行動レポートの使用

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 行動レポートで使用される主要な指標について説明する。
  • 行動レポートの使用方法について説明する。

行動レポートの概要

重要なのは、Google アナリティクスが行動データを計算する方法を理解することです。Analytics は、小さい JavaScript コードを Web サイトで使用してデータを収集します。ユーザが Web サイトのページを読み込むたびに、このトラッキングコードで「ページビュー」が作成され、Google アナリティクスに報告されます。Analytics はこれを使用して行動レポートの多くの指標を計算します。たとえば、合計ページビュー数は、ユーザが Web サイトのページを読み込んだ回数の合計です。

[すべてのページ] レポート

まず、左側のナビゲーションの [サイトコンテンツ] にある [すべてのページ] レポートを見てみましょう。このレポートのデータテーブルには、ページビューの合計数やユニークページビュー数などの指標が表示されます。

サイトの各ページが表示された頻度を表示する [ページビュー数] レポート

ページビュー数指標は、サイトの各ページが表示された頻度を示します。デフォルトでは、このレポートには、ページ URI (ブラウザの場所バーに表示される URL のドメイン名より後の部分) 別のデータが表示されます。レポートのプライマリディメンションを [ページタイトル] に切り替えると、このレポートを Web ページの HTML にリストされているタイトル別に表示できます。

[すべてのページ] レポートのその他の指標 (平均ページ滞在時間やバウンス率など) は、ユーザがサイトの各ページでエンゲージした度合いを示します。これらの指標でレポートを並び替えると、改善が必要な低パフォーマンスのページや、今後のコンテンツを判断するための指針となる高パフォーマンスのコンテンツをすばやく見つけることができます。

その他の行動レポートの概要

左ナビゲーションペインにある [サイトコンテンツ] の [ディレクトリ] レポートでは、Web サイトのディレクトリ構造に従ってページがグループ化されます。ディレクトリをクリックして、そのディレクトリ内のサイトのページを表示できます。このレポートは、Web サイトの特定のセクションにあるコンテンツのパフォーマンスを把握しようとする場合に特に便利です。円グラフビューに切り替えると、サイトのどのセクションがユーザに最も人気があるかをすばやく確認できます。

[ランディングページ] レポートには、ユーザが最初に到達した Web サイトのページのリストが表示されます。これらは、ユーザがセッションで表示する最初のページです。このレポートを使用して、バウンス数と各ランディングページのバウンス率を監視できます。通常、バウンス率が高い場合は、そのランディングページコンテンツに関連性がないか、それらのユーザにとって魅力がないことを示します。

[離脱ページ] レポートには、ユーザがサイトから離脱したページを示します。ショッピングカートのチェックアウトなどの重要なページでユーザに離脱してほしくないため、定期的にこのレポートを確認して望ましくない離脱を最小限に抑えることをお勧めします。

[イベント] レポートは、ユーザが Web サイトの特定の要素をどう操作したかを追跡します。たとえば、このレポートを使用して、ユーザが動画プレーヤーやダウンロードリンクをいつクリックしたかを追跡できます。イベントトラッキングには、Analytics トラッキングコードスニペット以外に追加の実装が必要です。