進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Lightning ダッシュボードビルダーでのデータの視覚化

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • レポートグラフとダッシュボードの違いを説明する。
  • ダッシュボードと基礎となるレポートを作成する。

ダッシュボードの作成

Ursa Major Solar は、意思決定やアクションの実施に役立つ優れたレポートを使用していますが、ときには全体像を把握する必要もあります。そのような場合にダッシュボードを使用します。ダッシュボードは、Salesforce データをグラフィカルなレイアウトに集計および表示する機能において他に類を見ません。

Salesforce ダッシュボードでは、ダッシュボードコンポーネントを使用して 1 つのダッシュボードページレイアウトに複数のレポートが並べて表示されます。ダッシュボードコンポーネントにはさまざまな種類のグラフ、テーブル、総計値、ゲージが用意されており、コンポーネントごとにデータのグループ化、集計、および表示方法をカスタマイズできます。ドラッグアンドドロップダッシュボードビルダーは直観的なインターフェースで、Salesforce で作成したソースレポートからダッシュボードを構築できます。

ダッシュボードに加え、レポートやレコードのページレイアウトにグラフを追加するオプションもあります。レポートグラフとダッシュボードコンポーネントでデータを視覚化する方法については、この後で説明します。

ドラッグアンドドロップダッシュボードビルダー

ドラッグアンドドロップダッシュボードビルダーは、データを一目で簡単に把握できるように視覚化します。[新規ダッシュボード] をクリックし、[ダッシュボード] タブからダッシュボードビルダーを起動します。ダッシュボードの名前を入力し、[作成] をクリックします。

ダッシュボードエディタ

[+ コンポーネント] をクリックしてコンポーネントをダッシュボードに追加するか、[+ 検索条件] をクリックして検索条件を追加します [1]。メッセージが表示されたら、新しいコンポーネントのレポートとグラフの種類を選択するか、検索条件の場合は項目と条件を選択します。各コンポーネントに 1 つのレポートからデータが表示されます。コンポーネントを追加したら、クリックしてサイズの変更、削除、またはデータ供給ソースレポートの変更ができます (編集鉛筆) [2]。コンポーネントをドラッグアンドドロップして位置を設定します [3]。反応型グリッドレイアウトでは、多様に配置されたさまざまなサイズのコンポーネントをサポートします [4]

コンポーネントの種類を選択するときには、次の点を考慮してください。

コンポーネントの種類 使用するタイミング
横棒グラフ 縦棒グラフ 積み上げ横棒グラフ 積み上げ横棒グラフ 折れ線グラフ ドーナツグラフ じょうごグラフ 散布図
データをグラフィカルに表示する場合、グラフを使用します。さまざまなグラフの種類から選択できます。
ゲージ
ゲージは、カスタム値の範囲で表示する個別値が存在する場合に使用します。
総計値

総計値は、表示するキー値が 1 つの場合に使用します。

Lightning テーブル レガシーテーブル
レポートデータを列形式で表示するには、テーブルを使用します。

最後に、ダッシュボードコンポーネントで使用するソースレポートを選択するときは、結合レポート、履歴トレンドレポートは選択できません。

ダッシュボードを作成する

Roberto が Chatter で Maria にメンションし、Ursa Major Solar の販売パイプラインの包括的概要を要求しました。Roberto 用のダッシュボード作成しましょう。最初に、ダッシュボードで使用するソースレポートを作成します。単純なリードレポートを作成しましょう。

  1. [レポート] タブの [新規レポート] をクリックし、レポートタイプとして [リード] を選択します。[続行] をクリックします。
  2. [条件] をクリックし、次の標準検索条件を編集します。
    1. [表示] 標準検索条件に、[すべてのリード] を選択します。[適用] をクリックします。
    2. [日付項目] 標準検索条件に、[作成日] を選択します。[範囲] に、[常時] を選択します。[適用] をクリックします。
  3. [アウトライン] をクリックし、リードソース別に行をグループ化します。[グループを追加...] ルックアップから、[リードソース] を選択します。
  4. [リード 所有者]、[名]、[姓]、[役職]、[会社名 / 取引先]、[評価]、[町名・番地]、[メール] の各列がレポートに含まれていることを確認します。
  5. [保存] をクリックし、レポートに「Leads by Lead Source」(リードソース別リード一覧) と名前を付け、自動生成された一意名を受け入れます。
  6. [実行] をクリックします。レポートは、次のようになります。
    リードソースレポート
    メモ

    メモ

    この手順の実行に使用する組織に応じて、レポートの実行時にデータが表示される場合とされない場合があります。

レポートが作成できたので、次はダッシュボードコンポーネントを使用して視覚化しましょう。

  1. [ダッシュボード] タブで、[新規ダッシュボード] をクリックします。
  2. ダッシュボードに「Leads Dashboard (リードダッシュボード)」と名前を付け、必要に応じて説明を入力します。
  3. [作成] をクリックします。
  4. コンポーネントを追加するには、[+ コンポーネント] をクリックします。
  5. [レポートを選択] から、以前に作成した [Leads by Lead Source (リードソース別リード一覧)] というリードレポートを選択し、[選択] をクリックします。[コンポーネントの追加] から、ドーナツグラフを選択します。ダッシュボードコンポーネントの追加
  6. コンポーネントのタイトルが [Leads by Lead Source (リードソース別リード一覧)] となっていることを確認します。
  7. 必要に応じて、コンポーネントにサブタイトルとフッターを指定します。
  8. [追加] をクリックします。新しいコンポーネントがダッシュボードに表示されます。
  9. 必要に応じて、ダッシュボードコンポーネントをクリックし、上下左右や角の境界線をドラッグしてサイズを変更します。
  10. [保存] をクリックし、さらに [完了] をクリックします。ダッシュボードは次のようになります。リードダッシュボードの例

成功です。これで、単純なレポートと、ソース別にリードを視覚化するダッシュボードを作成できました。

動的ダッシュボード: どのユーザとしてダッシュボードを表示するかの選択

動的ダッシュボードでは、各ユーザに、そのユーザがアクセス権を持つデータが表示され、ユーザごとに個別のダッシュボードを作成する必要はありません。

1 つの強力なダッシュボードを用意することで、ログインしたユーザのダッシュボードに、ユーザのセキュリティと共有の設定に基づいて適切なデータが表示されるため、1 つのダッシュボードを社内の複数のユーザに使用できます。

Ursa Major Solar での例を見てみましょう。営業チームは、1 人の副社長、4 人の営業マネージャ、および 40 人の営業担当で構成されているとします。つまり、営業マネージャ 1 人あたり 10 人の営業担当になります。ロールと階層で制限された次の総計値が表示されるダッシュボードを作成する必要があります。

ロール 合計契約数 競合会社の商談成立率 ミーティング種別ごとの活動数
営業担当 true を示すチェックアイコン true を示すチェックアイコン
営業マネージャ true を示すチェックアイコン true を示すチェックアイコン
営業担当副社長 true を示すチェックアイコン true を示すチェックアイコン

表示されるデータは、営業担当の場合は各自のデータのみ、マネージャの場合は管理する営業担当のデータのみ、副社長の場合はチーム全体のデータとなる必要があります。このような場合、従来の方法ではそれぞれのユーザに対応する 45 個のダッシュボードを個別に作成する必要がありました。また、複数のフォルダを作成してアクセス権を管理する必要もありました。

動的ダッシュボードでは、次のように 2 つのダッシュボードを作成して 1 つのフォルダに保存するだけで済みます。

  • 次のコンポーネントがある営業担当用の動的ダッシュボード
    • 合計契約数のゲージ
    • ミーティング種別ごとの活動数を示すテーブル
  • 次のコンポーネントがあるマネージャおよび副社長用の動的ダッシュボード
    • 合計契約数のゲージ
    • 競合会社の商談成立率の縦棒グラフ

各ユーザには、そのユーザがアクセスできるデータのみが表示されます。営業担当には、自分の契約数と活動数が表示されます。マネージャには、管理する営業担当の契約数と商談成立率が表示されます。副社長には、チーム全体の契約数と商談成立率が表示されます。総計値はマネージャも副社長も同じであるため、両方のロールで同じ動的ダッシュボードを使用できます。動的ダッシュボード機能によって、必要なダッシュボードの数が 45 個から 2 個に削減されます。

「私のチームのダッシュボードの参照」権限または「すべてのデータの参照」権限を持つマネージャには、ロール階層内で自分より下位のユーザとしてダッシュボードをプレビューするオプションがあります。

動的ダッシュボードの設定

  1. [ダッシュボード] タブで、新しいダッシュボードを作成するか、既存のダッシュボードを編集します。
  2. ダッシュボードプロパティを編集 をクリックして [プロパティ] メニューを開きます。
  3. [次のユーザとしてダッシュボードを参照] で、どのユーザとしてダッシュボードを表示するかを選択します。
    • 自分 — ダッシュボード閲覧者に、設定者のデータアクセス権に基づいたデータが表示されます。

      たとえば、設定者がカナダの商談のみを参照できる場合、ダッシュボード閲覧者にはカナダの商談に関するデータのみが表示されます。

    • 別のユーザ — ダッシュボード閲覧者に、指定したユーザのデータアクセス権に基づいたデータが表示されます。

      たとえば、すべての国の商談を参照できるユーザを指定すると、ダッシュボード閲覧者にはすべての国の商談に関するデータが表示されます。

    • ダッシュボード閲覧者 — ダッシュボード閲覧者に、閲覧者自身のデータアクセス権に基づいたデータが表示されます。これらの種類のダッシュボードは、動的ダッシュボードと呼ばれます。

      組織内で使用できる動的ダッシュボードの最大数は、Enterprise Edition の場合は 5 個、Unlimited Edition および Performance Edition の場合は 10 個、Developer Edition の場合は 3 個です。動的ダッシュボードは、その他のエディションでは使用できません。追加の動的ダッシュボードを購入できる場合があります。

      次の動的ダッシュボードの制限事項に注意してください。
      • 動的ダッシュボードのコンポーネントをフォローすることはできません。
      • 動的ダッシュボードは非公開フォルダには保存できません。
      • 動的ダッシュボードの更新をスケジュール設定することはできません。動的ダッシュボードは手動で更新する必要があります。
  4. 必要に応じて、[ダッシュボード閲覧者がダッシュボードの表示ユーザを選択できるようにする] を選択すると、適切なユーザ権限を持つ閲覧者はどのユーザとしてダッシュボードを表示するのかを選択できます。「私のチームのダッシュボードの参照」ユーザ権限を持つ閲覧者は、自分自身として、またはロール階層内で自分より下位のユーザとしてダッシュボードを表示できます。「すべてのデータの参照」ユーザ権限を持つ閲覧者は、どのユーザとしてもダッシュボードを表示することができます。
  5. [プロパティ] ウィンドウで [保存] をクリックします。次に、ダッシュボードビルダーで、もう一度 [保存] をクリックします。

ユーザがダッシュボードを開くと、指定されたユーザとしてデータが表示されます。

グラフの作成

レポートグラフ

ダッシュボードは作成せずに、グラフをレポートに追加したいだけなら、レポートグラフがお勧めです。レポートグラフを使用すると、単独のグラフをレポート上部に直接配置できるため、レポートを表示したときに、グラフとレポートの結果を 1 つのビューで確認できます。

レポートグラフを追加する手順は、次のとおりです。

  1. [レポート] タブから、以前に作成した [Leads by Lead Source (リードソース別リード一覧)] レポートを開きます。
  2. グラフがすでにレポートの上部に表示されている可能性があります。そうでない場合は、グラフアイコン [グラフ] ボタン をクリックします。このアイコンをクリックすると、いつでもグラフを表示または非表示にできます。

これでレポートにグラフが追加されました。