Skip to main content

第 4 次産業革命の概要

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 産業革命という言葉を定義する。
  • 第 3 次までの産業革命についてそれぞれ説明する。
  • 各産業革命が社会に与えた影響について説明する。

蒸気機関、科学、デジタルテクノロジーの共通点とは?

これらは近代/現代社会を変革した第 1 次から第 3 次までの産業革命です。蒸気機関、科学と大量生産の時代、デジタルテクノロジーの勃興という、これら 3 つの進歩によって、私たちを取り巻く世界は根底から変化しました。

そして今、4 回目の産業革命が起こりつつあります。

私たちの誰もが、この第 4 次産業革命のはじまりに目を向けています。今回の革命の原動力となっているのは、クラウド、ソーシャル、モバイル、モノのインターネット (IoT)、人工知能 (AI)、そしてコンピューティング性能の向上とデータの増加です。

説明すべきことが山ほどあります。というわけで、このトレイルを作成しました。私たちはこれまでどのような状況にあり、次にどこへ向かうのか、それがどのような意味を持つのかを理解できるようにします。

第 4 次産業革命の詳細に入る前に、いくつか基本情報を確認しましょう。まず、産業革命という言葉を定義します。

産業革命は「あの」1 回だけ?

おそらく、思い出すのは歴史の授業で教わった産業革命でしょう。蒸気機関や工場で欧米の経済や社会の環境がどう変わったか説明を聞いたはずです。しかし、産業革命は 1 回だけではないのです。

官民協力のための国際組織である、世界経済フォーラムの創設者、クラウス・シュワブ氏はその著書『第四次産業革命 ダボス会議が予測する未来』で、歴史上、4 つの異なる産業革命の時代があると断言しています。その中には、現在、始まっているものも含まれます。シュワブ氏は、産業革命を「経済や社会の構造に根本的な変化を引き起こす、新たなテクノロジーと新たな世界の認知方法」の出現であると説明しています。

最初の蒸気動力によるものが第 1 次産業革命です。その後に、科学と大量生産の時代、デジタル革命と続きます。そして現在、劇的なテクノロジーの発展と社会の変化という次のフェーズ、つまり第 4 次産業革命が始まったところです。

安心してください。それぞれについてはこの後もう少し詳しく説明します。

第 1 次産業革命: 機械生産の時代

今だからわかることですが、水を熱すると蒸気になります。1760 年代初頭には、蒸気機関の出現によって、蒸気は農業から紡績まであらゆるものを動かしていました。

当時はほとんどが農業社会であり、人々は農耕を中心とした生活を送っていました。しかし蒸気動力により、こうした農業社会は都市化せざるを得なくなりました。世界が蒸気動力と機械に依存し始めると同時に、蒸気船と鉄道は人々の移動方法を激変させました。そして、こうした地域生活の新たな中心となったのが、工場です。

[蒸気動力が第 1 次産業革命をどう促進したかを示す一例が蒸気機関車です]

ただし、工場労働は厳しいものでした。技術のない工場労働者は低賃金で、なり手はいくらでもいました。長時間労働を強いられ、多くは危険な環境でした。子供でさえ、工場で大人と一緒に 14 時間交替で働きました。こうした状況が 20 世紀になるまで続いたのです。

結果的に産業化が進み、熟練労働者による中産階級が生まれました。都市と産業はかつてない速度で成長し、それに伴い経済も成長しました。

第 2 次産業革命: 科学と大量生産の時代

いくつかの主要な発明によって、状況が加速し始めました。たとえば、ガソリンエンジン、飛行機、化学肥料などです。どの発明も、より遠くに移動し、より多くを生産するのに役立ちました。

これが科学です。うまくいっています。

科学の進歩が実験室内に留まることはなく、科学原理が直接工場に導入されました。特筆すべきは組み立てラインで、大量生産に大きく寄与しました。20 世紀初頭までに、ヘンリー・フォードのフォード・モーター社では、工場の組み立てラインで画期的なガソリンエンジン車、T型フォードを大量生産していました。

[組み立てラインによって工場での雇用が生まれ、大量生産が加速しました]

人々は仕事のあるところに移動しました。1900 年代初めには地方出身の労働者が工場での仕事を求めて都市部に移り住みました。1800 年にはわずか 6% だった米国の都市部の人口は、1900 年までに 40% に達しました。都市化の進展に伴い、電灯、ラジオ、電話などの発明が人々の生活や通信方法を変革しました。

考えてみると、現代世界の先がけとなったのはこの第 2 次産業革命でした。

第 3 次産業革命: デジタル革命

これを読んでいる皆さんは、今まさにデジタル革命による奇跡を体験しています。クラウドとインターネットの恩恵を受け、何らかの便利なデバイスを利用してその両方にアクセスできます。このテキストさえスマートフォンで読むことができます。

こんにちは。デジタル革命へようこそ。

1950 年代に始まった第 3 次産業革命は、半導体、メインフレームコンピューティング、パーソナルコンピューティング、インターネット、つまりデジタル革命をもたらしました。かつてはアナログだったものがデジタルテクノロジーに移行し、アンテナ (アナログ) を使用して選局していた古いテレビは、映画のストリーミングができるインターネット接続のタブレット (デジタル) に置き換わりました。

アナログの電気および機械装置から、いつでもどこでも利用できるデジタルテクノロジーへの移行により、業界、とりわけグローバルコミュニケーションおよびエネルギー業界には劇的で破壊的な影響がありました。電子機器と IT により生産の自動化がはじまり、サプライチェーンがグローバル化されました。

[マザーボードはパーソナルコンピューターの主回路基板 — 第 3 次産業革命の主要な進歩の 1 つです]

第 4 次産業革命: 始まったばかり!

第 1 次から第 3 次までの産業革命はそれぞれ、根本的な変化を表しています。それは大規模な社会の変革です。機械生産の導入により、生活の中心は農場から工場になり、人々は田舎から街へと移り住みました。電気の発見と大量生産によって人々の暮らし方や働き方は根底から変わりました。最近で言えば、デジタル革命がほぼすべての業界を変え、ふたたび人々の生活、労働、コミュニケーションの方法が変化しました。

私たちは今、どこにいるのでしょうか? 現時点では、1950 年代や1960 年代の人々が夢見ていたテクノロジーの多くは現実になっています。空飛ぶ自動車はまだですが、ロボットはあります! さらに、ゲノム編集、人工知能、超小型センサー、3D プリントをはじめ、多くのテクノロジーがあります。こうしたテクノロジーのいくつかを組み合わせたらどうなるでしょう? そのイノベーションは予想できない驚きだとだけ言っておきましょう。

これは次の偉大な産業革命、第 4 次産業革命のはじまりです。では、次に進みましょう。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる