Skip to main content
究極のラーニングイベント、TrailblazerDX が 2024 年 3 月 6 日~ 7 日にサンフランシスコで再び開催されます。コード T24DEYE424 を使用して今すぐ申し込むと 35% の割引になります。

Lightning Web コンポーネントアクションについて知る

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • ユーザー入力に基づいて項目に入力し、フィードバックメッセージをユーザーに表示する Lightning Web コンポーネントやアクションを作成する。
  • JavaScript カスタムボタンの機能の Lightning 対応の代替法への移行を開始する。
メモ

メモ

日本語で受講されている方へ
このバッジの Trailhead ハンズオン Challenge は英語以外の言語には対応していません。Trailhead Playground の [言語] を [English] に、[地域] を [アメリカ合衆国] に切り替えてください。こちらの指示に従ってください。

Lightning Web コンポーネントアクション: スマート、スピーディ、柔軟

これまで、Lightning Experience と Salesforce Classic の両方で機能し、JavaScript ボタンの優れた代替法となるいくつかのソリューションを見てきました。ただし、こうした宣言型やプログラム型のソリューションではすべての使用事例に対処できないことを当社は認識しています。幸い、これらのソリューション以外にも手段があります。ではここで、Lightning Web コンポーネントをコールするクイックアクション、Lightning Web コンポーネントアクションをご紹介します。

メモ

Spring '19 リリース (API バージョン 45.0) では、Lightning Web コンポーネントモデルと従来の Aura コンポーネントモデルの 2 つのプログラミングモデルを使用して Lightning コンポーネントを作成できます。Lightning Web コンポーネントと Aura コンポーネントは、ページ上に共存可能で、同時に使用できます。このコンテンツでは、Lightning Web コンポーネントについて説明します。

Lightning Web コンポーネントアクションは、既存の Lightning Web コンポーネントフレームワーク上に構築されます。既存の Lightning Web コンポーネントを簡単にアクションに変換して、Lightning Experience で使用することができます。

Lightning Web コンポーネントをアクションとして起動可能にするために、コンポーネントのメタデータ設定 XML ファイルにターゲットとして lightning__RecordAction を追加し、targetConfigsactionType を指定します。Salesforce で定義されたモーダルウィンドウにアクションを表示するには、actionType を ScreenAction に設定します。モーダルなしでアクションを実行する、またはカスタムモーダルウィンドウを定義するには、actionType を Action に設定します。

Lightning Web コンポーネントアクション用のもう 1 つの有用なプロパティは recordId で、Lightning レコードページからの起動時にそのレコードコンテキストをコンポーネントに提供します。レコードのデータまたはメタデータにアクセスするには、コンポーネントの JavaScript クラスで、@api デコレーターを使用して recordId 公開プロパティを作成します。

メモ

Lightning Webコンポーネントをまだ構築したことがない方は、Lightning Web Components (LWC) Development Center (Lightning Web コンポーネント (LWC) 開発センター) にアクセスして、「クイックスタート: Lightning Web コンポーネント」プロジェクトを実行し、「Lightning Web コンポーネントの基本」モジュールを修了してください。

では、Lightning Web コンポーネントアクションを詳しく見ていきましょう。次は、JavaScript ボタンの機能のうち、Lightning Web コンポーネントアクションで代用できるものについて説明します。たとえば、ユーザー入力に基づいて項目に入力し、ユーザー入力に基づいて項目に入力し、データ入力中にフィードバックメッセージを表示するなどです。

ユーザー入力に基づく項目への入力およびフィードバックメッセージのユーザーへの表示

現在、JavaScript ボタンを使用して、データを検証または操作し、ユーザーがレコードを使って作業するときにフィードバックや指示を表示しているとします。この例では、ユーザーがレコードを作成または更新する前に、Lightning Web コンポーネントでデータをいかに簡単に検証または操作できるかを示します。

サンプル組織に、さまざまな研究プロジェクトの追跡に使用する Case Study (事例) というカスタムオブジェクトを作成しました。また、新しいテストユーザーを事例に追加し、名前とメールアドレスを取得できるように、テストユーザーカスタムオブジェクトも用意されています。メールアドレスは当社の主要な連絡手段であるため、正しく入力されるようにしたいと考えています。また、テストユーザーの匿名性を確保するために、事例の各ユーザーに一意のニックネームを作成することにします。

名前項目とメールアドレス項目を表示して、メールアドレスを検証し、名と乱数を組み合わせてニックネームを自動生成する Lightning Web コンポーネントアクションを作成していきます。

この Lightning Web コンポーネントアクションがコールするコンポーネントのコードは、次のとおりです。

  • createUser.html: アクションを開いたときに表示される Lightning Web コンポーネントの構造。UI 実装 (テキスト項目、ボタン、アクションのタイトルなど) が含まれます。
  • createUser.js: コンポーネントと、表示ライフサイクル、テキスト入力、ボタンのクリックなど発生したすべての UI イベントをリスンするコントローラー。JavaScript メソッドは、入力、データ、イベント、状態への変更などの処理を定義して、コンポーネントを動作させます。
  • createUser.js-meta.xml: Lightning Experience での使用を目的とするコンポーネントの設計設定など、コンポーネントのメタデータを定義するコード。

createUser.html

<template>
 <lightning-quick-action-panel header="Add Test User to Case Study">
     <lightning-input
             type="text"
             data-field="firstName"
             label="User's First Name"
             onblur={updateNickName}
             required
     ></lightning-input>
     <lightning-input
             type="text"
             data-field="lastName"
             label="User's Last Name"
             required
     ></lightning-input>
     <lightning-input
             type="text"
             data-field="nickName"
             label="Nickname"
             required
     ></lightning-input>
     <lightning-input
             type="email"
             data-field="email"
             label="User's Email"
             onblur={handleEmailBlur}
             required
     ></lightning-input>
     <lightning-input
             type="password"
             data-field="password"
             label="User's Password"
             onblur={handlePasswordBlur}
             required
     ></lightning-input>
     <div slot="footer">
         <lightning-button
                 variant="neutral"
                 label="Cancel"
                 onclick={handleCancel}
         ></lightning-button>
         <lightning-button
                 variant="brand"
                 label="Save User"
                 onclick={handleSave}
         ></lightning-button>
     </div>
 </lightning-quick-action-panel>
</template>

createUser.js

import { LightningElement, api } from 'lwc';
import { ShowToastEvent } from 'lightning/platformShowToastEvent';
import { CloseActionScreenEvent } from 'lightning/actions';
import { createRecord } from 'lightning/uiRecordApi';
import TEST_USER_OBJECT from '@salesforce/schema/Test_User__c';
import NAME_FIELD from '@salesforce/schema/Test_User__c.Name';
import PASSWORD_FIELD from '@salesforce/schema/Test_User__c.Password__c';
import EMAIL_FIELD from '@salesforce/schema/Test_User__c.Email__c';
import NICKNAME_FIELD from '@salesforce/schema/Test_User__c.Nickname__c';
import CASE_STUDY_FIELD from '@salesforce/schema/Test_User__c.Case_Study__c';
export default class CreateUser extends LightningElement {
   @api recordId;
   async handleSave() {
       // query form elements
       const firstNameEl = this.template.querySelector('[data-field="firstName"]');
       const lastNameEl = this.template.querySelector('[data-field="lastName"]');
       const nickNameEl = this.template.querySelector('[data-field="nickName"]');
       const emailEl = this.template.querySelector('[data-field="email"]');
       const passwordEl = this.template.querySelector('[data-field="password"]');
       // check for errors on form elements (custom or otherwise)
       const isFirstNameValid = firstNameEl.reportValidity();
       const isLastNameValid = lastNameEl.reportValidity();
       const isNickNameValid = nickNameEl.reportValidity();
       const isPasswordValid = passwordEl.reportValidity();
       const isEmailValid = emailEl.reportValidity();
       if(!isFirstNameValid || !isLastNameValid || !isNickNameValid || !isPasswordValid || !isEmailValid) {
           return;
       }
       const recordInput = {
           apiName: TEST_USER_OBJECT.objectApiName,
           fields: {
               [NAME_FIELD.fieldApiName]: `${firstNameEl.value} ${lastNameEl.value}`,
               [PASSWORD_FIELD.fieldApiName]: passwordEl.value,
               [EMAIL_FIELD.fieldApiName]: emailEl.value,
               [NICKNAME_FIELD.fieldApiName]: nickNameEl.value,
               [CASE_STUDY_FIELD.fieldApiName]: this.recordId,
           }
       };
       try {
           await createRecord(recordInput);
           this.dispatchEvent(
               new ShowToastEvent({
                   title: 'Success!',
                   message: 'The test user has been created.',
                   variant: 'success'
               })
           );
           this.dispatchEvent(new CloseActionScreenEvent());
       } catch (error) {
           new ShowToastEvent({
               title: 'Error creating the test user, try again...',
               message: error.body.message,
               variant: 'error'
           });
       }
   }
   updateNickName() {
       const firstName = this.template.querySelector('[data-field="firstName"]').value;
       const nickNameEl = this.template.querySelector('[data-field="nickName"]');
       if(firstName && !nickNameEl.value) {
           const today = new Date();
           nickNameEl.value = firstName + today.valueOf(today)
       }
   }
   handleCancel() {
       this.dispatchEvent(new CloseActionScreenEvent());
   }
   handlePasswordBlur() {
       const passwordEl = this.template.querySelector('[data-field="password"]');
       // clear custom errors
       passwordEl.setCustomValidity('');
       this.validatePassword(passwordEl);
   }
   validatePassword(input) {
       // check lightning-input validity
       if(input.reportValidity()) {
           // perform custom validation
           const value = input.value;
           if (value === undefined) {
               input.setCustomValidity('You must enter a password.');
           } else if (value.length < 7) {
               input.setCustomValidity('The password is the wrong length (must be >= 7): ' + value.length);
           } else if (value.length > 15) {
               input.setCustomValidity('The password is the wrong length (must be <= 15): ' + value.length);
           } else if (value.search(/[0-9]+/) === -1) {
               input.setCustomValidity('The password must contain at least one number.');
           } else if (value.search(/[a-zA-Z]+/) === -1) {
               input.setCustomValidity('The password must contain at least one letter.');
           }
           // display custom validation errors (if any)
           input.reportValidity();
       }
   }
   handleEmailBlur() {
       const emailEl = this.template.querySelector('[data-field="email"]');
       // clear Custom Errors
       emailEl.setCustomValidity('');
       this.validateEmail(emailEl);
   }
   validateEmail(input) {
       // check lightning-input validity
       if (input.reportValidity()) {
           const value = input.value;
           if (!/@gmail\.com$/.test(value)) {
               input.setCustomValidity('Email must be a Gmail account.');
           }
           // display custom validation errors (if any)
           input.reportValidity();
       }
   }
}

createUser.js-meta.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<LightningComponentBundle xmlns="http://soap.sforce.com/2006/04/metadata">
   <apiVersion>57.0</apiVersion>
   <isExposed>true</isExposed>
   <targets>
       <target>lightning__RecordAction</target>
   </targets>
   <targetConfigs>
       <targetConfig targets="lightning__RecordAction">
           <actionType>ScreenAction</actionType>
       </targetConfig>
   </targetConfigs>
</LightningComponentBundle>

Lightning Web コンポーネントアクションを作成する

Lightning Web コンポーネントを作成したら、アクションに割り当てます。Case Study のオブジェクト管理設定で、[ボタン、リンク、およびアクション] に移動して、[新規アクション] をクリックし、以下のパラメーターを使用してアクションを設定します。

項目

アクション種別

Lightning Web コンポーネント

Lightning Web コンポーネント

c:createUser

表示ラベル

Create Test User (テストユーザーの作成)

名前

Create_Test_User

次に、新しい Lightning Web コンポーネントアクションを Case Study ページレイアウトに追加します。ユーザーが [Case Study (事例)] レコード詳細ページからこのアクションを起動すると、作成した Lightning Web コンポーネントアクションが表示されます。

Lightning Experience でのユーザー LWC アクションの追加。

メモ

Salesforce モバイルアプリケーションでは、Lightning Web コンポーネントアクションは使用できません。Salesforce モバイルアプリケーションで利用可能なアクションを作成するには、Aura プログラミングモデルを使用して Lightning コンポーネントアクションを作成します。

Lightning Web コンポーネントアクションは、Lightning Experience の未来形のプログラム型アクションです。当社では、この一連のソリューションを、JavaScript ボタンの優れた代替法として考えていただくことを期待しています。

JavaScript ボタンを使用するパートナーアプリケーションを多用しているという方には、当社の多数のパートナーがすでにアプリケーションを Lightning に移行およびアップグレードし始めていることは朗報でしょう。AppExchange では、Lightning Experience 用に更新されたアプリケーションが増えています。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる