Google アナリティクスアカウントの作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Google アナリティクスアカウントを作成する。
  • Web サイトにトラッキングを追加する。

Google アナリティクスアカウントの作成

まず必要となるのが、Google アナリティクスアカウントです。その作成手順は、次のとおりです。

  1. Google.com/analytics に移動します。
  2. [Sign in (サインイン)] をクリックして、[アナリティクス] を選択します。
  3. 現在個人的に使用している Google ユーザ名を使ってサインインします。まだアカウントがない場合は、Google アカウントを新規作成してサインインします。
  4. [お申し込み] をクリックします。

[Google アナリティクスの使用を開始] の下にある [お申し込み] ボタンをクリックします。

アカウントの作成と同時に、最初のプロパティを設定するように指示されます。次のセクションに進み、アカウントと最初のプロパティの設定を済ませます。

Google アナリティクスアカウントのプロパティの設定

プロパティとは、Web サイトまたはアプリケーションのことです。厳密には、サイトまたはアプリケーションからデータを取り込む Google アナリティクスの収集ポイントです。トラッキングする Web サイトごとにプロパティを 1 つ作成します。アナリティクスの各アカウントに、最大 50 個のプロパティを追加できます。この上限を引き上げる場合は、アカウントマネージャにお問い合わせください。プロパティを追加する場合は、そのアカウントの編集権限が必要です。

Google アナリティクスは Web サイトとモバイルアプリケーションをサポートしていますが、このモジュールの目的上、ここでは Web サイトを設定していきます。 

  1. [ウェブサイト] をクリックします。
  2. [アカウント名] を入力します。
  3. [ウェブサイト名] を入力します。 
  4. [ウェブサイトの URL] を入力します。プロパティを作成するには、URL が正しい形式である必要があります。
    • プロトコル標準 (http:// または https://) を選択します。
    • ドメイン名を入力します。名前の後に文字を付けず、末尾のスラッシュも省いてください。つまり、www.example.com/ ではなく、www.example.com にします。
    • 大半のドメインホストでは、URL に UTF-8 文字のみがサポートされています。ドメイン名の記号または非 UTF-8 文字 (キリル文字を含む) には、UTF-8 文字か punycode のいずれかを使用してください。変換が必要な場合は、punycode コンバータをお試しください。
  5. [業種] を選択します。
  6. [レポートのタイムゾーン] を選択します。
  7. [トラッキング ID を取得] をクリックして、利用規約に同意します。このトラッキング ID を書き留めます。次のステップで必要になります。

[トラッキング ID を取得] をクリックすると Google アナリティクスにプロパティが作成されます。ただし、データを収集するには、トラッキングコードを設定する必要があります。

レポートのタイムゾーンについて

レポートのタイムゾーンを選択するときは、データがどこで発生したのかに関係なく、このゾーンに基づいてレポートの日付が区切られる点に注意します。タイムゾーンの設定が、レポートでのデータの表示方法に影響します。たとえば、アメリカ合衆国 (太平洋時間) を選んだ場合、セッションがニューヨーク、ロンドン、モスクワのどこで発生したのかに関係なく、1 日の開始と終了が太平洋時間を基に計算されます。

アナリティクスアカウントを Google AdWords アカウントとリンクさせる場合は、タイムゾーンが自動的に AdWords の設定になり、[レポートのタイムゾーン] オプションは表示されません。この自動設定により、AdWords キャンペーンのレポートの正確性が確保されます。

タイムゾーンの変更は、その後のデータに反映されますが、遡って適用されることはありません。このプロパティを使用している最中に時間設定を更新すると、レポートのデータが一定になったり急増したりすることがあります。また、この設定を更新した後は、わずかな間、レポートが変更前のタイムゾーンを参照することがあります。

プロパティのレポートビューの設定

ビューを使用すると、データを絞り込んだ内容を把握できます。たとえば、社内の IP アドレス以外からのすべてのデータ、あるいは特定の営業地域と関連するすべてのデータを確認することができます。プロパティには最大 25 個のビューを追加できます。この上限を引き上げる場合は、アカウントマネージャにお問い合わせください。ビューを追加するには編集権限が必要です。

ビューを設定する手順は、次のとおりです。

  1. Google アナリティクスから、[管理] をクリックして、ビューを追加するアカウントまたはプロパティを選択します。
  2. [ビュー] 列でメニューをクリックし、[ビューを作成] をクリックします。
  3. [ウェブサイト] を選択します。
  4. [レポートビュー名] を入力します。ビューを説明する具体的な名前を付けておくと、リストで名前を見たときに、このビューのデータの内容がすぐに把握できます。
  5. [レポートのタイムゾーン] を選択します。アナリティクスアカウントを Google AdWords アカウントとリンクさせる場合は、タイムゾーンが自動的に AdWords の設定になり、このオプションは表示されません。
  6. [ビューを作成] をクリックします。

ビューを作成したら、[管理] ページに戻ってビューの設定を編集します。

注意: アナリティクスアカウントが AdWords アカウントとリンクしている場合、AdWords アカウントのデータが、このアカウントに作成した新規ビューに自動的にインポートされます。

トラッキングの Web サイトへの追加

これで Google アナリティクスにプロパティを作成できました。プロパティを作成した時点で、トラッキング ID も生成できています。この ID は、gtag.js トラッキングコードスニペットで使用します。

トラッキング ID を書き留めておかなかった場合は、次の方法で確認します。

  1. Google アナリティクスから、[管理] をクリックして、トラッキングするアカウントとプロパティを選択します。
  2. [プロパティ] で、[トラッキング情報] > [トラッキングコード] をクリックします。ページの上部にトラッキング ID が表示されます。

トラッキングコードスニペットの貼り付け

サイトの各ページの<head> タグの直後に、次のスニペットを貼り付けます。GA_TRACKING_ID は、各自の Google アナリティクスのトラッキング ID に置換します。

[embed code snippet]

<!-- Global Site Tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=GA_TRACKING_ID"></script>
<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
gtag('js', new Date());

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID');
</script>

[/code snippet]

トラッキングコードが機能していることを確認するには、Web サイトにアクセスして、そのアクセスがリアルタイムレポートに記録されているかどうかを確認します。

リソース