進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Lightning Experience でのアクションの動作について

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Lightning Experience でのアクションの表示場所を理解する。
  • Lightning Experience でのアクションの表示順序を理解する。

アクションと Lightning Experience

アクションを使用すると、レコードの作成および更新や活動の記録など、ユーザが Salesforce で実行可能な操作が増えます。

組織ですでにアクションを作成して使用している場合は、Salesforce Classic でアクションがどのように機能するか理解していることでしょう。当社のモバイルアプリケーションを使用している場合は、アクションが Salesforce モバイルアプリケーションでどのように機能するか認識しているものと思われます。Lightning Experience では、Chatter パブリッシャーや Salesforce モバイルアプリケーションのアクションバーのようにアクションが 1 か所にまとめて表示されるのではなく、さまざまな領域に散らばっています。

この後、アクションの表示場所、サポートされていないアクション、ページレイアウトでアクションに行ったカスタマイズによる Lightning Experience での表示方法への影響について説明します。

アクションのことをよく知らない場合は、次に進む前に必ずアクションの単元を確認しておいてください。アクションの単元は Trailhead の「Salesforce モバイルの基本事項」というモジュールに含まれています。この単元は Salesforce モバイルアプリケーションの場合の説明ですが、アクションおよびその機能の概要を知ることができます。

Lightning Experience のアクション

Lightning Experience では、アクションはヘッダーの [グローバルアクション] メニュー、関連リスト、およびリストビュー項目に表示されます。また、アクションはレコードページ上の数か所にも表示されます。レコードページ上で表示される場所は、アクションの種別に応じて異なります。
メモ

メモ

ここでは、クイックアクション以外のアクション種別についても説明します。標準およびカスタムボタンアクションも考慮されます。

[グローバルアクション] メニューのアクション

[グローバルアクション] メニューには、グローバルパブリッシャーレイアウトの [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションにあるグローバルアクションのサブセットが表示されます。

Lightning Experience のグローバルアクションメニュー

メニューの項目は、グローバルパブリッシャーレイアウトの [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience のアクション] セクションにリストされた順序で表示されます。

Lightning Experience でサポートされていないオブジェクトに関連付けられたアクションは、[グローバルアクション] メニューには表示されません。また、[グローバルアクション] メニューでは、標準 Chatter アクションはサポートされていません。

リストビューおよびリストビュー項目のアクション

カスタムボタン、リストビューアクション、および特定の標準ボタンは、[最近参照したデータ] を除くすべてのリストビューでサポートされます。リストビューにカスタムボタンを表示するには、ボタンをオブジェクトのリストビュー検索レイアウトに追加します。

Kanban ビューでは、標準の [新規] アクションのみがサポートされます。

リストビュー項目では、[編集]、[削除]、[所有者の変更] など特定の標準アクションのみがサポートされます。

リストビューのアクション

ToDo の場合、テーブル形式のリストビューと Kanban ビューでは標準ボタンのみがサポートされます。テーブルビューの ToDo リストビュー項目と、分割ビューの ToDo 項目詳細ペインには、ToDo で使用可能なアクションの完全なリストが含まれます。

ホームページのアクション

ホームページでは、[アシスタント] に表示されるおすすめからアクションを探すことができます。たとえば、営業担当が商談に活動予定が含まれていない更新を受信した場合を想定してください。その営業担当は、ToDo または行動をおすすめから直接作成できます。

ホームページアシスタントのアクション

表示されるアクションは、おすすめの種別によって異なります。アクションをアシスタントに表示するには、そのアクションをグローバルパブリッシャーレイアウトの [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience のアクション] セクションに追加する必要があります。次のアクションがサポートされています。
  • 新規 ToDo
  • 新規行動
  • 編集
  • メール
アクションが完了すると、その関連おすすめはアシスタントには表示されません。

Chatter ページのアクション

Chatter ページには、レコードページの Chatter タブと同様に、Chatter の標準アクションのみが含まれます。デフォルトでは、[投稿]、[アンケート]、および [質問] アクションのみがサポートされますが、グループが設定されていれば、[お知らせ] アクションもサポートされます。グローバルパブリッシャーレイアウトの [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションから、Chatter ページのアクションを追加、削除、または並べ替えることができます。

Chatter ページのアクション

レコードページのアクション

下図は、Lightning Experience の取引先責任者ページのサンプルです。
メモ

メモ

商談およびリードのワークスペース構造は異なりますが、アクションはそれらのページに同じように表示されます。

レコードのホームのアクション
レコードの強調表示パネルにあるページレベルのアクションメニュー (1) には、次の項目が表示されます。
  • 生産性アクション
  • グローバルおよびオブジェクト固有のクイックアクション (ToDo 作成、行動作成、活動記録に関連するアクションを除く)
  • 標準ボタン
  • カスタムオブジェクト固有の Lightning コンポーネントのクイックアクション
  • カスタムフローアクション
  • カスタム Visualforce クイックアクション
  • カスタム Visualforce ボタン
  • キャンバスアクション
ページレベルのアクションメニューに表示されるアクションは、ページレイアウトの [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience のアクション] セクションにリストされた順序で表示されます。

[活動] タブ (2) には、行動オブジェクトと ToDo オブジェクトを参照する [レコードを作成] クイックアクションが含まれます。[活動の記録] および [メールを送信] アクションも含まれます。

Chatter タブ (3) には、標準の Chatter アクションが含まれます。デフォルトでは、[投稿]、[アンケート]、および [質問] アクションのみがサポートされますが、グループが設定されていれば、[お知らせ] アクションもサポートされます。一部のオブジェクトでは、Salesforce で事前定義された他の標準 Chatter アクションがサポートされます。

関連リストのアクション

Lightning Experience の関連リスト (4) には、関連リストに割り当てられているカスタムリストボタンとサポートされる標準ボタンが表示されます。すべての関連リストの標準ボタンが Lightning Experience でサポートされているわけではありません。

レポートのアクション

レポートのアクションは、グローバルパブリッシャーレイアウトの [Salesforce Classic パブリッシャーのクイックアクション] セクションから取得されます。ただし、レポートには、グローバルパブリッシャーレイアウトに割り当てられている他のアクションに関係なく、標準 Chatter アクションのみが表示されます。

[Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションの [取引先責任者] ページレイアウトに次のアクションがあるとします。

ページレイアウトエディタのアクション
クイックアクション ([新規取引先]、[新規行動]、[新規 ToDo])、生産性アクション ([電話])、標準ボタン ([編集]、[削除]、[コピー]、[メールを送信])、Chatter アクション ([アンケート]、[投稿]) があります。これらのアクションは、Lightning Experience の取引先責任者レコードページに次のように表示されます。
  • ページレベルのアクションメニューのアクションは、クイックアクション、生産性アクション、および標準ボタンの組み合わせです。これらのアクションは、ページレイアウトにリストされている順序で表示されます。[新規行動] と [新規 ToDo] はクイックアクションですが、ここには表示されません。
    ページレベルのアクションメニュー
  • アクションリストの前にある Chatter アクションは、Chatter タブにあります。
    [コラボレーション] タブのアクション
  • 活動関連アクション ([メール]、[新規行動]、[新規 ToDo]) は、[活動] タブに表示されます。
    [活動] タブのアクション

Lightning Experience でのアクションの順序

Lightning Experience では、レコードページのアクションは、そのオブジェクトのページレイアウトにある [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションのアクションリストから取得されます。グローバルパブリッシャーレイアウトの同じセクションによって、[グローバルアクション] メニューに表示されるグローバルアクションが決まります。
オブジェクトのページレイアウトの [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションをカスタマイズしていない場合、オブジェクトのレコードページに表示されるクイックアクションは次のものから派生します。
  • グローバルパブリッシャーレイアウトのアクション
  • オブジェクトページレイアウトのボタンセクションにある標準ボタンとカスタムボタン

[Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションで定義済みアクションをクリックして上書した場合、ページレイアウトのボタンセクションにあるカスタムボタンは、アクションリストに自動的には組み込まれません。パレットの [モバイルおよび Lightning のアクション] カテゴリのアクションとして、カスタムjボタンを追加する必要があります。

レコードページの各セクションのアクションには、ページレイアウトでのそのアクション種別の順序が反映されます。

Lightning Experience ヘッダーの [グローバルアクション] メニュー (グローバルアクションメニューアイコン) には、標準 Chatter アクション ([投稿]、[ファイル]、[アンケート]、[リンク]、[質問]、[感謝]) を除く、グローバルパブリッシャーレイアウトの [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションから取得されたすべてのグローバルクイックアクションが表示されます。