学生の支援

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Future Trailblazer Challenge プログラムに参加している生徒を最も効果的にサポートする方法を特定する。
  • プログラムの潜在的な障害を挙げる。
  • 講師や補佐するボランティアがプログラムに積極的に関与できるようにサポートする方法を挙げる。

生徒をサポートする方法

Future Trailblazer Challenge に参加している生徒をコーディネータやボランティアチームがサポートする方法はたくさんあります。その 1 つが、週に 1 度チームと一緒に教室を訪問する日を決めることです。この定期訪問は極めて重要です! コーディネータとボランティアが少なくとも週に 1 ~ 2 時間学校で過ごすことをお勧めします。もちろん、時間を増やせばメリットも大きくなります。 

プログラムを開始する前に、Future Trailblazer Challenge の実施に関する前の単元 (特に役割の説明とタイムラインのセクション) を一読するようボランティアに指示します。また、ダウンロード可能な Future Trailblazer Challenge のカリキュラムや生徒用ハンドブックについても言及します。こうした資料を読めば、生徒が推奨の時間内で何を学習していくのかをボランティアが理解しやすくなります。 

30 時間のカリキュラムの中で、生徒がチームと協力して取り組む場面が度々あります。コーディネータとボランティアは教室の中を歩きながら、生徒がブレインストーミングを行ってアイデアを検討できるように助けたり、生徒が行き詰っている場合には質問に答えたりします。

教室で中学生と一緒に取り組んでいる Salesforce のボランティア。

講師やボランティアをサポートする方法

講師やボランティアにとってもこうしたプログラムに参加することが初めてである可能性が高いため、30 時間のカリキュラムを始める前に、講師トレーニングとボランティアトレーニングの両方を実施することをお勧めします。トレーニングは、講師やボランティアのことを知り (まだよく知らない場合)、プログラムに関する質問に答える絶好の機会になります。

信頼のおけるパートナーを積極的にサポートするためのヒントを次に示します。

講師へのサポート: 必要に応じて教室で使う教材を注文する。毎回学校訪問時に講師と意見交換する。ボランティアへのサポート: 毎週 30 分の意見交換会を開く。相乗りや公共交通機関など交通手段を調整する。オンラインのチームカレンダーを作成し、毎週誰が参加するのか確認できるようにする。両者へのサポート: 「Future Trailblazer Challenge の概要」「持続可能な開発目標の概要」「3D プリンティンのワークショップ」(利用可能な場合) などのトレーニングを実施する。ヒント: Future Trailblazer Challenge カリキュラムのスライドデッキの数枚のスライドをトレーニングで使用しても構いません。

問題はきっと生じるが、心配は無用!

「プログラムは至ってスムーズに進行するはずです」という助言はあまりにも楽観的でしょう。途中でいくつかの問題が発生するかもしれませんが、ボランティアや講師と協力して、そうした障害を克服できるものと私たちは信じています。

途中で生じる得る課題とその解決策を次に示します。

課題
解決策
生徒にやる気がない。
  • SDGs を生徒の地域社会と結び付けます。
  • 持続可能性の懸念事項に積極的に取り組んでいるロールモデルを生徒に挙げてもらいます。
  • 持続可能なソリューションで、ビジネスで実用化されたものや、地域社会を変容したものの実例を示します。この単元の「リソース」セクションにある実例のリストを確認します。
30 時間で説明すべき内容に講師が圧倒されている。
  • 講師と一緒に内容を見直し、カリキュラムの一部をまとめたり、絶対に必要ではない部分を省略したりします。
  • 1 つのコンテンツ領域に的を絞ります。たとえば、3D プリンティングのみ、あるいは電子機器のみを使用します。
ボランティアの参加が不規則である。
  • ボランティアチームを再編し、少なくとも 2 ~ 3 人が教室訪問できる曜日を決めます。
    プロのヒント: ボランティア全員が毎週参加する必要はありません。週ごとに交代することができます。
生徒のプロジェクトがメイカーフェアに間に合わない。
  • 一定のチームがフェアに間に合わないだろうことにコーディネータまたはボランティアが気づいたときは、カリキュラムの最後の 1 ~ 2 週間はボランティアの訪問日を増やします。この時期、ボランティアは遅れているチームのサポートに回り、プロジェクトを仕上げられるように手を貸します。
  • メイカーフェアに向けて見栄えのよいプロジェクトにする必要はありません。要は中身です。アイデアやビジョンに目を向け、生徒が口頭でアピールできるようにします。これも勉強の一環です。現実社会でもすべて期限までに完了するわけではありません。それでも何とかなっています!

リソース