Maker Faire の企画

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • メイカーフェアの計画時に検討するさまざまな点を理解する。
  • メイカーフェアを実施する。

メイカーフェアに必要なもの

メイカーフェアは、生徒の創造性を称える場であり、素晴らしい賞品を目指してチームが競い合う場でもあります。このイベントでは、チームごとに展示ブースを設け、チームメンバーが持続可能な将来に関するビジョンを説明します。それぞれのチームがそのプロトタイプについて、あなたの会社の従業員、学校の職員、保護者、学外の招待者などの来場者にアピールします。来場者は各々投票所で気に入ったプロジェクトに投票することができ、得票数によって受賞チームが決定します。感動的な 1 日になると同時に、多忙を極める可能性もありますが、このチャレンジの中で最もやりがいを感じるのがメイカーフェアです。

どうすればこんなことが可能になるのかと疑問に思うかもしれませんが、この点も Salesforce にお任せください! コーディネータが計画する必要のある重要事項は次のとおりです。

まずはメイカーフェアの会場が必要です。そして、日取りを決め、引率者や交通機関、配置/備品/掲示物、投票用具も必要に応じて手配します。

1.会場

イベントを開催する会場を見つけます。この際は創造力を働かせましょう。これまで私たちはメイカーフェアをオフィスのロビー、カフェ、大勢の人々が往来するその他の広いスペースで開催してきました。組織の不動産チームや施設管理チームに助言や協力を仰ぎましょう。

Salesforce によるサンフランシスコベイエリアのメイカーフェアに集まったボランティアと生徒。

オフィスで開催する代わりに、学校で開催することも考えられます。メイカーフェアを学校で開催すれば、生徒にとって地域社会への帰属感を抱く絶好の機会になります。また、講師、同級生、保護者が、生徒の過去数週間の取り組みの成果を目にすることができます。ボランティアにも参加し、生徒の声に耳を傾け、応援し、投票してもらいましょう。結局のところどの場所にするかは、講師やコーディネータが生徒にとって何が一番大切と考えるかによって決まります。

引率者

メイカーフェアをオフィスで開催する場合は、生徒にとってこのイベントが実質的に校外学習になります。学校によっては、参加する生徒数に応じて一定数の引率者を義務付けているところがあります。学校の校長に規定を確認し、必要に応じて講師に引率者の手配を依頼します。講師が参加できない場合は、講師と一緒に、学校側の窓口になることができる引率リーダーを選定します。

交通

イベントの開催場所によっては、生徒、講師、ボランティア、引率者にイベント会場までの何らかの交通手段が必要になる場合があります。まずは、電車やバスなどの公共交通機関の利用、あるいは遠足にできないか検討することをお勧めします (SDG 13 に適っています!)。公共交通機関を利用できない場合は、送迎バスを予約するか、参加者が使用するライドシェアのギフトカードを購入することを検討します。

2.日付

日取りを決めるのに早いに越したことはありません。コーディネータだけでなく、学校、生徒、講師、そしてボランティアにとっても都合のよい日にします。試験日程、学校の休暇、時間割、従業員の多忙な時間帯を考慮します。

3.配置、展示、掲示物

このイベントではチームごとにブースを設けて画期的なプロジェクトを発表するため、各チームにテーブルが必要です。通常はテーブルの背後にメンバーが並び、ブースを訪れた来場者にテーブル越しに説明します。生徒は状況に応じた方法で説明を行います。チームのメンバーが交代で説明することもあれば、グループ全員で説明することもあるでしょう。こうしたことが、その後の人生に役立つ貴重な体験になります。

各チームのテーブルに配置する三角札を印刷していることを確認します。この三角札にはそれぞれチームメンバーの名前、プロジェクト、学校、プロジェクトがターゲットにする SDG を記載します。 

Salesforce によるサンフランシスコベイエリアのメイカーフェアで使用した生徒グループの三角札の例

チームの座席を用意する必要はありませんが、立ったまま説明する生徒が休憩を必要とする場合に備えて、椅子を数脚用意しておいてもよいでしょう。かなり疲れることが予想されます! また、アクセシビリティの必要性も配慮し、車椅子用のスペースを確保します。

さらに、生徒の説明を聞きに来た人々がスムーズに進行できるように、進路を示す矢印やアピールポイントを記載したポスターを掲示しておくとよいでしょう。次のセクションでは、人々に来場してもらうためのヒントをご紹介します。

4.投票設備 (ラップトップまたはタブレット)

イベントの来場者が生徒のソリューションに関する説明を聞き終えた後にすべき一番重要なことが、気に入ったプロジェクトへの投票です。来場者の大半はあまり時間がないため、すぐ投票できるシステムをタブレットやラップトップに設定しておくことをお勧めします。たとえば、Web フォームのアンケートを設定すれば、投票機能と集計機能を利用できます。勝者を発表する段階で、投票結果を表示して勝利者チームを決定します。

Salesforce によるサンフランシスコベイエリアのメイカーフェアで使用した投票ブースの例

来場者が気に入ったプロジェクトを投票する際、どのような基準で選ぶのかのガイダンスを示しておくとよいでしょう。過去のフェアで使用した基準の例

  • 創造性: ソリューションがいかに独創的か?
  • 問題の特定: 解決しようとしている問題を生徒がきちんと説明しているか?
  • プレゼンテーション: 生徒がプロジェクトのプレゼンテーションを効果的に行っているか?
  • ソリューションの影響力: ソリューションにどのくらいの潜在的な影響力があるか?

判断基準: 1) 創造性: ソリューションがいかに独創的か? 2) 問題の特定: 解決しようとしている問題を生徒がきちんと説明しているか? 3) プレゼンテーション: 生徒がプロジェクトのプレゼンテーションを効果的に行っているか? 4) ソリューションの影響力: ソリューションにどのくらいの潜在的な影響力があるか?

カメラマン (任意) 

カメラマンとなるボランティアを募り、その日の様子を撮影してもらいます。こうした画期的なイベントの思い出を記録しておくことは大切です。このモジュールで示してきた数々の素晴らしい写真をどのように手に入れたと思いますか?

人々に来場してもらう方法

この画期的なイベントを宣伝する方法はたくさんあります。一番簡単な方法はシンプルなチラシを作成して、生徒やその家族、学校職員、ボランティア、そして同僚にメール送信することです。また、どのような人々に来てもらいたいのか、イベントがどこで開催されるのかに応じて、会社のコラボレーションハブや学校の掲示板に掲載することも考えられます。

さらに、メイカーフェアの 1 ~ 2 週間前に、エレベーターホールやロビーなどにある公共モニターにイベントの詳細を表示してもらうよう依頼します。以下は、Salesforce がモニターに投稿したメイカーフェアの案内例です。

モニターに表示された、Salesforce によるサンフランシスコベイエリアのメイカーフェアの案内。「Get inspired by Future Trailblazers」(未来の Trailblazer の志) というヘッドライン。

大切なイベントに向けたスタッフの準備

開催日が近づいたら、イベントをスムーズに進行させるために、講師、引率者、その他のイベントスタッフの準備状況を確認します。 

1 ページにまとめた「事前確認リスト」を作成して、イベントの数日前に講師と引率者に送信しておくとよいでしょう。この確認リストには次のような留意事項を記載します。

  • ロジスティックス: 交通機関の詳細、到着時刻と出発時刻、会場、連絡方法
  • 当日の予定表
  • ルールと注意事項
  • 推奨の服装 (何色のシャツを着るべきかなど)
  • 持ち物

注意事項を確認し、イベントへの気運を高めるために、ボランティアやその他の主要な関係者、施設の担当者などと前日にミーティングを行います。この際、次の詳細を確認します。

  • 役割と任務
  • イベントの開始から終了までの分単位の進行表
  • 平面図と設備の配置
  • 直前の質疑応答
  • 謝辞 — ミーティングに参加した全員に、プログラムへの真摯な取り組みに対する感謝の意を表します。

受賞者の発表

各ブースでの説明を 1 ~ 1.5 時間程度実施した後、投票を集計し、全チームを集めて勝者を発表します。また、2 位や 3 位になったチームを発表したり、別の基準に基づく各賞を設けたりして、より多くのチームが各自の取り組みに誇りを持てるようにするとよいでしょう。状況に応じて、受賞者に賞品をその場で贈呈することもできますし、賞品の目録を渡し、賞品自体は学校に届けられることを伝えてもよいでしょう。

些細なもので構わないので、全員が何らかの参加賞を受け取れるようにします。少なくとも、プログラムの修了を称える印刷された証明書を各参加者に授与します。ささやかな行為ですが、生徒に達成感をもたらします! 以下は、無記名の証明書と記名済みの証明書です。

無記名の Future Trailblazer の正式な修了証明書 名前を記入済みの Future Trailblazer の正式な修了証明書

これで、素晴らしいメイカーフェアを実施するためにすべきことがわかりました。生徒にとって思い出に残るイベントを実施する準備が整いました。生徒の心を自信で満たし、現実世界でチェンジメイカー、つまり変革の担い手になることを後押しするイベントです。

リソース