進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

ページレイアウトを使用したレコードの詳細のカスタマイズ

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • ページレイアウトを作成および管理する。
  • ページレイアウトエディタを使用する。
  • ページレイアウトをプロファイルに割り当てる。
  • ページレイアウトエディタがどのように Lightning Experience のレコードの詳細コンテンツに影響するか説明する。

ページレイアウト

初めて Salesforce にログインしたときに表示される内容は、ほんの出発点にすぎません。ページレイアウトを使用すると、オブジェクトレコードページを多様にカスタマイズできます。

Lightning Experience には、ページをカスタマイズする 2 種類の方法があります。ページのレイアウトのカスタマイズと、コンテンツのカスタマイズです。それぞれ異なるツールを使用して作業します。

Lightning ページは、ページ上の領域に割り当てられた Lightning コンポーネントの集まりです。Lightning アプリケーションビルダーを使用して、ページの構造やコンポーネントの位置をカスタマイズできます (詳細は、Trailhead の「Lightning アプリケーションビルダー」モジュールを参照してください)。

ページに表示する項目やボタンなどのページのコンテンツのカスタマイズでは、ページレイアウトエディタと呼ばれる別のツールを使用します。ページレイアウトエディタはページレイアウトとも呼ばれ、Salesforce Classic UI と Lightning Experience の両方のページのコンテンツの管理に役立ちます。この単元では、ページレイアウトエディタについて扱います。
メモ

メモ

Lightning Experience でページのコンテンツをカスタマイズするのに、2 種類の UI でページレイアウトエディタを使用するのはなぜでしょうか? それは、Lightning アプリケーションビルダーでは、ページ上のボタン、アクション、および項目をまだカスタマイズできないからです。

ページレイアウトエディタでは次のことができます。
  • ユーザに表示する項目、関連レコードのリスト、カスタムリンクを制御する。
  • ページの詳細に表示する項目の順序をカスタマイズする。
  • 項目を表示するかどうかの設定や、参照のみか、または必須項目かを指定する。
  • レコードおよび関連リストに表示する標準ボタンとカスタムボタンを制御する。
  • ページに表示するクイックアクションを制御する。

さて、ボタン、リスト、レコードの詳細とは一体何でしょうか。まずは取引先責任者レコードを例にページレイアウトのクイックツアーを行ってから、レイアウトのカスタマイズに進みましょう。ボタン、リンク、およびアクションとページレイアウトでの変更方法については、後の単元で詳しく説明します。

ページレイアウトを使用してページの次の部分をカスタマイズして、組織のさまざまなチームやプロセスに合わせてパーソナライズされたビューを作成できます。
  • [関連] タブ (1) には、表示しているレコードに関連付けられている他のレコードのリストである、関連リストが示されます。たとえば、取引先には関連する商品、取引先責任者、商談、その他のカスタムレコードがあります。関連リストにより、関連情報を容易に検索および管理できます。[関連リスト] ページ
  • [詳細] タブ (2) には、レコードに関する情報が表示されます。たとえば、取引先責任者レコードの詳細ページには、名前、住所、所有者、取引先に加え、取引先責任者および他の関連レコードに関する情報を保存するためのその他の項目が表示されます。関連ページまたは詳細ページの項目のコンテンツを変更するには、[編集] (3) をクリックします。[詳細] ページ

ただし、[編集] ボタンではレコードの詳細に表示する項目の設定はできません。それについてはこれから確認しましょう。

レコード詳細の項目のカスタマイズ

レコードページの項目のカスタマイズは簡単で、わずかな操作で完了します。高度なページレイアウトエディタを使用して、Lightning Experience レコードページの項目と関連リストをカスタマイズできます。「高度な」と呼ばれているのは、以前のバージョンがあるためです。以降では単に「ページレイアウトエディタ」と呼びます。

ページレイアウトエディタには、画面上部のパレット (1) と画面下部のレコードのページレイアウト (2) の 2 つの部分があります。パレットには、項目、アクション、ボタン、リンク、関連リストなどの基本要素が含まれ、これらの要素をページに追加して配置できます。たとえるなら、上部はビュッフェの料理が並んでいるテーブル、下部は皿に取り合わせた料理のようなものです。

以下は、リードのページレイアウトエディタです。リードのページレイアウト

ここに、[強調表示パネル] セクションが表示されているのはなぜか、不思議に思ったかもしれません。前の単元で、コンパクトレイアウトで Lightning Experience レコードページの強調表示パネルを制御すると説明しているからです。それはそのとおりですが、一方で、このページレイアウトエディタの [強調表示パネル] セクションは、Salesforce Classic UI のページの強調表示パネルを制御します。Lightning Experience では使用しません。

それでは、ページレイアウトエディタのクイックツアーを開始しましょう。これからリードレコードの基本項目を追加および変更していきます。
  1. 最初に、リードのページレイアウトを見つけて開く必要があります。
    1. [設定] で [オブジェクトマネージャ] をクリックします。
    2. [リード] をクリックしてオブジェクトを開き、[ページレイアウト] をクリックします。
  2. [リードのレイアウト] をクリックします。

    リードのページレイアウトを開いたので、更新しましょう。Fax は現在ほとんど使用されていません。そこでこの項目を削除します。

  3. [Fax] 項目をページレイアウトからドラッグしてパレットに戻します。ページレイアウトの変更

    簡単でしょう。次に、営業担当が [携帯] 項目を空白のままにしないようにしましょう。これを必須項目にします。

  4. [携帯] 項目にマウスポインタを置いて、レンチアイコンをクリックします。レンチアイコン
  5. [必須] をクリックし、[OK] をクリックします。
  6. [適用] をクリックして、ページレイアウトエディタを閉じずに変更を保存します。
成功です。これで、コードを記述することなく、項目を削除して、別の項目を必須項目に登録できました。
メモ

メモ

一部の項目の表示ラベルの左にあるアイコンの意味は次のとおりです。

  • 項目に値がないアイコン- 項目にはレコードを保存するための値が必要ですが、ページレイアウト上にある必要はありません。
  • 項目は必須アイコン- 管理者が項目を必須と設定したか Salesforce がその項目を自動的に必須としているため、項目はページレイアウト上に置く必要があります。このような項目は削除できませんが、他の位置に移動することはできます。
  • 制御項目アイコン- 項目は制御項目です。
  • 連動項目アイコン- 項目は連動項目です。
  • 参照のみアイコン- 項目は参照のみです。

ページレイアウトを異なるユーザプロファイルに割り当てることができます。たとえば、カスタマイズしたページレイアウトをマネージャ用に作成して、標準ユーザ用に別のページレイアウトを作成できます。ページレイアウトの割り当てを変更するには、[ページレイアウトの割り当て] をクリックし、[割り当ての編集] をクリックします。

ページレイアウトの作成

Maria は、営業チーム専用の Energy Audit ページレイアウトを作成して、営業チームのユーザが Energy Audit レコードを表示したときに、必要な項目と関連リスト情報が表示されるようにしたいと考えています。

Energy Audit カスタムオブジェクトを作成すると、システムデフォルトの Energy Audit ページレイアウトも作成されます。現在、Energy Audit レコードを閲覧する組織のユーザすべてに対して、そのデフォルトレイアウトの情報が表示されます。Maria は、営業担当専用のレイアウトを作成することにしました。

それでは見てみましょう。

  1. [設定] で [オブジェクトマネージャ] をクリックします。
  2. [Energy Audit (エネルギー監査)] をクリックして、[ページレイアウト] をクリックします。

    説明したデフォルトの Energy Audit レイアウトが表示されています。

  3. [新規] をクリックします。

    ここでは 2 つのオプションがあります。ページレイアウトを最初から作成する方法と、既存のページレイアウトを選択してコピーする方法です。Maria はすでにある Energy Audit のレイアウトに手を加えたいため、デフォルトのレイアウトをコピーすることにします。

  4. [Energy Audit Layout (エネルギー監査レイアウト)] を選択します。
  5. 新しいレイアウトに「Energy Audit Sales Layout (エネルギー監査営業レイアウト)」と名前を付けます。
  6. [保存] をクリックします。
  7. [Energy Audit の詳細] セクションまでスクロールダウンします。

    ページレイアウトの項目詳細と、デフォルト設定の Energy Audit 項目の比較を次に示します。ページレイアウトと [詳細] セクション

    右側の列に項目がほとんどありません。また、項目の順序も改善の余地があります。これを修正しましょう。

  8. [Audit Notes (監査メモ)] と [Type of Installation (設置場所種別)] を右側の列の [所有者] の上に移動します。
  9. [取引先] を [Energy Audit Name (エネルギー監査名)] の下に移動します。

    カスタマイズした項目

  10. [適用] をクリックします。

    すばらしいですね。さて、まだできることがあります。Energy Audit はカスタムオブジェクトであるため、まだ関連リストがありません。追加しましょう。

  11. [関連リスト] セクションまでスクロールします。
  12. パレットで [関連リスト] をクリックして、[ファイル] 要素を [関連リスト] セクションにドラッグします。

    [ファイル] 関連リストを使用すると、Ursa Major Solar の営業担当がレコードにファイルを追加して、レコードに関連するファイルのリストを確認できるようになります。

  13. もう一度 [適用] をクリックして、[はい] をクリックします。

    これでページレイアウトは完成しましたが、まだ誰も表示することができない状態です。次は、プロファイルに適用しましょう。

プロファイルへのページレイアウトの割り当て

Maria は、Ursa Major Solar の営業担当に新しいページレイアウトを見てもらいたいと考えています。そのためには、営業チームのユーザプロファイルにページレイアウトを割り当てて、営業担当が Energy Audit レコードを表示したときに新しい項目のビューと関連リストが表示されるようにします。では始めましょう。

  1. まだ Energy Audit オブジェクトを開いていない場合は、[設定] から、[オブジェクトマネージャ] | [Energy Audit (エネルギー監査)] をクリックします。
  2. [ページレイアウト] をクリックして、[ページレイアウトの割り当て] をクリックします。
    プロファイルと、それぞれに割り当てられたページレイアウトのリストが表示されます。
  3. [割り当ての編集] をクリックします。
  4. [Custom: Sales Profile (カスタム: セールスプロファイル)] 行を選択します。
  5. [使用するページレイアウト] 項目で [Energy Audit Sales Layout (エネルギー監査営業レイアウト)] を選択します。
  6. [システム管理者] 行を選択します。

    Maria の場合は通常、[Custom: Sales Profile (カスタム: セールスプロファイル)] 行のみを選択しますが、ここではシステム管理者としてログインしているため、新しいページレイアウトの外観を確認するために [システム管理者] も選択します。

  7. [使用するページレイアウト] 項目で [Energy Audit Sales Layout (エネルギー監査営業レイアウト)] を選択して、[保存] をクリックします。
    結果を確認しましょう。
  8. アプリケーションランチャーから [Energy Audits (エネルギー監査)] を見つけて選択し、監査レコードを開きます。
    [詳細] タブを確認します。まとまって見やすくなっていることがわかります。
    変更前 変更後
    デフォルトレイアウトの [詳細] セクション 新しいレイアウトの [詳細] セクション

    また、[関連] タブをクリックすると、[ファイル] 関連リストが表示されて、ユーザがアップロードできるようになっています。

★ページレイアウトとページレイアウトエディタに慣れてきたところで、今度はユーザに必要な情報のみを表示するレイアウトを作成してみましょう。論理セクションにツールと項目を配置することで、ユーザはビジネスにとって重要なデータを容易に保存および管理できます。