トライアルの提供

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 無料トライアルのリリース方法を挙げる。
  • サインアップ要求を作成する方法を説明する。
  • ホスト型トライアルの利点を説明する。

Trialforce の提供方法の選択

あなたは、すべての人に最高の製品を見せるために Trialforce を選択しました。時間をかけて没入型エクスペリエンスを作成し、テンプレートにパッケージ化しました。いよいよ世界に向けてトライアルの提供を始めます。提供するには、3 つの方法があります。実行できる操作は、次のとおりです。

  • AppExchange に無料トライアルを掲載し、見込み客が直接ダウンロードできるようにする。
  • 見込み客からの要求に応じてトライアルを提供する。
  • カスタマイズした Web フォームを設定してオンデマンドのホスト型トライアルを提供する。

選択肢としては、AppExchange が最も簡単な方法です。他の 2 つでは見込み客とやりとりできます。最も簡単な方法から始めましょう。

トライアルを AppExchange に掲載する

すでに述べたとおり、これは最も簡単な方法ですが、同時に最も制限のある方法でもあります。たとえば、一時点で 1 つの Trialforce テンプレートしか提供できません。また、サインアップ要求を利用できません。これは、リードに関する詳細な情報を収集できる有益な機能です。詳細は後で説明します。テンプレートが 1 つしかなく、トライアルを提供したい場合は、この方法で実現できます。

トライアルを使用できるようにするには、AppExchange リストから Trialforce を有効にします。そのためには、Trialforce テンプレートを AppExchange リストにリンクします。

  1. Salesforce パートナーコミュニティにログインします。
  2. 公開コンソールで、[リスト] をクリックします。
  3. リストを見つけ、クリックします。
  4. [トライアル] タブで、[無料トライアル組織を提供] を選択し、[テンプレートを変更] をクリックします。 リストで [無料トライアル組織を提供] を選択
  5. 画面の指示に従って、トライアルテンプレートをリストに追加します。
  6. [保存] をクリックします。

これで、顧客がリストにアクセスすると、無料トライアルのアプリケーションをインストールするオプションが表示されるようになります。
[新しい無料トライアルにインストール] ボタン

AppExchange でトライアルを開始する見込み客の取引先責任者情報を収集します。契約条件とマスターサブスクリプション契約への同意を求めます。この情報を提供した見込み客にはそれぞれ、トライアル組織へのリンクが記載されたメールが送信されます。あなたが Trialforce 管理組織を使用してメールにブランドを設定した場合、メールの送信者はあなたになります。

すでに説明したように、Trialforce 組織は完全に機能する Salesforce 組織です。見込み客はトライアルの期間中、アプリケーションを使用し、適当と思われる追加のアプリケーションをインストールできます。

他の 2 つの方法では、トライアルを提供する前に見込み客から情報を収集する必要があります。この情報は、サインアップ要求によって収集されます。

サインアップ要求によるトライアルの提供

複数のテンプレートがある場合、または、トライアルを提供する前に見込み客からより多くの情報を収集する場合、サインアップ要求を使用すると、カスタマイズしたトライアルを提供しやすくなります。

サインアップ要求は、Trialforce テンプレートを使用してトライアルを生成するために使用される標準オブジェクトです。各サインアップ要求には、見込み客と関連付けられたテンプレートに関する基本的な情報が保持されます。新しいパートナービジネス組織には、あらかじめサインアップ要求機能がインストールされています。パートナービジネス組織にこの機能がない場合は、サポートケースをオープンして要求することができます。

サインアップ要求オブジェクトは、新規レコードを入力して手動で作成することも、サインアップ要求 API を介して自動作成することもできます。ここでは、両方の方法をみていきます。

メモ

メモ

サインアップ要求機能を使用する前に、テンプレートの作成に使用する Trialforce ソース組織 (TSO) の使用が承認されている必要があります。承認を取得するには、新しいサポートケースを作成します。

サインアップ要求オブジェクトには、見込み客に関する必須情報 (氏名、会社、メール、トライアルユーザ名) が含まれます。トライアルに使用する Trialforce テンプレートも識別します。各サインアップ要求には、トライアルの状況とプロビジョニングに関する履歴情報も含まれます。

これは通常の Salesforce オブジェクトなので、見込み客からの追加情報を取得するカスタム項目を作成できます。ビジネスプロセスに合った入力規則やワークフローを追加することもできます。

サインアップ要求オブジェクトと履歴

要求に応じたトライアルの提供

場合によっては、トライアルを提供する前に、見込み客の評価、取引先責任者情報の確認、ニーズに関する聞き取りなど、見込み客とやりとりすることがあります。

トライアルを提供する前に見込み客と話す場合は、次の手順を実行します。

  1. Salesforce パートナーコミュニティにログインします。
  2. 公開コンソールで、[リスト] をクリックします。
  3. 各自のリストをクリックします。
  4. [アプリケーション] をクリックし、[顧客がアプリケーションをインストールする方法] の下で [インストール支援のために、あなたの会社へ連絡をさせるようにする] を選択します。リストページ: 要求に応じてトライアルを提供するための設定

AppExchange リストで見込み客に無料トライアルボタンへのリンクが表示されます。見込み客がリンクをクリックすると、取引先責任者情報の提供を促されます。入力すると、あなたにメールが届きます。見込み客に連絡して、ニーズについて話し合ったり、情報を確認したりできます。その後、サインアップ要求レコードを追加して見込み客用のトライアルを作成します。

新しいサインアップ要求レコードを作成する手順は、次のとおりです。

  1. Salesforce Classic で、[サインアップ要求] をクリックします。
  2. [新規] をクリックします。
  3. 見込み客の会社を選択するか、会社がリストにない場合は、名前を入力します。
  4. 見込み客の名と姓を入力します。
  5. Salesforce 内で一意のユーザ名を選択します。これは、見込み客のメールアドレスが別の組織ですでに使用されているかどうかを調べるのが難しいためです。すべての Salesforce ユーザ名と同様に、有効なメール形式にする必要がありますたとえば、見込み客の名前が Pat Jones で、あなたの会社名が AcmeApps の場合、Pat_Jones@AcmeApps.Demo.Org のような名前を使用してください。Salesforce のどこかに存在する名前を選択すると、サインアップ要求履歴にエラーが表示されます。 要求によって入力された [サインアップ要求] フォーム
  6. トライアルのテンプレートを選択します。作成したすべてのテンプレートに一意の ID があります。テンプレートの ID は Trialforce ソース組織 (TSO) で見つけることができます。
    1. 別のブラウザウィンドウまたはタブで、TSO にログインします。
    2. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「Trialforce」と入力し、[Trialforce テンプレート] を選択します。 [Trialforce テンプレート] ページからテンプレート ID をコピー
    3. 使用するテンプレートの ID を、別のウィンドウの [サインアップ要求] ダイアログボックスの [テンプレート] 項目にコピーします。

見込み客に表示する前に Trialforce 組織の設定で特別な処理が必要な場合は、[サインアップメールを抑制] を選択します。これにより、Trialforce が自動的にメールを送信するのを停止して、設定が終わったら見込み客に連絡できます。

詳細な制御ができるため、この方法は内部ユーザ向けのデモ組織を作成するのに適した方法です。アウトバウンドセールスの一部として使用して、要求されていないトライアルを見込み客に提供することもできます。

無料トライアルへのすべての要求に答える場合、多くの制御が可能ですが、多くの時間も必要です。多くの顧客がいる場合、この方法は慎重に使用してください。また、要求は必ず迅速にフォローアップしてください。

オンデマンドのホスト型トライアル

カスタマイズと自動化の両方が必要な場合は、ホスト型トライアルを提供します。これは、独自の Web サイトからリリースするトライアルです。

  1. Salesforce パートナーコミュニティにログインします。
  2. [公開中] ページで、[リスト] をクリックします。
  3. 各自のリストをクリックします。
  4. [アプリケーション] をクリックし、[顧客がアプリケーションをインストールする方法] の下で [Web サイトから] を選択します。
  5. Web サイトの URL を指定します。
  6. [保存] をクリックします。

次に、独自のサイトに Web フォームを追加します。見込み客は、このフォームに入力して無料トライアルを要求します。その要求は API コールを使用してサインアップ要求レコードを生成します。このレコードによってその見込み客のトライアルが作成されます。パラメータとエラーコードのリストについては、サインアップ要求オブジェクトの開発者ドキュメントを参照してください

Web フォームを作成するには、従来の HTML フォームを使用できます。テンプレート ID に対応したユーザにわかりやすいテンプレート名を表示する選択リストを作成できます。これにより、見込み客は独自のエクスペリエンスを選択できます。

フォームを作成するとき、Salesforce マスターサブスクリプション契約へのリンクと、見込み客がその条件に同意するためのチェックボックスを含めます。

カスタム項目をフォームに追加して他の情報を収集することもできますが、フォームは簡潔に保ちましょう。大切なのは見込み客に最後まで入力してもらうことです。Web フォームにはサインアップ要求オブジェクトと同じ項目を含める必要があるため、一致することを確認します。

オンデマンドのホスト型トライアルの設定について不明点がある場合は、詳細なガイダンスとサンプルコードを含む 2 部構成のブログ記事を参照してください。

まとめ

見込み客を購入客に変えるために Salesforce が提供するツールを振り返りましょう。

  • インストール可能トライアル: 顧客の既存組織に製品を直接インストールするトライアルであり、アプリケーションそのもので購入意欲を引き出す効果的な方法です。
  • 機能制限トライアル: 見込み客がデータを変更できなくても購入する可能性があるのなら、独自の組織でシンプルな無料トライアルを開始する最も簡単な方法です。
  • Trialforce: 見込み客に合わせて調整された没入型エクスペリエンスのためのフル機能のフレームワークです。営業チームのデモ用に最適です。

トライアルからどういう成果を得られるかは、トライアルの内容や方法に応じて異なります。無料トライアルで製品をどう提示するかをしっかりと計画するほど、トライアルから獲得できる顧客も増加します。Salesforce はその計画の実行に必要なツールを提供します。

あらゆる人に、なぜあなたの製品が必要なのかを示しましょう!

リソース