進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Gmail インテグレーションと Lightning Sync の設定

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Gmail インテグレーションを有効化して設定する。

  • Lightning Sync を有効化して設定する。

設定の準備

Gmail™ インテグレーションと Lightning Sync の設定は難しくはありませんが、少し時間がかかります。また、あなたが会社の Gmail アカウントのシステム管理者ではない場合は、Lightning Sync の設定に関して、Gmail システム管理者と協力することもできます。

Ursa Major のシステム管理者である Maria Jimenez は、実際に設定を始める前に、Gmail インテグレーションと Lightning Sync のシステム要件を確認しました。

Gmail インテグレーションと Lightning Sync のシステム要件

対象 必要なソフトウェア
メール @yourcompanyname.com という形式の一意のメールドメインが設定された G Suite Gmail

G Suite Gmail を使用すると Google サーバが Salesforce と通信できるようになります。

ブラウザ Google Chrome™ の最新の安定バージョン
しっかり確認しましょう! これで Maria は設定プロセスを開始できます。その手順は次のとおりです。

Gmail インテグレーションの設定

  1. 設定アイコン をクリックし、[設定] を選択します。
  2. [クイック検索] ボックスに「Gmail」と入力し、[Gmail インテグレーションおよび同期] を選択します。
  3. Gmail インテグレーションを有効にします。

    Gmail インテグレーションを有効にする設定。

  4. 営業担当にGmail でインテグレーションを設定する手順を伝えます。
ヒント

ヒント

営業担当が Gmail から Salesforce にメールを記録できるようにするには、拡張メールが組織で有効になっていることを確認します。[クイック検索] ボックスに「拡張」と入力し、[拡張メール] を選択します。

Lightning Sync for Google の設定

次の手順には、Lightning Sync を設定するための概要レベルの情報が含まれています。また、必要に応じて Salesforce ヘルプの詳細な説明へのリンクが含まれています。
  1. Lightning Sync を有効にします。[設定] から、[クイック検索] ボックスに「Gmail」と入力し、[Gmail インテグレーションおよび同期] を選択します。[Lightning Sync] をオンにします。
  2. メールサーバへの接続方法を選択します。詳細は、Google に接続する方法の選択と設定を参照してください。
  3. Google への接続をテストするには、Lightning Sync 接続テストを実行します。このテストでは、Salesforce と Google 間のいくつかの接続ポイントが確認されます。テストが完了すると、接続状況の概要が表示されます。このテストの詳細な手順を参照してください。
  4. 次のような営業担当の同期設定を定義します。
    • 同期を実行可能なユーザと同期できる項目の種類
    • 項目を制限するかどうか
    • 営業担当が Gmail または Salesforce の項目を削除した場合にどうするか
    これらの同期設定に関する決定事項と詳細な手順に関するガイダンスを参照してください。
  5. 営業担当に、特定の行動を同期対象外にできることを伝えます。たとえば、営業担当はおそらく個人的な行動を Salesforce への同期から除外するでしょう。特定の行動を Salesforce と同期しないようにする方法を参照してください。

Gmail インテグレーションペインのカスタマイズ

インテグレーションと Lightning Sync の基本的な設定を終了した後、Maria は最適な営業環境を営業担当に提供するために機能をカスタマイズします。
  • Lightning アプリケーションビルダーでメールインテグレーションペインをカスタマイズします。Gmail に Salesforce コンテンツを表示する方法は、非常に柔軟にカスタマイズできます。
  • Lightning メールテンプレートを作成し、アプリケーションビルダーのカスタマイズされたメールアプリケーションペインにこのテンプレートコンポーネントを追加します。営業担当は、新しくメッセージを作成することなく、テンプレートを使用してすばやくメールメッセージを作成できます。Gmail で Lightning メールテンプレートを使用する方法を確認してください
これで完了です。Gmail インテグレーションの設定とカスタマイズに成功しました。ただし、Salesforce と Gmail の統合をここで終わりにする必要はありません。次の単元では、Gmail インテグレーションに Inbox 機能を追加することで、よりスマートで迅速に作業できるツールを営業担当に提供する方法について学習します。