Marketing Cloud 向けのアナリティクス 360 オーディエンスのアクティベーションの設定と管理

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Google アナリティクス 360 の利用者の公開先として Marketing Cloud を有効にする方法を説明する。
  • アナリティクス 360 内で製品リンクを設定する。
  • アナリティクス 360 で利用者を作成し、Marketing Cloud と共有する。
メモ

メモ

この単元は誰でも受講できますが、インテグレーションを使用するためには、アカウントで Journey Builder を有効にしている Salesforce Marketing Cloud のユーザで、かつ Google アナリティクス 360 のユーザでもある必要があります。 

行動に基づくお客様へのエンゲージ

これまでに、アナリティクス 360 のデータを Marketing Cloud に表示するための権限を正常に付与し、アカウントやリンクのタギングを設定してジャーニーに適用し、有意義なクロスチャネル分析が取り込まれたジャーニー分析ダッシュボードを表示しました。 

けれども、過去に遡ってデータを分析してインサイトを得るだけでなく、お客様の行動に基づいてエンゲージ (または再エンゲージ) する実際的なステップに取りかかれるとしたらどうでしょうか?

Marketing Cloud の Google アナリティクス 360 とのインテグレーションの同じ機能を使用して、すでに収集している Web、アプリケーション、広告のエンゲージメントアクティビティに関する豊富なデータから、アナリティクス 360 で利用者を作成することができます。こうした機能により、Google の広告製品内で広告を強化するのと同じ要領で、メールキャンペーンや SMS キャンペーンのようなジャーニーのインタラクションを強化できます。

始める前に

この機能を有効にして使い始める前に実施しておくべき前提要件があります。次の点を確認します。

  • Marketing Cloud インスタンスでアナリティクス 360 アカウントを認証している。
  • アカウント、プロパティ、ビューを適切に設定している。
  • アナリティクス 360 に適切に認識されるように UTM パラメータを設定している。
  • ジャーニーのメールの追跡を有効にしている。
メモ

メモ

先に進む前に、単元 2 の「Marketing Cloud のアナリティクス 360 連携の設定と管理」を受講しておくことを強くお勧めします。

アナリティクス 360 の利用者を共有可能にし、Marketing Cloud の登録者 ID をアナリティクス 360 のクライアント ID に結び付けるためには、以下の手順を完了することが重要であり、必要です。

Marketing Cloud の既知の登録者が、Marketing Cloud から送信されたメッセージのリンクをクリックしたときに、この 2 つが結び付けられます。アナリティクス 360 がリンク内の SubscriberID を認識し、アナリティクス 360 のクライアント ID に結び付けます。この時点から、登録者のあらゆるオンラインアクティビティ (カートの放棄、目標の未達成、ページの終了、閲覧の放棄、検索の放棄など) が、アナリティクス 360 と Salesforce Marketing Cloud 間の共有やレポート作成に使用されます。

利用者の公開先として Marketing Cloud を追加

「大切なのは目的地ではなく、旅そのものである」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか? ここでは、旅 (または Marketing Cloud の Journey Builder) そのものが目的地です。

アナリティクス 360 のオーディエンスのアクティベーションを可能にする第一歩は、Marketing Cloud をアクティベーションチャネルあるいは公開先として追加することです。 

このためには、Marketing Cloud アカウントをアナリティクス 360 で認証する必要があります。次の手順を実行します。

  1. Google アナリティクス 360 で、[管理] ボタンをクリックします。
  2. [Product Linking (製品リンク)] セクションに移動して、[Salesforce Marketing Cloud] をクリックします。
  3. [+リンクを作成] をクリックします。
  4. Marketing Cloud アカウントの情報を指定し、Google の指示に従って認証を完了します。
  5. リンクに名前を付けます。
  6. [完了] をクリックします。
メモ

メモ

利用者を共有できるようにするためには、このステップの時点で Google アナリティクス 360 で Marketing Cloud アカウントをリンクする必要があります。このときに、参照メールの Salesforce Marketing Cloud の SubscriberID が Google アナリティクス 360 のクライアント ID と照合されるためです。


Google アナリティクス 360 の利用者の作成

Marketing Cloud を公開先として認証したら、いよいよお楽しみの時間です。Web やアプリケーションのプロパティまたは広告キャンペーンでのユーザのアクティビティを対象にアナリティクス 360 によって測定された任意のデータ (人口統計データを除く) を使用して、Marketing Cloud の Journey Builder でマーケティングの対象とする利用者を作成できます。

次の手順に従って、Google アナリティクス 360 の利用者を作成します。

  1. Google アナリティクス 360 で、[管理] ボタンをクリックします。
  2. スクロールして、[サービス間のリンク設定] セクションの下にある [ユーザー定義] を見つけます。
  3. [ユーザー定義] をクリックして展開します。
  4. [オーディエンス] をクリックします。
  5. [+新しいオーディエンス] をクリックします。
  6. 登録者を利用者 (オーディエンス) に追加する条件を選択します。
  7. 利用者の名前を入力します。
  8. [次のステップ] をクリックします。
  9. [+公開先を追加] をクリックします。
  10. [Salesforce Marketing Cloud] をクリックして展開します。
  11. 使用する Marketing Cloud アカウントの横にあるチェックボックスをオンにします。
  12. [OK] をクリックします。(確認画面が表示されます)。
  13. [公開] をクリックします。(オーディエンスリストの [種類] 列に Salesforce Marketing Cloud アイコンが表示されます)。
メモ

メモ

利用者は公開後、24 時間間隔で同期されます。


簡単でしょう?

けれども、メールや SMS などでリーチできるようになった今、どのような利用者を対象にすべきかという疑問を抱いているかもしれません。基本的な例をいくつかご紹介します。

  • 閲覧を放棄した人を復活させる: 複数の商品/サービスページにアクセスしたが、購入またはコンバージョンに至ることなくページを放棄したお客様にメールを送信します。
  • 目標を放棄した人を復活させる: フォーム入力ページに最後まで記入しなかった、または送信しなかった訪問者に、ページに戻って記入し終えるリマインダーメールを送信します。
  • インフルエンサーにエンゲージする: 過去 90 日間に購入したお客様にレビューの投稿を奨励します。
  • コンバージョンの可能性が高い人を対象にする: Google によって購入の可能性が高いと特定されたお客様 (スマートリスト) にメール、モバイル、広告などで連絡します。
  • 訪問者に役立つリソースを紹介する: ヘルプページを閲覧していた訪問者に、一般的な FAQ やチュートリアルを記載したフォローアップメールを送信し、場合によってはケースを作成してサービスチームがフォローアップできるようにします。

リソース