目標の作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 目標を作成または編集する。
  • 目標を検証する。

新しい目標の作成

新しい目標を作成する、または既存の目標を更新する手順は、次のとおりです。

  1. Google アナリティクスから、[管理] をクリックして、アカウントまたはプロパティを選択します。
  2. [ビュー] 列で、[目標] をクリックします。
  3. [+ 新しい目標] または [ギャラリーからインポート] をクリックして新しい目標を作成するか、既存の目標をクリックして、その設定を編集します。

注意: [+ 新しい目標][ギャラリーからインポート] が表示されていない場合は、現在のビューに最大数である 20 個の目標がすでに作成されています。

この時点で、目標作成には次の 3 つのオプションがあります。

  • 目標テンプレートを使用する。
  • カスタム目標を作成する。
  • スマートゴールを作成する。

このモジュールの目的上、ここでは目標テンプレートを使用する場合についてのみ説明します。

目標テンプレートの使用

目標テンプレートを使用すると、ビジネスの標準的な目的を満たす、実行可能な目標を作成できます。テンプレートのどの項目も編集でき、変更後に目標を保存します。目標カテゴリとは、目標テンプレートの基盤となる大まかなビジネス目的で、収益、集客、問い合わせ、ユーザのロイヤリティがあります。カテゴリを分類ツールとして利用すれば、目標を立てやすくなります。

ユーザがコンテンツをどのように利用しているのかを的確に把握するために、各カテゴリに目標を少なくとも 1 つ設定するようにします。これらのカテゴリがデータやレポートに影響することはありません。

テンプレートから新しい目標の作成する手順は、次のとおりです。

  1. Google アナリティクスから、[管理] をクリックして、アカウントまたはプロパティを選択します。
  2. [ビュー] 列で、[目標] をクリックします。
  3. [+ 新しい目標] または [ギャラリーからインポート] をクリックします。
  4. リストからテンプレートを選択します。
  5. ゴールの設定を続ける場合は、[続行] をクリックします。

テンプレートが表示されない場合目標テンプレートは、自動車、エンターテインメントなど、特定の業種内のビジネス上のニーズに応じてカスタマイズされています。アカウントの設定時に業種を選択しなかった場合は、テンプレートが無効になっています。ビジネスに適したテンプレートを取得するには、プロパティを編集して、業種カテゴリを選択し、変更を保存します。

目標の検証

新しい目標を作成したら、[この目標を確認] をクリックして、目標の設定をテストします。このテストでは、アカウントの過去 7 日間のデータに基づいて、目標のコンバージョン率が算出されます。テストは実際のコンバージョンデータではなく、アカウント内のデータに基づくため、目標がどの程度達成されるのかという成果を予測するものではありません。

記録中ステータス

目標が作成されると、ただちに Google アナリティクスがデータを記録し始めます。目標を一時的に停止するには、記録ステータスを [オフ] に変更します。目標がオフになっている間はデータが記録されません。

アナリティクスでは、データの処理中に目標のコンバージョン数を計算して適用するため、目標を削除することはできません。いずれかの目標が不要または不適切になったときは、記録ステータスをオフにします。

  1. 目標に移動します。
  2. 変更する目標を見つけます。
  3. [記録中] トグルを [オン] または [オフ] にします。

目標の共有およびインポート

目標を作成して保存したら、マイレポート一覧やセグメント、チャネルグループといった他のアセットと同様に、アナリティクスの他のユーザと共有できます。

アセットを共有する場合、共有されるのは設定情報のみで、データは非公開のままです。

独自の目標を作成する代わりに、ソリューションギャラリーから目標をインポートできます。ソリューションギャラリーからインポートする場合、アカウントにインポートされるのはテンプレートだけです。この目標を使用して、自身のアナリティクスアカウント内のコンバージョン数をトラッキングします。目標の作成者のコンバージョンデータをトラッキングするわけではありません。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる