Financial Services Cloud のデータモデルについて

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Financial Services Cloud のデータモデルについて説明する。
  • データベース、オブジェクト、項目、レコードなどの主な用語を定義する。

データモデルとスーパーモデルの類似点

スーパーモデルとは、ファッションを魅力的にみせることを生業とする人です。データモデルの役割は、データベースの情報を魅力的にみせることです。確かに、魅力的というのは的を得た表現ではないかもしれませんが、情報を理解しやすくします。

データモデルは、データベースの各オブジェクトと、オブジェクト間の関係を示します。なるほど、という感じですよね? では、この先もデータモデルをわかりやすいものにするために、いくつかの用語を定義してから、データモデルを見ていきましょう。

データベースとは?

データベースとは、データを含む一連の関連テーブルです。データベーステーブルのことをよく知らなくても、スプレッドシートをご存知であれば大丈夫です。データベースとスプレッドシートテーブルを比べてみましょう。

これは、Financial Services Cloud トライアル組織からクライアントデータをスプレッドシートに取り込んだものです。

クライアント名、カテゴリ、マーケティングセグメント、個人の関心、投資の関心、状況の各列を示すスプレッドシートテーブル。Rachel Adams という 1 つのレコードのみが表示されています。

スプレッドシートは、クライアント名やカテゴリなどの列と、Rachel Adams のような行で構成されます。

当社のデータベースは使用する用語が異なります。
  • テーブルは、オブジェクト (金融口座オブジェクトなど) です。
  • 列は、項目 ([クライアント名] 項目など) です。
  • 行は、レコード ([Rachel Adams] レコードなど) です。

オブジェクトの詳しい説明

「金融口座」という使用頻度の高いオブジェクトを見ていきましょう。金融口座オブジェクトには、金融口座名、状況、所有権などの項目があります。このモジュールのクライアントである Rachel Adams は、投資口座など、いくつかの金融口座を所有しています。以下は Rachel の投資口座です。

サンプルの投資口座のスクリーンショット。状況は開設、所有権は個人、種別は仲買、プライマリ所有者は Rachel Adams と表示されています。

Financial Services Cloud には、Salesforce のすべての標準オブジェクトと、ビジネスデータを表す標準のファイナンシャルオブジェクトがあります。ファイナンシャルに特化したオブジェクトとして、金融口座、金融口座ロール、保有銘柄、証券などがあります。各自のビジネス要件に合わせてデータモデルを拡張することもできます。

実際のデータモデル

データモデルについて十分な時間をかけて説明してきました。ではここで、スキーマビルダーで実際のデータモデルを見てみましょう。

スキーマビルダーには次の内容が示されます。
  • オブジェクト (取引先、取引先責任者など)
  • 項目 (取引先名、取引先番号、取引先所有者など)
  • リレーション (取引先と責任者間など。リレーション行にカーソルを置くと、関連オブジェクトとそのリレーション種別を確認できます)。
まず、Financial Services Cloud トライアル組織にログインして、ホームページに移動します。
  1. 設定 をクリックし、[設定] を選択します。
  2. [クイック検索] ボックスに、「スキーマビルダー」と入力します。
  3. [スキーマビルダー] をクリックします。

あちこち見てみましょう。スクロールして、データモデルの各部や、その各部がどのようにつながっているかを見てみます。全体像がつかめたら、左側のリストのオブジェクトを選択して、特定のオブジェクトとそのリレーションを表示します。

以下は、取引先オブジェクトと取引先責任者オブジェクトがスキーマビルダーにどのように表示されるかを示しています。

取引先と取引先責任者のリレーションを表示するスキーマビルダー。取引先と取引先責任者の参照関係が示されています。

データモデルの基本的な部分を習得し、自分の目で実物も確認しました。この後さらに詳しく説明していきます。