AppExchange 製品ライフサイクルについて

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • アプリケーションとは何かを定義する。
  • Lightning コンポーネントとは何かを定義する。
  • AppExchange 製品ライフサイクルの 6 つのフェーズを挙げる。
  • AppExchange 製品ライフサイクルの各フェーズで行われる内容を説明する。

AppExchange 製品ライフサイクルの概要

AppExchange パートナープログラムでは、AppExchange パートナーがアイデアをかたちにしてマーケットプレイスに出すまでの行程がサポートされますが、その行程とはどのようなものなのでしょうか。この単元では、AppExchange 製品ライフサイクルの 6 つのフェーズを紹介します。この開発モデルが成功にどう役立つかも学習します。まずは、Salesforce Platform を使用して開発、販売できるもの、つまり、アプリケーションLightning コンポーネントBolt ソリューションLightning Data ソリューションフローについて説明しましょう。

アプリケーションとは?

アプリケーションはビジネスの問題を解決します。Salesforce をカスタマイズして、仕事をスピードアップしたり、作業を実行しやすくしたりした場合も、知らずにアプリケーションを作成していることになります。AppExchange パートナーにとってのアプリケーションは、他のユーザに配布できる Salesforce Platform のカスタマイズと考えてください。アプリケーションには、次のようなものが含まれます。

  • 標準オブジェクトのカスタム項目
  • ページレイアウト
  • リストビュー
  • ワークフロー
  • Visualforce ページ
  • Apex コード

アプリケーションに含めることができる要素の完全なリストは、『ISVforce ガイド』を参照してください。次は、Lightning コンポーネントについて説明しましょう。

Lightning コンポーネントとは?

Lightning コンポーネントは、アプリケーションのビルディングブロックです。自己完結型で再利用可能なこのコンポーネントを使用すると、Salesforce ユーザは Lightning アプリケーションビルダーという直観的なドラッグアンドドロップインターフェースを使用してビジネスの問題へのソリューションを設計できます。それでは、AppExchange パートナーが開発したコンポーネントを使用して、ユーザがどのようにビジネスの問題を解決できるか、簡単な例を見てみましょう。

たとえば、ある Salesforce システム管理者は、ユーザが Salesforce モバイルアプリケーションでテクノロジニュースを読めるようにしようと考えています。そこで、ソリューションをゼロから作成するのではなく、Lightning コンポーネントを活用することにします。つまり、Salesforce の事前構築されたコンポーネント (1) と、AppExchange パートナーが AppExchange で提供するコンポーネント (2) です。システム管理者は Lightning アプリケーションビルダーキャンバス (3) でテクノロジニュースフィードにプラグインできるアプリケーションを作成します。

Lightning アプリケーションビルダーキャンバスのビュー

システム管理者は、コードを 1 行も書かずにユーザが最新のテクノロジニュースをいつでも読めるようにしました。しかも、アプリケーションを簡単に作成できました。これも、大半は AppExchange パートナーのおかげです。

完成したモバイルアプリケーションのビュー

Bolt ソリューションとは?

Lightning Bolt ソリューションは、これまでよりはるかに少ない投資で、短期間で立ち上げることができるコミュニティソリューションテンプレートです。Lightning Bolt ソリューションには、ブランド化およびカスタマイズされたコミュニティ、プロセスフロー、Lightning コンポーネント、アプリケーションが含まれており、すべて Salesforce Platform および CRM にシームレスに統合されます。 

Lightning Data ソリューションとは?

Salesforce Platform には、Lightning Data Engine と呼ばれる強力で柔軟性に優れた機能セットが組み込まれおり、高度な一致アルゴリズムと機械学習を使用して、信頼できるサードパーティソースの戦略データやインサイトの実装と配信を容易にします。何よりも、シームレスなインテグレーションにより、継続的なメンテナンスは最小限で済み、データをあらゆるデバイスですぐに利用可能にでき、IT 部門が関わる必要もありません。

プラットフォームの組み込み機能を使用するだけで情報を配信することができ、データプロバイダとして独自のカスタムデータ照合、追加、エンリッチメントサービスを構築する必要はありません。もちろん、追加の機能を提供したい場合は、すべてのアプリケーションパートナーが利用できる同じツールとテクノロジを使用して提供することができます。

AppExchange とは?

AppExchange は、Salesforce ユーザが ISV の開発した素晴らしいアプリケーション、Lightning コンポーネント、その他のソリューションを発見する場です。世界ナンバーワンのビジネスアプリケーションマーケットプレイスであるとともに、AppExchange パートナープログラムが活況を呈している主な理由でもあります。Salesforce のお客様の 75% 以上が AppExchange から入手したアプリケーションをインストールしています。AppExchange がユーザから気に入られているのには、次の理由があります。

  • あらゆる業種と予算に合った製品やサービスを提供している。
  • 購入前の試用がしやすい。
  • Salesforce のセキュリティチームがすべての製品やサービスを包括的に評価している。
  • 洗練されたモバイル対応ユーザインターフェースにより、どのデバイスでも簡単に閲覧や検索ができる。

AppExchange パートナープログラムに参加すると、こうしたリレーションに加わることになります。ソリューションを配布する準備ができたら、Salesforce の公開ツールを使用して簡単にリストを数百万ものユーザに公開できます。AppExchange をこれまで使用したことがない場合は、ぜひ探索してみてください。サイトを閲覧し、デモ動画を見れば、なぜこれが AppExchange パートナーにとって貴重なアセットなのかをきっとご理解いただけるでしょう。

AppExchange 製品ライフサイクルのフェーズ

前の例では、システム管理者が Lightning コンポーネントを使用して最新テクノロジニュースを取得するアプリケーションを作成する方法を確認しました。しかし、他にも説明が必要な部分があります。コンポーネントはどこで作成され、どのように AppExchange にリストされたのか、それをシステム管理者はどのように知ったのか、アプリケーションは無料なのか、ライセンスが必要なのか、などです。このような疑問を解消するには、AppExchange 製品ライフサイクルについて理解する必要があります。AppExchange 製品ライフサイクルとは、適切な製品を構築していることの確認から、発売後のサポートまでのすべてに使用するロードマップです。AppExchange 製品ライフサイクルには、計画 (1)、構築 (2)、配布 (3)、マーケティング (4)、販売 (5)、サポート (6) というフェーズがあります。

AppExchange 製品ライフサイクルの図

フェーズ 1: 計画

計画は AppExchange 製品ライフサイクルで最も重要なフェーズです。その理由を理解するには、自動車での全国縦断旅行を考えてみてください。いきなり車に飛び乗って出発するでしょうか? おそらく無理でしょう。ルートや宿泊地などの計画を立てるはずです。それと同様に、AppExchange パートナーシップの成功にもまずしっかりとした計画が必要です。たとえば、次のような項目を考慮します。

  • 対象利用者の構成は? 大企業顧客を対象とするか? 中規模の企業は? 小規模の企業は?
  • ビジネス戦略は? ビジネスを成功させるために、いつどれだけ販売する必要があるか?
  • サポートする Salesforce のエディションは? Professional Edition、Enterprise Edition、Unlimited Edition など。
  • 使用するライセンスの種類は? CRM、Platform、Communities を選択できます。
  • スタッフには Salesforce Platform のスキルがあるか? ない場合は、Trailhead のようなリソースを利用してスキルを身に付けます。
  • 製品やサービスが安全であることを保証するための戦略は?

計画を作成して守ることで、チームが成功に向けて進めるようになります。このフェーズで、Salesforce は ISV のチームが認定開発者になるために役立つトレーニングをサポートしています。また、Salesforce のしくみを直接体験しながら学べるテスト組織を ISV パートナーが作成できるようにしています。

フェーズ 2: 構築

このフェーズでは、クリック操作またはコードでソリューションを作成します。作成できたら、テストして優れたユーザエクスペリエンスが提供されることを確認します。まず、AppExchange パートナー専用にカスタマイズされた開発およびテスト環境を設定します。開発環境では設計を実装するのに対し、テスト環境ではすべてが計画どおりに動作することを検証します。Salesforce DX は新しい開発者環境です。Salesforce DX についてまだ学習していない場合は、「Salesforce DX の使用開始」トレイルを完了してください。このトレイルでは、Salesforce DX を構成するツールと手法について学習します。このフェーズで、Salesforce はアジャイル方式などのソフトウェア開発ベストプラクティスに関するトレーニングをサポートしています。

技術チームが開発に尽力している間に、ビジネスチームは市場開拓戦略を作成します。この戦略には、マーケティング、営業、サポートのための計画が含まれます。

フェーズ 3: 配布

いよいよソリューションを顧客にリリースします。まず、機能をパッケージ化して、AppExchange にアップロードします。次に、AppExchange リストを作成して、製品やサービスの最終レビューを完了できるようにします。Salesforce は、ソリューションの包括的なセキュリティレビューの実施をサポートしています。

フェーズ 4: マーケティング

このフェーズでは、顧客がソリューションに関心を持つように働きかけます。対象利用者にリーチアウトし、パートナーイベントにおいてマーケティングの機会を活用し、顧客を刺激するように AppExchange リストを最適化します。Salesforce は、パートナーマーケティングチームによる業界のベストプラクティスや売上上位の AppExchange パートナーが得た教訓などを含むトレーニングをサポートしています。

フェーズ 5: 販売

ここでの目標は、リードを購入客に変換することです。実働する営業チームを結成し、リードを効率的に評価し、見込み客向けに魅力あるデモを実施する必要があります。ソリューションで市場への足がかりがつかめれば、パイプラインを太くし、更新を管理することができます。Salesforce は、パートナー取引先マネージャ、Salesforce のダイレクトセールスチーム、および売上上位の AppExchange パートナーによるトレーニングをサポートしています。

フェーズ 6: サポート

ソリューションで継続的な顧客の成功を促進します。カスタマーサクセスプランを作成して実装し、サポートやトラブルシューティング支援を提供し、パッチとアップグレードでソリューションを改善します。Salesforce は顧客をサポートするパートナーをサポートします。Salesforce には、顧客によるソリューションの使用状況を調べるツールがあり、問題が発生している顧客にパートナーがハンズオンヘルプを提供できるようにしています。

ライフサイクルが完了したら、プロセスを繰り返します。新機能の計画と作成、更新の配布、新機能の販売とマーケティング、サポートチームのトレーニングを行います。

リソース