進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム
予想時間

リリースフェーズによる ToDo の実行

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • リリースフェーズを設定し、使用する。
  • 活動とリリースログを確認する。

リリースフェーズのしくみを見ていきましょう。リリースフェーズの非常に一般的な使用事例には、データベース移行や、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用している場合のアセットのリモートアップロードがあります。機能のしくみをわかりやすく説明するために、ここでは echo コマンドの追加のみを扱います。

  1. GitHub で flow-demo リポジトリに移動し、Procfile をクリックします。Procfile は、Heroku プラットフォームでアプリケーションが実行するコマンドの内容を宣言するメカニズムです。厳密に Procfile と名前を付けて (たとえば、Procfile.txt は無効)、リポジトリのルートディレクトリに配置してください。サブディレクトリに配置した場合、機能しません。
  2. 右上の小さい鉛筆をクリックして、Procfile を編集します。
  3. proc ファイルのリリースプロセスタイプと、実行するコマンドを定義します。新しいリリースが作成されたときに、リリースコマンドが実行されます。ファイルの末尾に次の行を追加します: release: echo "You created a new release on Heroku.Here's a cookie! " リリースフェーズの追加
  4. スクロールダウンして、コミットのタイトルと説明を入力します。[Create a new branch for this commit and start a pull request. (このコミットの新しいブランチを作成し、プル要求を開始します。)] を選択して、名前はデフォルトのままにします。[Propose file change (ファイル変更を提案)] をクリックします。
  5. 次の画面で [Create pull request (プル要求を作成)] をクリックします。レビューアプリケーションはすべてのプル要求に対して作成されるため、Heroku ダッシュボードに戻ると、proc ファイルの変更により新しいレビューアプリケーションが作成されています。作成された新しいレビューアプリケーション
  6. レビューアプリケーションに問題がなければ、コード変更をマスタにマージできます。コードに視覚的な変更は行っていないため、ブラウザでアプリケーションを開いても、何も変わっていません。ただし、アプリケーションが動作し、前回の単元で行った最終的な変更が含まれていることは確認できます。
  7. GitHub に戻り、[Merge Pull Request (プル要求をマージ)] をクリックします。テキストはデフォルトのままにして、[Confirm Merge (マージを確認)] をクリックします。
  8. Heroku ダッシュボードに移動すると、レビューアプリケーションが [STAGING (ステージング)] 列に移動していることを確認できます。自動リリースを有効にしているため、マスタへの適用ごとに、アプリケーションの新しいバージョンがリリースされます。
  9. リリースフェーズの設定を完了するには、flow-staging-demoapp ステージングアプリケーションの下の [Promote to production (本番に昇格)] を選択し、本番アプリケーションの名前を再確認して、[Promote (昇格)] を選択します。
  10. これで、ビルドとリリース詳細のすべてを確認できます。flow-production-demoapp アプリケーションをクリックして、最新のビューリリースログリンクをクリックすると、エコー対象の proc ファイルに追加した次のコメントを確認できます: “You created a new release on Heroku! Here's a cookie! ”ビルドおよびリリース詳細 (Heroku で新しいリリースを作成しました。ほら、クッキーですよ!)。データベース移行のためのリリースフェーズ ToDo の場合の例では、そのプロセスに関連するすべてのログと、問題があったかどうかが表示されます。トップメニューの下の [Activity (活動)] を選択して活動フィードに戻ると、[Roll back to here (ここにロールバック)] オプションを確認できます。これは、Heroku プラットフォームの主要な機能です。Heroku ロールバックを使用すると、ワンクリックで以前の既知の正常なリリースにロールバックでき、不正なリリースや設定変更の場合にすぐに復元できます。この機能を今すぐ使用する必要はありませんが、正常なリリースに戻して変更をやり直す場合のために覚えておいてください。活動フィード注意: Heroku CI はまだ有効ではなく、パイプラインは外部 CI システムに関連付けられていません。CI が設定されている場合は、変更がマスタにマージされるとテストが実行され、コード変更にエラーがなくコードベースに合っていることが確認されます。Heroku Flow 機能の多くを学びました。Heroku CI は Heroku Flow の主要な機能の 1 つですが、このモジュールでは扱いませんでした。なぜでしょうか? 無料の CI テスト実行は悪用されやすいことから、各 Heroku CI ユーザには、有効な支払い情報が求められます。Heroku CI について学び、Heroku Flow の学習を完了するには、有効なクレジットカード情報を追加して、開発者ドキュメントを参照してください。

Heroku CI ファミリへようこそ!