検討したい場合は、Visualforce 開発者向けの Trailhead モジュールおよび Lightning Experience アプリケーション開発のトレイルを作成しました。Lightning Experience の評価プロセスの一部として、これらのリソースを参照することをお勧めします。

Lightning Experience 準備状況チェックを使用した組織の評価

Salesforce Classic に実装した一定の主な機能やカスタマイズが Lightning Experience に対応するかどうかを評価するために、Lightning Experience 準備状況チェックを実施します。この評価によって、現時点でどの機能やカスタマイズが Lightning Experience に対応するか、そしてユーザ全員を切り替える前にどの機能やカスタマイズに注意が必要かを確認できます。

準備状況チェックによる機能やカスタマイズの評価と、次のステップに関する推奨事項を記載した個別の準備状況レポートを受け取ります。また、レポートを使用したロールアウト計画の作成について学ぶ Lightning エキスパートによる無料グループセッションを利用できます。準備状況チェックによってレポートが送信されるほか、Salesforce Files にもこのレポートが保存されます。

[設定] の [Lightning Experience 移行アシスタント] から [準備状況チェック] を実行します。

[設定] の Lightning Experience 移行アシスタントのスクリーンショット

  1. Salesforce Classic の [設定] から、メニューの上部にある [Lightning Experience 移行アシスタント] タイルの [使用を開始する] をクリックします (1)。
  2. [フェーズを検出する] を選択します (2)。
  3. [Lightning Experience のメリットと準備状況を評価する] をクリックして、フェーズを展開します (3)。
  4. [Lightning Experience の準備状況をチェックする] の横にある [準備状況をチェック] をクリックします (4)。

移行アシスタントの準備状況チェックを実行する手順のスクリーンショット。

Salesforce ではドキュメントやテンプレートのサンプルをまとめた Enablement Pack も用意しており、その中にギャップ分析チェックリストが含まれます。このチェックリストを使用すると、準備状況チェックの対象外である機能やカスタマイズも評価に含めることができます。

Lightning Experience での組織のプレビュー

ユースケースや、サポートされる機能とサポートされない機能について説明しておくことも大切ですが、Lightning Experience を実際に有効にすることなく、この新しいインターフェースに Salesforce 組織を表示できればそれに越したことはありません。Sandbox 組織が必要ではないのかと思われますが、幸いにも Lightning Experience 移行アシスタントを使用すれば、Sandbox なしでも表示できます。移行アシスタントのプレビュー機能を使用すると、Lightning Experience で本番組織を探索できるため、新しいインターフェースで実際のデータ、ビジネスプロセス、カスタマイズがどう機能するかを正確に確認できます。また、Lightning Experience のみの機能を試用して、チームにどのようなメリットがあるかを実際に確認することもできます。役立つヒントとして、プレビューは、Lightning Experience 準備状況チェックでは評価されない機能やカスタマイズの状態を確認する優れた手段です。

プレビュー機能は、隔離された参照のみのツアーではありません。データ、設定、権限などを変更できます。ただし、本番組織を使用していることに注意してください。変更するのは実際の環境であり、Salesforce Classic を使用しているユーザに変更内容が見えてしまいます。

Lightning Experience で組織をプレビューする手順は、次のとおりです。

[設定] の Lightning Experience 移行アシスタントのスクリーンショット

  1. Salesforce Classic の [設定] から、メニューの上部にある [Lightning Experience 移行アシスタント] タイルの [使用を開始する] をクリックします (1)。
  2. [フェーズを検出する] を選択します (2)。
  3. [Lightning Experience のメリットと準備状況を評価する] をクリックして、フェーズを展開します (3)。
  4. [Lightning Experience をプレビューする] の横にある [プレビュー] をクリックします (4)。

移行アシスタントから Lightning Experience をプレビューする手順のスクリーンショット。