オブジェクトリレーションの作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • グループについて説明する。
  • 個人とそのグループを表示する。
  • グループを作成してメンバーを追加する。
  • グループをカスタマイズする。

グループとは?

グループとは、投資への関心を共有する一連の人々です。グループの各メンバーの金融口座は積み上げ集計されます。そして、集計されたファイナンスがまとめて表示および管理されます。

世帯とは、配偶者や扶養児童など、世帯のメンバーを管理するカスタムグループレコードタイプで、Financial Services Cloud に付属します。グループメンバーを、グループ内の人々のほか、外部の取引先責任者にも結び付けることができます。たとえば、Rachel Adams をその弁護士に結び付けることができます。

現実の世帯と同様、グループも柔軟性があり、必要に応じてカスタマイズできます。四半期ごとに請求する顧客のグループや毎月請求するグループといったグループを作成できます。

次の動画は、グループを視覚的に説明しています。

世帯グループの例

私たちのお気に入りのクライアントである Rachel Adams の世帯を見てみましょう。Rachel Adams も、私たちの多くと同様、2 つの世帯に属しています。
  • Rachel が配偶者の Nigel Adams と暮らす Adams 世帯。Rachel はクライアントであるため、この世帯のプライマリメンバーとして表示されます。この世帯は Rachel のプライマリグループでもあります。
  • Symonds 世帯。この世帯には Rachel の両親が属していますが、Rachel は両親のファイナンスも管理しています。この世帯の受取人とみなされています。
  • さらに、Rachel の世帯には関連取引先に Adams Charitable Trust という信託があり、関連取引先責任者に Ivan M. Kohl という弁護士がいます。

Rachel Adams のリレーションを示すクライアントリレーションシップマップ。Rachel Adams が Adams 世帯、Symonds 世帯、関連取引先、関連取引先責任者と線で結ばれています。

Rachel のリレーションを確認しました。次は、そのプライマリ世帯である Adams 家を見てみましょう。
  1. Financial Service Cloud が開いていない場合は、アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) を開き、[Wealth Management] を見つけて選択します。
  2. [取引先] タブをクリックします。
  3. [すべての取引先] ビューに切り替えます。
  4. [Adams Household (Adams 世帯)] をクリックします。
Rachel Adams のアカウントと同様、Adams 世帯にも詳細情報、金融口座、リレーション、ゴールがあります。これらの値は、世帯の各メンバーの数値を積み上げ集計したものです。この事例では、Rachel Adams とその配偶者の Nigel Adams のデータが合算されています。[金融口座] ビューには Rachel と Nigel の次の口座がすべてリストされます。
  • 投資口座
  • 証券取引口座
  • 銀行口座
  • 保険契約
  • 資産と負債

Adams 世帯の [金融口座] タブ。このタブには資産の概要、投資口座、銀行口座がリストされます。

グループの作成

Rachel Adams 世帯については、すべて設定済みです。ですので、先ほど作成した Vivian Torres というクライアントの新しい世帯を作成してみましょう。
  1. まだ開いていない場合は、アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) を開き、[Wealth Management] を見つけて選択します。
  2. [取引先] タブで [新規] をクリックします。
  3. レコードタイプに [世帯] を選択して、[次へ] をクリックします。
  4. [取引先名] に「Vivian Torres Household」 (Vivian Torres 世帯) と入力して、[保存] をクリックします。
これで Vivian Torres 世帯が作成されました。続いて、メンバーとリレーションを追加して完成させましょう。
  1. [取引先] タブをクリックします。
  2. [Vivian Torres Household (Vivian Torres 世帯)] を選択します。
  3. [リレーション] タブをクリックします。
  4. [Vivian Torres Household (Vivian Torres 世帯)] の下にある [リレーションの追加] をクリックします。
  5. Vivian Torres をクライアントおよびグループのプライマリメンバーとして設定します。
  6. この世帯を Vivian のプライマリグループとして設定し、[すべて] を選択して、Vivian の口座と活動がまとめて積み上げ集計されるようにします。

    [Vivian Torres Household (Vivian Torres 世帯)] ダイアログを編集します。[メンバー名] は「Vivian Torres」、[グループでのロール] は [クライアント]、[積み上げる活動とオブジェクト] は [すべて]、[プライマリメンバー] は [有効化]、[プライマリグループ] も [有効化] に設定します。

  7. [保存] をクリックします。

これで基本的な世帯が設定されましたが、メンバーが 1 人しかいません。Vivian が独身で一人暮らしの場合はこれで終わりですが、Vivian は一人暮らしではありません。

新規メンバーのグループへの追加

Vivian は両親の死後、10 代の妹の Lucy Torres と暮らしています。ここで Lucy を Vivian Torres 世帯に追加してみましょう。
  1. Vivian Torres 世帯の [取引先] ビューで、[リレーション] をクリックします。
  2. [Vivian Torres Household (Vivian Torres 世帯)] の下にある [+ リレーションの追加] をクリックします。
  3. [このグループのメンバーは?] の下にある [行を追加] をクリックします。
  4. [取引先を検索] 項目をクリックします。
  5. Lucy Torres は新しいクライアントであるため、[取引先を検索] で [+新規取引先] をクリックします。
  6. [新規取引先] ダイアログで、[個人取引先] を選択して [次へ] をクリックします。
  7. スクロールダウンして Lucy の名と姓を入力し、[保存] をクリックします。
  8. [世帯] ページに戻って、Lucy のグループでのロールを [扶養家族] に設定し、このグループを [プライマリグループ] として設定します。
  9. [保存] をクリックします。

これで 2 人のメンバーがいる基本的な世帯グループができました。グループには必要に応じて何人でもメンバーを設定可能で、いつでも新しいメンバーを追加できます。

時として、同じ世帯で暮らしていない人々とのリレーションがグループに設定されている場合があります。たとえば、Vivian Torres の世帯には Ivan M. Kohl という名前の弁護士が設定されています。Vivian は Ivan のボディーガードです。Ivan は取引先責任者間リレーションによって Vivian Torres 世帯と結び付き、Vivian Torres とのリレーションを説明する相互ロールが設定されています。Ivan はクライアントで、Vivian はボディーガードです。

Financial Services Cloud には、弁護士/クライアント、会計士/クライアント、親/扶養家族、ビジネス/事業主といった相互ロールが用意されています。これらのロールでビジネス上のニーズに対応できない場合は、新しいロールを簡単に追加できます。

相互ロールを設定した取引先責任者間リレーションの作成

Vivian Torres の仕事は Ivan M. Kohl のボディーガードです。両者のリレーションはボディーガード/クライアントで、ここでは Vivian の視点からリレーションを作成します。
  1. Vivian Torres 世帯の [取引先] ビューで、[リレーション] をクリックします。
  2. [関連取引先責任者] の下にある [+取引先責任者の追加] をクリックします。

    取引先責任者 (Vivian Torres) が入力されています。

  3. [関連取引先責任者] をクリックして、[Ivan M Kohl] を選択します。
  4. [関連ロール] をクリックします。

    弁護士などパッケージ化されたロールを選択する場合は、そのロールを選択して [保存] をクリックすればお終いです。ここではロールを作成するため、もう少しやらなければならないことがあります。

  5. [関連ロール] で、[+新規相互ロール] をクリックします。
  6. [取引先責任者ロール] を選択して、[次へ] をクリックします。
  7. 適切な値を入力します。[ロール]「クライアント」で、[逆ロール]「Bodyguard」(ボディーガード) です。[保存] をクリックします。
  8. 新しい取引先責任者間リレーションを保存します。

これで Ivan M. Kohl が Vivian Torres の [リレーション] タブにクライアントとしてリストされます。Vivian Torres 世帯までスクロールダウンすると、[関連取引先責任者] に Ivan M. Kohl がリストされています。同様に、Ivan M. Kohl のアカウントを開いて [リレーション] をクリックすると、Vivian Torres がボディーガードとしてリストされています。

グループのカスタマイズ

個人取引先をカスタマイズしたように、グループもカスタムレコードタイプを設定してカスタマイズできます。カスタムレコードタイプを使用すると、グループのメンバーシップや積み上げ集計機能を維持したまま、どのデータをどのような方法で表示するかを制御できます。

Matt は忙しい日々を送っています。今日は、請求グループの作成を頼まれました。請求グループのメンバーは各自の世帯グループに属していますが、今後は請求グループにも属することになります。請求グループは表示するコンテキストや項目、形式が異なります。

どのように設定すればよいでしょうか?

最初に、請求グループを表すグループのレコードタイプを作成します。個人取引先のカスタムレコードタイプを作成したときと同じ手順に従います。
  1. 画面右上にあるプロファイル写真をクリックします。
  2. [Salesforce Classic に切り替え] を選択し、[設定] をクリックします。
  3. [クイック検索] ボックスに、「取引先」と入力します。
  4. [レコードタイプ] を選択します。
  5. [新規] をクリックします。
  6. [既存のレコードタイプからコピーする] ドロップダウンリストから [マスタ] を選択します。
  7. [レコードタイプの表示ラベル] に「Billing Group」 (請求グループ) と入力します。
  8. [レコードタイプ名] は「Billing_Group」です。

    必要に応じて、簡単な説明を追加します。

  9. レコードタイプを有効にするために、[有効化] を選択します。
  10. システム管理者プロファイルとアドバイザープロファイルに対してこの変更を有効にします。
  11. [次へ] をクリックします。
  12. [1 つのレイアウトをすべてのプロファイルに適用する] を選択します。
  13. ページレイアウトを選択します。この例では、ドロップダウンリストから [グループレイアウト] を選択します。
  14. [保存] をクリックします。
  15. 自分の名前をクリックし、[Lightning Experience に切り替え] をクリックします。
次に、[グループレコードタイプの対応付け] で、[Billing Group (請求グループ)] レコードタイプを対応付けます。
  1. 設定 をクリックし、[設定] を選択します。
  2. [クイック検索] ボックスに「カスタム」と入力し、[カスタムメタデータ型] を選択します。
  3. [グループレコードタイプの対応付け] をクリックします。
  4. [グループレコードタイプの対応付けを管理] をクリックします。
  5. [新規] をクリックします。
  6. レコードタイプの対応付けに次の情報を入力します。
    • カスタムレコードタイプの対応付けの表示ラベルに、「Billing Group」 (請求グループ) と入力します。
    • [取引先レコードタイプ] に、「Billing_Group」と入力します。
  7. 変更内容を保存します。

世帯を作成し、新しいメンバーを追加してカスタマイズしました。次は、これらの世帯を金融口座など Financial Services に特化したオブジェクトに結び付ける方法を見ていきましょう。