Flow Builder の概要

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • フローのビルディングブロックについて説明する。
  • フロー要素のカテゴリを挙げる。

Flow Builder ユーザインターフェース

フローを作成するときは、Flow Builder で作業を開始します。以下はフロー作成の要素です。

Flow Builder の [New Contact (新規取引先責任者)] フロー

ツールボックス (1): ツールボックスには、フローの作成に使用する要素とリソースが含まれます。
  • [要素] タブから、[画面] や [レコードの作成] などの新しい要素をフローに追加します。
  • [マネージャ] タブから、フローで使用する変数、フェーズ、選択肢などのリソースを作成します。または、フローに追加したすべての要素とリソースのリストを表示します。
キャンバス (2): キャンバスは、要素を追加してフローを作成する作業エリアです。キャンバスに要素を追加して要素を接続するときに、フローのダイアグラムが表示されます。 

ボタンバー (3): ボタンバーにはフローに関する次のような情報が表示されます。
  • フローが有効かどうか。
  • フローがどれだけ前に保存されたか。
  • フローに警告やエラーがあるかどうか。警告やエラーを表示するには、それぞれのアイコンをクリックします。
ボタンバーには、フローを実行するための 2 つのボタン ([実行] と [デバッグ]) もあります。
  • [実行] で、開いているフローの最後に保存されたバージョンを実行します。
  • [デバッグ] では、フローの実行中にフローの入力変数の値を入力したり、デバッグの詳細を表示したりできます。こうすることで、フローがどのようにデータを処理するかを検証できます。
フローのテストとデバッグについての詳細は、「Flow Testing and Distribution (フローのテストと配布)」モジュールで学習します。

フローのビルディングブロック

どのフローも、要素、コネクタ、リソースという 3 つのビルディングブロックで構成されています。

フローの要素、コネクタ、リソース

  • 要素 (1) は、キャンバスに表示されます。キャンバスに要素を追加するには、ツールボックスの要素をクリックしてキャンバスまでドラッグします。
  • コネクタ (2) は、実行時にフローが通るパスを定義します。フローに、次にどの要素を実行すべきかを指示します。キャンバス上のある要素のコネクタをクリックして、別の要素までドラッグします。
  • リソース (3) は、項目値や数式など、特定の値を表すコンテナです。リソースは、フローの過程でいつでも参照できます。たとえば、取引先の ID を検索して、その ID を変数に保存し、後でその ID を参照して取引先を更新します。

要素 (1)

各要素は、フローに何をすべきかを指示するフロー内のステップです。これらの指示は、要素がどのようなものかによって異なります。フロー要素は、画面、ロジック、アクションという 3 種類のバケットと考えることができます。

画面

画面要素を使用してユーザにデータを表示したり、ユーザから情報を収集するフォームを作成したりします。

画面は、ユーザがフローとどのようにやりとりするかをカスタマイズできる、標準装備コンポーネントの宝庫です。ユーザにテキストや画像を表示します。テキストボックスなどを使用して自由形式の回答を求めたり、ラジオボタンなどを使用して表示された選択肢からユーザに選んでもらったりします。画面経由でユーザにファイルをアップロードしてもらうことも可能です。

[New Contact (新規取引先責任者)] フローの最初の画面。[First Name (名)]、[Last Name (姓)]、[Account (取引先)] の入力欄と、既存の取引先責任者を更新するか、新規作成するかを選ぶオプションがあります。

フロー画面に、カスタムナビゲーションやデータテーブルなど、標準装備以上の機能が必要な場合は、サードパーティのコンポーネントをインストールするか、開発者にカスタム機能を作成してもらいます。

ロジック

必要なデータを収集したら、どうすればよいでしょうか? ロジック要素を使用して、そのデータを評価し、ビジネス要件に従って操作します。ブランチの作成、データの更新、データセットのループなどを行ったり、特定の時間まで待機したりします。

ロジックはフローでのみ機能します。ロジック要素を使用してフロー内の情報の評価や操作を行う場合、フローが終了すると結果データにアクセスできなくなります。アクションを使用して、データをフロー以外の場所に保存しておきます。

アクション

アクションは、Salesforce データベースや外部システムなど、フローの外部で何かを実行するようフローに指示します。フローは、Salesforce レコードを検索、作成、更新、削除できます。また、Chatter 投稿の作成、レコードの承認申請、メールの送信を行うこともできます。

コネクタ (2)

コネクタは、実行時にフローがたどるパスを定義します。フローに、次にどの要素を実行すべきかを指示します。

リソース (3)

リソースは、フローの過程で参照するプレースホルダです。たとえば、取引先の ID を検索して、その ID を変数に保存し、後でその ID を参照して取引先を更新します。

フローの明確化

フローで利用する要素の種類の概要を学んだところで、営業部門からの依頼に戻りましょう。今すぐ Flow Builder で作業したい衝動に駆られますが、まずは要件を図表にすることから始めます。

メモ

メモ

どのツールを使用するかに関係なく、重要な点は、ビジネスプロセスを明示したうえで自動化を試みることです。

要件 使用する要素の種類
ユーザから取引先責任者の名、姓、取引先などの情報と、一致する取引先責任者が存在する場合の対処法を収集する。 画面
一致する取引先責任者レコードを検索する。 アクション
一致するレコードが見つかったかどうかを確認する。 ロジック
一致が存在しない場合、取引先責任者を作成する。 アクション
一致が存在する場合、取引先責任者を更新する。 アクション
両方のブランチで、フローが行った処理を Chatter で確認する。 アクション
両方のブランチで、フローが完了したことを確認する。 画面

これらの要件に対処するフローを作成する場合は、「Flow Builder を使用したフローの作成」トレイルの他のプロジェクトやモジュールを受講してください。「簡単なフローの作成」プロジェクトでは、説明に従ってこのフローの大部分を作成できます。「Flow Builder」モジュールでは、同プロジェクトに基づいてフローの概念を詳しく説明します。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる