Marketing Cloud のアナリティクス 360 とのインテグレーションの設定と管理

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • アナリティクス 360 アカウントを Marketing Cloud にリンクする方法を説明する。
  • アカウント、プロパティ、ビューを設定する。
  • Google UTM パラメータを設定する。
  • ジャーニーの測定をオンにすべき理由を説明する。
メモ

メモ

この単元は誰でも受講できますが、このインテグレーションを実際に使用するためには、アナリティクス 360 と、Journey Builder を有効にした Marketing Cloud アカウントが必要です。 

では始めましょう

あなたの考えていることが手に取るようにわかります。IT 担当者に連絡して手伝ってもらおうと思っているのでしょう。けれども連絡する前に、前の単元でこのインテグレーションは極めて簡単で、マーケティング担当者 (あなたです!) でも実装できると言ったことを思い出してください。嘘ではありません。

マーケティング活動の測定に用いてきた手法が転換期を迎えています。

始める前に

次の点に留意してください。

では始めましょう。

Google にネイティブの認証プロセスによって Marketing Cloud アカウントとアナリティクス 360 アカウントの間にセキュアな接続が確立され、アクティビティの監視、レポートの表示、ジャーニーエンゲージメントの分析などをすべて Marketing Cloud 内で行えるようになります。

次の手順に従って、アカウントをリンクさせます。

  1. [セットアップ] で、[アプリ] をクリックし、[Google アナリティクス連携] を選択します。
  2. [連携設定] セクションを展開します。
  3. [アカウントのリンク] をクリックします。
  4. アナリティクス 360 アカウントの名前を選択するか入力して、[次へ] をクリックします。
  5. パスワードを入力して、[次へ] をクリックします。
  6. Marketing Cloud がアクセスする情報を確認するポップアップウィンドウが表示されます。
  7. 受け入れる場合は、[許可] をクリックします。

データアクセスの定義

次に、Marketing Cloud 内でアナリティクス 360 のどのアカウント、プロパティ、ビューにアクセスするかを選択します。この記事にその方法が説明されています。

アカウント、プロパティ、ビューに関するクイックメモ:

この 3 つは、アナリティクス 360 の製品ライセンス、データソース、レポートビューを整理するためのメカニズムです。

  • アカウント - 会社のアナリティクス 360 製品ライセンスとこのアプリケーションへのアクセスを表します。
  • プロパティ - アカウントのデータソースです (Web サイト、モバイルアプリケーションなど)。
  • ビュー - プロパティデータに基づいて絞り込まれたレポートや絞り込まれていないレポートです (Salesforce.com へのすべてのトラフィック、Salesforce.com/marketingcloud へのすべてのトラフィックなど)。

アカウント、プロパティ、ビューが何を意味するのかがわかったところで、次の手順に従って設定します。

  1. [セットアップ] で、[アプリ] をクリックし、[Google アナリティクス連携] を選択します。
  2. [連携設定] セクションを展開します。
  3. [ビューの選択] をクリックします。
  4. ドロップダウンメニューからプロパティとビューを見つけ、対応するプラス記号をクリックします。
  5. [保存] をクリックします。
  6. 選択が正常に行われると、プラス記号がチェックマークに変わります。
  7. 有効なメールアドレスを入力します。
  8. [更新] をクリックします。

メモ

メモ

アカウント、プロパティ、ビューを選ぶときは、Marketing Cloud インスタンスに対するニーズと一致させるようにします。たとえば、1 つの Marketing Cloud インスタンスの下位に複数のエンティティ/ブランド (ビジネスユニットという) が組成されている場合は、統合しているビジネスユニットと一致するプロパティまたは関連性の高いビューを選択していることを確認します。

測定戦略の設定

この時点でパラメータを設定する必要があります。心配はいりません。ここでは面倒なスプレッドシートを使いません。 

このインテグレーションの特長は、厄介なスプレッドシートやリンクからリンクへのコピー/貼り付けから解放され、一度パラメータを設定すると、測定戦略がすべてのジャーニーに適用されるようになることです。

次の手順に従って、UTM パラメータを設定します。

  1. [トラッキング設定] セクションを展開します。
  2. [パラメーターの編集] をクリックします。
  3. キャンペーンソースを入力します。
  4. [各チャネルの値を編集] をクリックし、追跡するキャンペーンメディアを入力します。
  5. [保存] をクリックします。
  6. ポップアップウィンドウに値を入力し、[更新] をクリックします。
  7. ドロップダウンメニューからキャンペーン名を選択します。
  8. 追跡するメッセージを選択します。
  9. [保存] をクリックします。
メモ

メモ

現在、これらのパラメータはジャーニーのメールメッセージのみに付加されます。

ジャーニーの測定

これまでの内容をおさらいしましょう。

  • アナリティクス 360 アカウントと Marketing Cloud アカウントを安全な方法でリンクさせました。
  • アナリティクス 360 の使用するアカウント、プロパティ、ビューを選択しました。
  • UTM パラメータと測定戦略を選択しました。

あと 1 つ実行すべき手順は有効にすることですが、これはチェックボックスをオンにするだけです。次の手順を実行します。

  1. Journey Builder で追跡するジャーニーに移動します。
  2. 設定アイコン をクリックして、そのジャーニーのジャーニー設定に移動します。
  3. ジャーニーの追跡を有効にするには、[このジャーニーのすべてのメールのリンクを追跡] チェックボックスをオンにします。
メモ

メモ

結果を絞り込むには、追跡する特定のドメインを追加します。1 つ以上のドメインを含めると、追加したドメインをポイントするリンクのみがジャーニー総計値に表示されます。ドメインがリストされていない場合は、ポイントするドメインに関係なくジャーニーのすべてのメールのリンクが追跡されます。

アナリティクス 360 と Marketing Cloud 間のすべてを設定したら、このインテグレーションの 2 つの強力な機能を活用できるようになります。 

その 1 つ目がジャーニー分析ダッシュボードで、ジャーニーのメッセージやコンテンツのパフォーマンスがどのようなもので、Web サイト上のコンバージョンといったダウンストリーム目標にどの程度貢献しているかを把握できます。

2 つ目は、Marketing Cloud のメールやモバイルなどのチャネルから収集した Web アクティビティや広告エンゲージメントなどのデータを基にアナリティクス 360 で構築された利用者にエンゲージする独自の機能です。

こうした機能の詳細とその使用法については後続の単元で学習します。

リソース