レコードの操作

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 個人について、および個人をモデル化する方法を説明する。
  • 個人取引先を作成してカスタマイズする。
メモ

メモ

クライアントをモデル化するには、個人取引先または Financial Services Cloud の個人オブジェクトモデルを使用できますが、両方は使用できません。このモジュールで使用するトライアル組織では個人取引先がデフォルトで有効になっています。また、このモジュールは個人取引先モデルに基づいて作成されています。各自のビジネスに最適なモデルについての詳細は、「個人取引先の実装に関する考慮事項」を参照してください。

個人とは?

個人とは、あなたの会社がビジネスを行う相手で、クライアントや顧客ともいいます。Rachel Adams は個人のサンプルです。Rachel は Financial Services Cloud トライアル組織のサンプルデータに登場する人物の 1 人で、その個人取引先に本人の情報が保存されています。

下図に示すとおり、Rachel Adams には、商談、資産と負債、投資運用ゴールなどが設定されています。

データモデル。大きな四角が個人取引先を表しています。個人取引先から派生している線は、個人取引先に商談があること、個人取引先が資産と負債を所有していること、個人取引先が投資運用ゴールを達成したいと思っていることなどのリレーションを示します。

Salesforce では、法人取引先と個人取引先の 2 種類の取引先がサポートされています。

  • 法人取引先では、情報が取引先オブジェクトと取引先責任者オブジェクトに保存されます。取引先オブジェクトには、ビジネスに関する情報が含まれます。取引先責任者オブジェクトには、そのビジネスであなたが対応する個人に関する情報が含まれます。
  • 個人取引先が役立つのは、個人相手にビジネスを行う場合 (B2C) です。個人取引先では取引先と取引先責任者の情報が 1 つにまとめられます。

厳密に言えば、個人取引先は取引先責任者オブジェクトと取引先オブジェクトの両方になります。個人取引先は取引先と取引先責任者の項目を 1 つのレコードに統合して、Financial Services Cloud に完全合理化され、シンプルでカスタマイズ可能なユーザ環境を実現します。通常 Rachel は 1 つのオブジェクトとして表示されますが、グローバル検索などで、取引先と取引先責任者の両方として示されることもあります。心配はいりません。常にどちらも 1 つの個人取引先の一部で、どちらか 1 つをクリックすると両方が表示されます。

これがどういう意味かは、この後説明していきます。

個人の作成

個人がどのようなものかわかったところで、Vivian Torres という個人を作成してみましょう。

  1. アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) で、[Wealth Management] を見つけて選択します。
  2. ホームページで、[取引先] をクリックします。
  3. [新規] をクリックします。
  4. [新規取引先] ダイアログで、[個人取引先] を選択ます。
  5. 新規クライアントの値を入力します。[取引先名] は Vivian Torres です。
  6. Vivian に関するさらなる情報を追加します。職業はボディーガードです。
  7. [保存] をクリックします。

[取引先] ビューに Vivian の新規取引先が表示されます。

個人取引先のカスタマイズ

カスタムレコードタイプを設定したら、新規個人取引先をカスタマイズできるようになります。カスタムレコードタイプにより、どのデータをどのような方法で表示するかを制御できます。

システム管理者の Matt は、ウェルスマネジメントアドバイザーと保険エージェントの 2 種類のユーザをサポートしています。この両方に個人取引先を使用したいと考えています。けれども、ユーザの種別ごとに、必要なコンテキストや項目、表示内容が異なります。

Matt はどのような方法で設定すればよいでしょうか? レコードタイプを使用します。一方のユーザ、つまりウェルスマネジメントユーザは、標準のレコードタイプをそのまま使用することにします。他方、保険ユーザについては、表示したい情報が異なるため、別のレコードタイプを作成する必要があります。

この変更を行ってみましょう。

最初に、保険情報を表示するようにカスタマイズした Policy_Holder という個人取引先レコードタイプを作成します。
  1. 画面右上にあるプロファイル写真をクリックし、[Salesforce Classic に切り替え] を選択します。
  2. [設定] を選択します。
  3. [クイック検索] ボックスに、「個人取引先」と入力します。
  4. [レコードタイプ] を選択します。
  5. [新規] をクリックします。
  6. [既存のレコードタイプからコピーする] ドロップダウンリストから [個人取引先] を選択します。
  7. [レコードタイプの表示ラベル] に「Policy Holder」 (保険契約者) と入力します。
  8. [レコードタイプ名] は Policy_Holder です。

    必要に応じて、簡単な説明を追加します。

  9. [有効] を選択して、そのレコードタイプを有効にします。
  10. システム管理者プロファイルとアドバイザープロファイルに対してこの変更を有効にします。
  11. [次へ] をクリックします。
  12. [1 つのレイアウトをすべてのプロファイルに適用する] を選択します。
  13. ページレイアウトを選択します。この例では、ドロップダウンリストから [個人取引先レイアウト] を選択します。
  14. [保存] をクリックします。
  15. 自分の名前をクリックし、[Lightning Experience に切り替え] をクリックします。
個人取引先のレコードタイプを作成したら、Financial Services Cloud の個人のように動作させるために対応付けます。
  1. 設定 をクリックし、[設定] を選択します。
  2. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「カスタム」と入力し、[カスタムメタデータ型] を選択します。
  3. [個人レコードタイプの対応付け] をクリックします。
  4. [個人レコードタイプの対応付けを管理] をクリックします。
  5. [新規] をクリックします。
  6. レコードタイプの対応付けに次の情報を入力します。
    • カスタムレコードタイプの対応付けの表示ラベルに「Policy Holder」 (保険契約者) と入力します。
    • [取引先レコードタイプ] に、「Policy_Holder」と入力します。
    • 変更内容を保存します。

今後、取引先を作成するときに、このカスタムレコードタイプを使用できます。

これで個人取引先のエキスパートになりました。個人取引先先が何で構成されているか、個人取引先をモデル化する方法、作成する方法、そしてカスタマイズする方法を習得しました。次は、個人を世帯に追加して、そのリレーションについて検討していきます。