Financial Services Cloud のリリースプロセスについて

学習の目的

このモジュールを完了すると、次のことができるようになります。

  • Financial Services Cloud のリリースプロセスについて説明する。
  • 自身のドメインがスケジュールのどこに位置するか判断する。

あなたの組織に近日リリース

リリースについてお話しましょう。Salesforce では、年に 3 回 Spring、Summer、Winter のリリースで、優れた新機能を皆様に提供しています。Financial Services Cloud のメジャーリリースも同様、Salesforce の年 3 回のリリースの直後に実施されます。Salesforce の一般リリースが終わり次第、Financial Services Cloud のリリースが開始されます。 

Salesforce と Financial Services Cloud のメジャーリリースはすべて業務時間外に行われるため、皆様とそのお客様にダウンタイムが生じることはありません。

では、Financial Services Cloud に更新が生じ、メジャーリリースまで待っていられない場合はどうなるのでしょうか? バグ修正やちょっとした変更は、週 1 回のパッチリリースで対応します。パッチリリースは必ずしも毎週配信されるとは限りません。メジャーリリースや DreamForce のような大きなイベントがあるときは、その週の配信がなくなることもあります。 

このトレイルの他のモジュールを修了した方は、Matt というシステム管理者を覚えているのではないでしょうか。Matt は Salesforce のメジャーリリースを大作映画の公開のように考えています。年に数回登場し、人々の期待が高く、ワクワクするような最新技術が結集されているという共通点があるためです。

年 3 回のメジャーリリース。現在公開中の大作映画の後に、近日公開の大作映画が控えているような感じです。

Matt はその一方で、パッチリリースのことを、ほぼ毎週放映される簡潔なテレビ番組のように考えています。
2 つのテレビ番組。今週はパッチ 1 で、来週はパッチ 2 です。

私の組織のリリース日は?

システム管理者は、Salesforce のメジャーリリースのスケジュールを把握し、各自の組織が次回の大規模な更新に対応可能であることを確認しておく必要があります。では、Matt が簡単な手順で Salesforce のリリースカレンダーにアクセスするところを見てみましょう。 

  1. https://status.salesforce.com にアクセスし、サイドバーの [Financial Services Cloud] をクリックします。Salesforce インスタンスに、利用可能、パフォーマンス低下、サービス中断、メンテナンスを表す各色の状況アイコンが付いたリストが表示されます。

    状況とメンテナンスのページ。Salesforce のインスタンスがいくつか表示されています。
  2. 上部の [検索] 項目に各自のドメイン名を入力して、Enter キーを押します。Matt のドメイン名は cantrell15 です。[私のドメイン] の下の検索結果に、各自のドメインをホストしているインスタンスが表示されます。cantrell15 の場合は NA122 です。
  3. このインスタンスをクリックして詳細を確認します。

この便利な詳細画面に、知るべき情報がすべて表示されます。ではこの画面をじっくり見てみましょう。

  1. 一番上はドメイン名です。
  2. その横はドメインをホストしているインスタンスの名前です。
  3. サイドバーで、現在組織で使用しているリリースを確認できます。この例では、Spring '20 リリースのパッチ 9.4 です。
  4. [現在の状況] タブでは、インスタンスの現在のパフォーマンスの概要がわかります。
  5. [履歴] タブには、インスタンスの過去のパフォーマンスに関する詳細が示されます。
  6. [メンテナンス] タブでは今後のリリースの予定を把握できます。Matt が探しているのはこの情報です。

    NA122 インスタンス上の cantrell15 ドメインの健全性を表示する [現在の状況] 画面。

Matt は [メンテナンス] タブをクリックして、今後のリリースのリストを確認します。Matt は次のメジャーリリースの日時まで確認することができます。 

[メンテナンス] タブ。2018 年 10 月の Winter '19 メジャーリリースをはじめ、過去、現在、今後のリリースのタイムラインが表示されています。

Financial Services Cloud のメジャーリリースは特に記載されていませんが、前述のとおり、Salesforce のメジャーリリースの直後に実施されます。

実施すべきことは?

リリース自体は自動的に行われますが、大半のユーザはプロセスがスムーズに進行するように、アップグレードの前後に何らかの作業を実施する必要があります。毎回メジャーリリースに先駆けて Salesforce から、リリースの前後に実行する必要のある変更点を記したメールが送信されます。記載の説明に従って、アップグレードがスムーズに行われるようにします。

注意: アップグレードの前に、リリースで上書きされる設定や、新規リリースと競合する設定を作成していないことを確認してください。以下にいくつかの例を挙げます。

  • パッケージ化されたコンパクトレイアウトに行ったカスタマイズは、各リリースのデフォルト設定で上書きされます。上書きされないようにするには、パッケージ化されたコンパクトレイアウトをコピーし、コピーしたバージョンをカスタマイズしてユーザプロファイルに割り当てます。
  • パッケージ化されたレコードタイプを無効にすると、アップグレードに失敗します。代わりに、すべてのユーザプロファイルのレコードタイプ設定セクションで、レコードタイプの割り当てを解除します。
  • パッケージ化されたセールスプロセスやリードプロセスを無効にすると、アップグレードに失敗します。代わりに、セールスプロセスまたはリードプロセスをすべての商談レコードタイプやリードレコードタイプから分離します。

パッケージ内 (Financial Services Cloud は管理パッケージです) の設定上の潜在的な競合についての詳細は、「リソース」セクションのパッケージ関連のリンクを参照してください。

リリース後は『Financial Services Cloud アップグレードガイド』のアップグレード後の各手順に従って新機能を有効にして設定します。

リソース