進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

クイックアクションによるユーザ操作の強化

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • アクションがユーザにどう役立つかを説明する。
  • オブジェクト固有のアクションとグローバルアクションの違いを説明する。
  • アクションを作成してページレイアウトに追加する。

クイックアクション

「人はその行動 (アクション) で決まる」とよく言われます。これは Salesforce にも当てはまります。カスタマイズされた、優れたアクションを利用できれば、ユーザはよい印象を抱くでしょう。

アクションを使用すると、ユーザは、レコードの作成、活動の記録、メールの送信など、さまざまな操作をすばやく実行できます。カスタムアクションを使用してユーザが最も重要な情報にすばやくアクセスできるようにすることで、ユーザの操作やワークフローがスムーズになります。

ヒント

ヒント

作成するアクションを検討するときには、操作に対するユーザの希望を確認します。たとえば、食品サービス会社の場合、配送ドライバーが食品の追加注文や欠品補充注文をすぐに行えるようにする Emergency Order (緊急注文) アクションを作成できます。ユーザが必要とするアクションを作成することで組織での利用が促進され、ユーザにも喜ばれます。

これまでの単元では、オブジェクトページレイアウトのアクションセクションを扱いました。この単元では、ページレイアウトのこれらの領域について詳しく説明し、アクションによって Salesforce がどのように便利になるかを紹介します。

クイックアクションには 2 種類あります。
オブジェクト固有のアクション
オブジェクト固有のアクションでは、他のレコードとの自動的な関連付けが行われ、ユーザはレコードの作成または更新、活動の記録、メールの送信などの操作を特定のオブジェクトのコンテキストですばやく行うことができます。たとえば、取引先オブジェクトにオブジェクト固有のアクションを追加して、取引先責任者を作成できるようにします。ユーザが、そのアクションで Acme 取引先の詳細ページに取引先責任者を作成すると、新しい取引先責任者は Acme と関連付けられます。オブジェクト固有のアクションは、そのオブジェクトのページレイアウトでのみ有効です。
オブジェクト固有のアクションには複数のタイプがあります。
  • オブジェクト固有の作成アクションでは、レコードが作成されて関連レコードに自動的に関連付けられます。
  • オブジェクト固有の [レコードを更新] アクションでは、ユーザが簡単にレコードを編集できます。更新が可能な項目を定義できます。
  • オブジェクト固有の活動の記録アクションでは、ユーザは特定のレコードに関連する通話、会議、その他のやりとりに関するメモを入力できます。
  • オブジェクト固有のカスタムアクションで Lightning コンポーネント、フロー、Visualforce ページ、またはキャンバスアプリケーションを呼び出すことで、オブジェクトレコードにリレーションを持つレコードをユーザが操作または作成できます。Visualforce を知らなくても心配いりません。詳細は、別のモジュールで学習できます。今のところは、Visualforce ページでアクションを高度にカスタマイズできるという点を覚えておいてください。
  • ケースでのみ使用できるオブジェクト固有の [メールを送信] アクションにより、ユーザは Salesforce モバイルアプリケーションでケースフィードの [メール] アクション (簡易版) にアクセスできます。ケース固有の [メールを送信] アクションは、Salesforce Classic、Lightning Experience、および Salesforce モバイルアプリケーションで使用できます。
グローバルアクション
グローバルアクションも [設定] から作成しますが、オブジェクト固有のアクションを作成したときとは場所が異なります。グローバルアクションと呼ばれる理由は、アクションがサポートされる場所であればどこにでも配置できるためです。ユーザはグローバルアクションを使用して、ページを移動することなく、活動の詳細の記録、レコードの作成または更新、メールの送信を行うことができます。

グローバルアクションは、独自の特別なレイアウト (グローバルパブリッシャーレイアウト) で有効になります。このレイアウトはオブジェクトに関連付けられず、Lightning Experience でグローバルアクションメニューに表示されます。ユーザは Salesforce ヘッダーの グローバルアクションメニューアイコン をクリックしてグローバルアクションメニューにアクセスできます。

オブジェクトページレイアウトにカスタマイズされたアクションがない場合、それらのオブジェクトレコードページのアクションが、グローバルパブリッシャーレイアウトから継承されます。

これらの 2 種類のほかにもアクションがありますが、それらの一部はカスタマイズできません。この単元では、オブジェクト固有のアクションとグローバルアクションのみを扱います。

メモ

メモ

Salesforce ではアクションが「クイックアクション」と呼ばれる場合があります。その名のとおり、アクションをすばやく実行できるため、ユーザに喜ばれるでしょう。この「クイック」はただのカテゴリであり、アクションがオブジェクト固有のアクションかグローバルアクションで、他の種類の Salesforce アクションではないことを示しています。

オブジェクト固有のアクションの作成

Maria は、ユーザがエネルギー監査レコードを簡単に作成できるようにしたいと考えています。そこで、ユーザが取引先レコードから直接エネルギー監査レコードを作成できるように、オブジェクト固有のアクションを作成します。オブジェクト固有のアクションを使用するため、新しい監査レコードは作成元の取引先に直接関連付けられます。

エネルギー監査レコードの強調表示パネルには、すでにいくつかのアクションがあります。それらは、デフォルトのグローバルパブリッシャーレイアウトから生成されたデフォルトアクションです。新しいオブジェクト固有のアクションを作成し、取引先ページレイアウトに追加して、取引先レコードでユーザに表示するアクションをカスタマイズします。

  1. [設定] で [オブジェクトマネージャ] をクリックして、[取引先] をクリックします。
  2. [ボタン、リンク、およびアクション] をクリックして、[新規アクション] をクリックします。
  3. このアクションは監査レコードの作成に必要であるため、[レコードを作成] アクション種別を選択します。
  4. 対象オブジェクトとして [Energy Audit (エネルギー監査)] を選択します。これは、アクションが作成するレコードタイプを示します。
  5. [表示ラベル] に「New Energy Audit」 (新規エネルギー監査) と入力してアクションに名前を付けます。これは、アクションについてユーザに表示されるテキストです。
  6. [保存] をクリックします。
アクションを作成したら、アクションレイアウトエディタを使用してそのレイアウトをカスタマイズできます。これは、アクションのページレイアウトエディタのようなものです。アクションレイアウトエディタを使用して、アクションを完了するためにユーザに入力を求める項目をカスタマイズできます。

ページレイアウトエディタと同様、アクションレイアウトエディタは上部にパレットがあり、その下にアクションレイアウトがあります。パレットに含まれるのは、アクションの対象オブジェクトからアクションレイアウトに追加可能な項目です。

アクションレイアウトエディタ

このアクションレイアウトの各項目には、必須項目であることを示す赤いアスタリスクが表示されます。アクション作成時、必須項目はデフォルトでアクションレイアウトに追加されます。必須項目をアクションレイアウトから削除すると、ユーザはアクションを正常に完了できません。この事例の場合、ユーザはエネルギー監査レコードを作成できません。

[Audit Notes (監査メモ)] と [Type of Installation (設置場所種別)] は、監査レコード作成後に入力する可能性のある項目です。そのため、これらの項目はそのままにして次のステップに進み、ユーザがアクションを使用できるようにしましょう。

ページレイアウトへのオブジェクト固有のアクション追加

New Energy Audit アクションをユーザが取引先レコードで使用できるようにするために、Maria は取引先ページレイアウトにアクションを追加する必要があります。

  1. [ページレイアウト] をクリックします。
  2. [Account Layout (取引先レイアウト)] をクリックします。

    ページレイアウトには 2 つのアクションセクションがあります。[Salesforce Classic のパブリッシャーのクイックアクション] セクションでは、Salesforce Classic UI のレコードページに表示するアクションを制御します。[Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションでは、Lightning Experience と Salesforce モバイルアプリケーションのレコードページで表示するアクションを制御します。

    メモ

    メモ

    ページレイアウトのアクションセクションをカスタマイズしない場合は、Salesforce アプリケーションや Lightning Experience に、Salesforce が定義したデフォルトのアクションセットが表示されます。

  3. [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションで、グローバルパブリッシャーレイアウトの上書き をクリックしてデフォルトを上書きします。

    デフォルトを上書きしたときに表示されるアクションは、オブジェクトのデフォルトアクションと、ページレイアウトのカスタムおよび標準ボタンの組み合わせです。

    [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションをカスタマイズしていない場合、オブジェクトの Lightning ページはレイアウトの各ボタンセクションからカスタムおよび標準ボタンを取得して、ページに表示します。ただし、デフォルトを上書きした場合は、Lightning ページに表示するすべての標準およびカスタムボタンを、[Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションにアクションとして含める必要があります。

  4. パレットで [Salesforce モバイルおよび Lightning のアクション] を選択し、[New Energy Audit (新規エネルギー監査)] アクションを [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションにドラッグします。アクションの追加
    ヒント

    ヒント

    アクションをドラッグして、アクションの順序を調整できます。

  5. 少し整理しましょう。次のアクションをレイアウトからドラッグしてパレットに戻します。
    • 感謝
    • 質問
    • 共有
    • レコードタイプを変更
    • 取引先責任者を取得
    • テキストを送信
  6. [保存] をクリックします。

できました! これで、ユーザは自動的に取引先に関連付けられるエネルギー監査レコードを簡単に作成できます。Maria のシステムのユーザには、ページレベルのアクションメニューで新しいアクションが表示されます。詳しく見てみましょう。

アクションメニューのアクションは、ページレイアウトにリストされている順序で表示されます。たとえば、[New Energy Audit (新規エネルギー監査)] アクションが含まれる次のページレイアウトは...アクションリスト取引先レコードで次のように表示されます...アクション
メモ

メモ

[メール]、[活動の記録]、[新規行動]、[新規 ToDo] はアクションですが、ここには表示されません。これらは活動に関連付けられているため、[活動] タブに表示されます。投稿やアンケートなど、標準の Chatter アクションは、Chatter タブに表示されます。

グローバルアクションの作成

Maria は、ユーザが Salesforce のどこからでもキャンペーンを作成できるようにアクションを作成してほしいと営業チームから依頼されました。これにはグローバルアクションが適しています。グローバルアクションメニューであれば、すべてのページの上部に表示されます。

グローバルアクションの作成は、[設定] の別のページから開始する点を除き、オブジェクト固有のアクションの作成によく似ています。
  1. [設定] で [ホーム] タブをクリックします。
  2. [クイック検索] ボックスに「グローバルアクション」と入力し、[グローバルアクション] をクリックします。
  3. [新規アクション] をクリックします。
  4. アクション種別で [レコードを作成] を選択します。
  5. 対象オブジェクトで [キャンペーン] を選択します。
  6. アクションの表示ラベルとして「New campaign」 (新規キャンペーン) と入力します。

    New campaign アクションの作成

  7. [保存] をクリックします。
  8. アクションレイアウトで [親キャンペーン] 項目を削除して、[キャンペーンの期待収益] と [キャンペーン所有者] 項目を追加します。

    New campaign アクションレイアウト

  9. [保存] をクリックします。

グローバルアクションメニューへのグローバルアクションの追加

以前の単元で説明したとおり、グローバルアクションは、グローバルパブリッシャーレイアウトという独自の特別なレイアウトで使用できます。グローバルパブリッシャーレイアウトはグローバルアクションメニューに表示されます。

グローバルアクションメニューにアクションを追加する操作は、レコードページの場合とよく似ています。パレットからグローバルパブリッシャーレイアウトにアクションをドラッグするだけです。
  1. [設定] の現在のページから [パブリッシャーレイアウト] をクリックします。
  2. グローバルレイアウトの横にある [編集] をクリックします。
  3. [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションをカスタマイズしていない場合、グローバルパブリッシャーレイアウトの上書き をクリックして上書きします。
  4. パレットの [モバイルおよび Lightning のアクション] カテゴリをクリックします。
  5. [New Campaign (新規キャンペーン)] をパレットから [Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション] セクションにドラッグして、レイアウトを保存します。
  6. ブラウザを更新して、グローバルアクションメニューアイコン をクリックしてグローバルアクションメニューを確認します。

    グローバルアクションメニュー

New Campaign アクションが表示されています。成功です。これで、Ursa Major Solar のすべてのユーザが新しいキャンペーンを作成できます。