Skip to main content
究極のラーニングイベント、TrailblazerDX が 2024 年 3 月 6 日~ 7 日にサンフランシスコで再び開催されます。コード T24DEYE424 を使用して今すぐ申し込むと 35% の割引になります。

Lightning Dashboard Builder (Lightning ダッシュボードビルダー)でのデータの視覚化

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • レポートグラフとダッシュボードの違いを説明する。
  • ダッシュボードと基礎となるレポートを作成する。
メモ

メモ

このバッジのハンズオン Challenge は日本語、スペイン語 (LATAM)、ポルトガル語 (ブラジル) に対応しています。Playground の言語を変更するには、こちらの指示に従ってください。日本語等、翻訳された言語と英語に差異がある可能性があります。英語以外の言語での指示に従って Challenge に合格できなかった場合は、[Language (言語)] と [Locale (地域)] をそれぞれ [English (英語)]、[United States (アメリカ合衆国)] に切り替えてからもう一度お試しください。

メモ

アクセシビリティ

この単元には、スクリーンリーダーユーザー向けの追加の説明が用意されています。この単元の詳細なスクリーンリーダー版を表示するには、以下のリンクをクリックしてください。

Trailhead スクリーンリーダーの説明を開く

ダッシュボードの作成

Ursa Major Solar の従業員はその日に誰に連絡するかなどの判断や対応策を決めるのに便利なレポートを重用していますが、全体像を把握する必要がある場合もあります。そんな場合に威力を発揮するのが、Salesforce データを集計してグラフィカルなレイアウトに表示するという比類なき機能を持つダッシュボードです。

Salesforce ダッシュボードでは、ダッシュボードウィジェットを使用して 1 つのダッシュボードページレイアウトに複数のレポートが並べて表示されます。ダッシュボードウィジェットにはさまざまな種類のグラフ、テーブル、総計値、ゲージが用意されており、ウィジェットごとにデータのグループ化、集計、および表示方法をカスタマイズできます。ダッシュボードビルダーは直観的なインターフェースで、Salesforce で作成したソースレポートからダッシュボードを構築できます。

ダッシュボードに加え、レポートやレコードのページレイアウトにグラフを追加するオプションもあります。レポートグラフとダッシュボードウィジェットでデータを視覚化する方法については、この後で説明します。

ダッシュボードビルダー

ダッシュボードビルダーは、データを一目で簡単に把握できるように視覚化するツールです。[New Dashboard (新規ダッシュボード)] をクリックし、[Dashboards (ダッシュボード)] タブからダッシュボードビルダーを起動します。ダッシュボードの名前を入力し、[Create (作成)] をクリックします。

[+ Widget (+ ウィジェット)] をクリックしてウィジェットをダッシュボードに追加するか、[+ Filter (+ 検索条件)] をクリックして検索条件を追加します [1]。メッセージが表示されたら、新しいウィジェットのコンテンツタイプを選択するか、検索条件の場合は項目と条件を選択します。各ウィジェットにはリッチテキスト、画像、または 1 つのレポートのデータが表示されます。ウィジェットを追加したら、クリックしてサイズの変更、削除、またはデータ供給ソースレポートの変更ができます (編集鉛筆) [2]。ウィジェットをドラッグして配置します [3]。反応型グリッドレイアウトでは、多様に配置されたさまざまなサイズのウィジェットをサポートします [4]

ダッシュボードエディター

ウィジェットの種類を選択するときには、次の点を考慮してください。

ウィジェットタイプ 使用するケース
横棒グラフ 縦棒グラフ 積み上げ横棒グラフ 積み上げ横棒グラフ 折れ線グラフ ドーナツグラフ じょうごグラフ 散布図
データをグラフィカルに表示するには、グラフを使用します。グラフにはさまざまな種類があり、目的に応じて選択できます。
ゲージ
カスタム値の一定の範囲内に表示したい 1 つの値がある場合は、ゲージを使用します。
総計値

表示するキー値が 1 つの場合は、総計値を使用します。

Lightning テーブル レガシーテーブル
レポートデータを列形式で表示するには、テーブルを使用します。

なお、ダッシュボードウィジェットで使用するソースレポートを選択する際には、結合レポートや履歴トレンドレポートは選択できないことを覚えておいてください。

ダッシュボードの作成

Roberto が Chatter で Maria をメンションし、Ursa Major Solar の販売パイプラインの包括的な概観を示して欲しいと依頼しました。Roberto 用のダッシュボード作成しましょう。最初に、ダッシュボードで使用するソースレポートを作成します。単純なリードレポートを作成しましょう。

  1. [Reports (レポート)] タブ、[New Report (新規レポート)] の順にクリックし、レポートタイプとして [Leads (リード)] を選択します。[Start Report (レポートを開始)] をクリックします。
  2. [Filters (条件)] をクリックし、次の標準検索条件を編集します。
    1. [Show Me (表示)] 標準検索条件に、[All Leads (すべてのリード)] を選択します。[Apply (適用)] をクリックします。
    2. [Date Field (日付項目)] 標準検索条件に、[Create Date (作成日)] を選択します。[Range (範囲)] に、[All Time (常時)] を選択します。[Apply (適用)] をクリックします。
  3. [Outline (アウトライン)] をクリックし、Lead Source (リードソース)別に行をグループ化します。[Add Group... (グループを追加...)] ルックアップから、[Lead Source (リードソース)] を選択します。
  4. [Lead Owner (リード所有者)]、[First Name (名)]、[Last Name (姓)]、[Title (役職)]、[Company/Account (会社名/取引先)]、[Rating (評価)]、[Street (町名・番地)]、[Email (メール)] の各列がレポートに含まれていることを確認します。
  5. [Save (保存)] をクリックし、レポートに「Leads by Lead Source」 (リードソース別リード一覧) と名前を付け、自動生成された一意名を受け入れます。
  6. [Run (実行)] をクリックします。レポートは、次のようになります。リードソースレポート
メモ
この手順の練習に使用している組織によって、実行時にレポートにデータが表示される場合とされない場合があります。
レポートが作成できたところで、次はダッシュボードウィジェットを使用して視覚化しましょう。
  1. [Dashboards (ダッシュボード)] タブで、[New Dashboard (新規ダッシュボード)] をクリックします。
  2. ダッシュボードに「Leads Dashboard (リードダッシュボード)」と名前を付け、必要に応じて説明を入力します。
  3. [Create (作成)] をクリックします。
  4. ウィジェットを追加するには、[+ Widget (+ ウィジェット)] をクリックします。
  5. [Chart or Table (グラフまたはテーブル)] を選択します。
  6. [Select Report, (レポートを選択)] から、以前に作成した [Leads by Lead Source (リードソース別リード一覧)] というリードレポートを選択し、[Select (選択)] をクリックします。[Add Widget (ウィジェットの追加)] から、ドーナツグラフを選択します。ダッシュボードコンポーネントの追加
  7. ウィジェットのタイトルが Leads by Lead Source (リードソース別リード一覧) となっていることを確認します。
  8. 必要に応じて、ウィジェットにサブタイトルとフッターを指定します。
  9. [Add (追加)] をクリックします。新しいウィジェットがダッシュボードに表示されます。
  10. 必要に応じて、ダッシュボードウィジェットをクリックし、上下左右や角の境界線をドラッグしてサイズを変更します。
  11. [Save (保存)] をクリックし、さらに [Done (完了)] をクリックします。ダッシュボードは次のようになります。リードダッシュボードの例

これで、単純なレポートと、ソース別にリードを視覚化するダッシュボードを作成できました。

動的ダッシュボードを使用する

動的ダッシュボードでは、各ユーザーのアクセス権に応じてデータが表示されるため、ユーザーごとにダッシュボードを作成する必要がありません。

つまり、ユーザーがログインすると、そのユーザーのセキュリティと共有設定に基づいて適切なデータが表示されるようになっているため、1 つの強力なダッシュボードを社内で複数のユーザーに使用できるわけです。

Ursa Major Solar での例を見てみましょう。営業チームが 1 人の副社長、4 人の営業マネージャー、40 人の営業担当で構成されているとします。つまり、営業マネージャー 1 人あたり営業担当は 10 人です。ここで必要なのは、次のような総計値をロールと階層で制限して表示するダッシュボードです。

役割 合計契約数 競合会社の商談成立率 ミーティング種別ごとの活動数
営業担当 true を示すチェックアイコン
true を示すチェックアイコン
営業マネージャー true を示すチェックアイコン true を示すチェックアイコン
営業担当副社長 true を示すチェックアイコン true を示すチェックアイコン

表示されるデータは、営業担当の場合は各自のデータのみ、マネージャーの場合は管理する営業担当のデータのみ、副社長の場合はチーム全体のデータとなる必要があります。このような場合、従来の方法ではそれぞれのユーザーに対応する 45 個のダッシュボードを個別に作成する必要がありました。また、複数のフォルダーを作成してアクセス権を管理する必要もありました。

動的ダッシュボードでは、次のように 2 つのダッシュボードを作成して 1 つのフォルダーに保存するだけで済みます。

  • 次のウィジェットがある営業担当用の動的ダッシュボード
    • 合計契約数のゲージ
    • ミーティング種別ごとの活動数を示すテーブル
  • 次のウィジェットがあるマネージャーおよび副社長用の動的ダッシュボード
    • 合計契約数のゲージ
    • 競合会社の商談成立率の縦棒グラフ

各ユーザーには、そのユーザーがアクセスできるデータのみが表示されます。営業担当には、自分の契約数と活動数が表示されます。マネージャーには、管理する営業担当の契約数と商談成立率が表示されます。副社長には、チーム全体の契約数と商談成立率が表示されます。総計値はマネージャーも副社長も同じであるため、両方のロールで同じ動的ダッシュボードを使用できます。動的ダッシュボード機能によって、必要なダッシュボードの数が 45 個から 2 個に削減されます。

「私のチームのダッシュボードの参照」権限または「すべてのデータの参照」権限を持つマネージャーには、ロール階層内で自分より下位のユーザーとしてダッシュボードをプレビューするオプションがあります。

動的ダッシュボードの設定

  1. 動的ダッシュボードと対応するソースレポートを保存するには、[Dashboards (ダッシュボード)]、[Reports (レポート)] または [Analytics (分析)] タブからダッシュボードフォルダーとレポートフォルダーを作成します。このフォルダーを対象利用者と共有します。
  2. [Analytics (分析)] または [Dashboards (ダッシュボード)] タブで、ダッシュボードを作成するか、既存のダッシュボードを編集します。
  3. ダッシュボードプロパティを編集 をクリックしてプロパティメニューを開きます。
  4. [次のユーザーとしてダッシュボードを参照] で、[The dashboard viewer (ダッシュボード閲覧者)] を選択します。
  5. ユーザーがダッシュボードの実行ユーザーを変更できるようにするには、[Let dashboard viewers choose whom they view the dashboard as (ダッシュボード閲覧者がダッシュボードの表示ユーザーを選択できるようにする)] を選択します。
  6. [Properties (プロパティ)] ウィンドウで [Save (保存)] をクリックします。次に、Dashboard Builder (ダッシュボードビルダー)で、もう一度 [Save (保存)] をクリックします。

ダッシュボードを開くと、指定されたユーザーが権限を持つデータが表示されます。

レポートグラフ

ダッシュボードは作成せずに、グラフをレポートに追加したいだけなら、レポートグラフがお勧めです。レポートグラフを使用すると、単独のグラフをレポート上部に直接配置できるため、レポートを表示したときに、グラフとレポートの結果を 1 つのビューで確認できます。

レポートグラフを追加する手順は、次のとおりです。

  1. [Reports (レポート)] タブから、以前に作成した [Leads by Lead Source (リードソース別リード一覧)] レポートを開きます。
  2. グラフがすでにレポートの上部に表示されている可能性があります。そうでない場合は、グラフアイコン [Chart (グラフ)] ボタン をクリックします。このアイコンをクリックすると、いつでもグラフを表示または非表示にできます。

これでレポートにグラフが追加されました。

まとめ

これで皆さんはレポートとダッシュボードの基本を理解できたため、各自のビジネスにとって最も役に立つデータの探索や視覚化を開始できます。学習した内容をもっと練習するには、「営業マネージャーとマーケティングマネージャー用のレポートとダッシュボードの作成」モジュールを受講してください。または、Salesforce でのより高度な視覚化とビジネス分析を学習するには、「CRM Analytics を知る」トレイルと「CRM Analytics の基本」モジュールを受講してください。可能性は無限です。
無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる