Skip to main content
究極のラーニングイベント、TrailblazerDX が 2024 年 3 月 6 日~ 7 日にサンフランシスコで再び開催されます。コード T24DEYE424 を使用して今すぐ申し込むと 35% の割引になります。

メンテナンス計画の作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • メンテナンス計画を作成して、お客様への定期的なメンテナンス訪問を自動化する。
  • 作業種別を作成する。
  • メンテナンス作業ルールを作成する。
  • 納入商品にメンテナンス計画を関連付ける。

メンテナンス計画とは

Ursa Major Solar の新しいソーラーパネルシステムはお客様に好評です。(しかも、電気代が安くなって助かっています。)ただし、Ursa Major は、システムを設置しただけで仕事が終わりではないことを知っています。ソーラーパネルシステムが十分に性能を発揮するには、知識のあるフィールドサービス技術者が定期的に点検する必要があります。何らかの問題があれば早期に発見できるように、Ursa Major はソーラーパネルシステムの設置から 1 年間、毎月の予防メンテナンスを提供しています。ただし、その毎月の訪問の作業指示は誰が作成するのでしょう?

そこで登場するのがメンテナンス計画です。メンテナンス計画では、1 つ以上の納入商品についてメンテナンススケジュールを定義し、今後のメンテナンス訪問の複数の作業指示を一括して生成できます。ボタンをクリックするだけで、ソーラーパネルシステムの毎月のメンテナンス訪問のすべての作業指示が完成します。

メンテナンス計画の設定

Solar Panel System 6000 納入商品のメンテナンス訪問を 1 年間にわたって毎月行うメンテナンス計画を作成しましょう。推奨されるプロセスは次のとおりです。

  1. ソーラーパネルメンテナンスのサービス予定中のフィールドサービス作業を標準化する作業種別を作成します。
  2. 納入商品のメンテナンス計画を作成します。
  3. メンテナンス作業ルールを使用してサービス訪問の条件を定義します。
  4. 納入商品にメンテナンス計画を関連付けます。
  5. 各サービス予定をスケジュールするために使用される作業指示を生成します。

作業種別を作成する

作業種別とは、作業の期間や必要なスキルなど、作業を定義するためのテンプレートです。この例のメンテナンス計画はソーラーパネルのサービスに関するものであるため、ソーラーパネルメンテナンスの作業種別を作成しましょう。

メモ

この単元で取り上げた項目が表示されない場合は、[設定] のオブジェクトマネージャーに移動して、[メンテナンス計画] ページレイアウトに追加してください。

  1. アプリケーションランチャーで、[作業種別] を見つけて選択します。
  2. [新規] をクリックし、次の詳細を入力します。
    • 作業種別名: Solar Maintenance (ソーラーメンテナンス)
    • 予想所要時間: 1
    • 所要時間種別: 時間
    • サービス予定を自動作成: オン
  3. 作業種別にスキル要件、商品、ナレッジ記事を追加することもできますが、ここではシンプルにしておきましょう。項目が入力された [新規作業種別] ウィンドウ。
  4. 残りの項目は空白のままにして [保存] をクリックします。

メンテナンス計画を開始する

DreamHouse Realty の新しいソーラーパネルシステムに対して 1 年間にわたって毎月行うメンテナンス計画を作成します。

  1. アプリケーションランチャーから、[メンテナンス計画] を選択します。
  2. [新規] をクリックし、次の詳細を入力します。(項目の詳細情報については「複数のメンテナンススケジュールの作成」を参照してください。)
    • 作業種別: Solar Maintenance (ソーラーメンテナンス)
    • 取引先: DreamHouse Realty
    • 開始日: 来月の初日
    • 終了日: 開始日の 1 年後。
    • 作業指示の生成方法: 納入商品ごとに 1 つの作業指示
    • メンテナンス実施期間の開始 (日数): 3
    • メンテナンス実施期間の終了 (日数): 3
    • 生成期間: 12
    • 生成期間種別:
    • 次のバッチの最初の作業指示の日付: 開始日と同じ
    • 生成範囲 (日数): 3
    • メンテナンス計画タイトル: One Year Solar Maintenance (1 年間のソーラーメンテナンス)
  3. 残りの項目は空白のまま [保存] をクリックします。

メンテナンス作業ルールを追加する

新しいメンテナンス計画にメンテナンス作業ルールを追加して、定期的なメンテナンススケジュールを作成します。カレンダーベース、使用量ベース、条件ベースのメンテナンス作業ルールを作成できます。

あなたは Solar Panel 6000 に対して毎月の訪問をスケジュールしたいと考えているため、カレンダーベースの条件を使用します。必要に応じて、複数のカレンダーベースのメンテナンス作業ルールを定義することもできます。たとえば、毎月のメンテナンス訪問用に 1 つと、さらに広範囲にわたる毎年のメンテナンス訪問用にもう 1 つなどです。ここでは、シンプルに 1 つだけを定義します。

  1. [One Year Solar Maintenance (1 年間のソーラーメンテナンス)] メンテナンス計画で、[Related (関連)] タブを選択します。[Maintenance Work Rules (メンテナンス作業ルール)] セクションを見つけ、[New (新規)] をクリックします。
  2. 次の詳細を入力します。
    • メンテナンス作業ルールタイトル: Monthly Solar Maintenance (毎月のソーラーメンテナンス)
    • メンテナンス作業ルールタイプ: カレンダーベース
    • 作業種別: Solar Maintenance (ソーラーメンテナンス)
    • メンテナンス計画: MP-0001
    • 並び替え順: 1
    • 次のバッチの最初の作業指示の日付: メンテナンス計画の開始日と同じ
    • 繰り返し期間:
    • 頻度: 1
    • 繰り返し日: 日付1
    • 出現後: 12
    • その他の項目は空白のままにします。
    • メモ: レコードセット条件を使用して作業ルールを作成する場合は、[メンテナンス作業ルールタイプ] で [条件ベース] を選択します。次に、最初の作業指示の作業種別、メンテナンス計画、並び替え順、日付を選択または入力します。最後に、既存のレコードセット条件 ([Hot Water Heater Processed 10,000 Gallons (10,000 ガロンを処理した温水器)] など) を選択します。値が入力された [新規メンテナンス作業ルール] ダイアログ
  3. [保存] をクリックします。

その他の項目についての詳細は、「メンテナンス計画の項目」を参照してください。

流動的な作業指示を生成することもできます。流動的な作業指示は最後の作業指示が完了した日に基づいて作成されます。たとえば、毎月のソーラーパネルサービスが 6 月 1 日にスケジュールされていたが、完了したのは 6 月 8 日だったとします。流動的な作業指示は実際の完了日の 1 か月後である 7 月 8 日にスケジュールされます。固定スケジュールであれば次の作業指示は 7 月 1 日にスケジュールされます。

この例ではカレンダーベースの条件を使用しましたが、条件ベースや使用量ベースの作業ルールの例を次に示します。

条件ベースの作業ルール 

メンテナンス訪問をトリガーする 1 つ以上の条件を選択します。(詳細は、「条件に基づくメンテナンスの作成」を参照してください。)

  • ソーラーパネルの温度が華氏 185 度 (摂氏 85 度) に達し、ソーラーパネルの効率が 10% 未満に低下した場合には問題があるため、メンテナンス訪問をスケジュールします。
  • 2 つのレコードセット検索条件を選択します。1 つは [Internal Temperature (内部温度)] 項目に関するもの (185 度より高い) で、もう 1 つは [Efficiency (効率)] 項目に関するもの (10% より低い) です。この 2 つの項目値に達するかその値を超えた場合、パネルに損傷がないか、または場所に問題がないかを確認するためにフィールドサービス訪問がトリガーされます。
  • 最後に、条件ベースのメンテナンス作業ルールを作成し、新しく作成したレコードセット検索条件を選択します。

メンテナンス作業ルールの [新規レコードセット検索条件] ダイアログ。温度 > 185 と効率 < 0.10 の条件が設定されている。

使用量ベースの作業ルール 

メンテナンス訪問をトリガーする 1 つ以上の使用量を選択します。(詳細は、「Create Usage-Based Maintenance (使用量ベースのメンテナンスを作成する)」を参照してください)。

  • 太陽熱温水器の処理量が 10,000 ガロンになると、点検を行い、犠牲陽極を交換する必要があります。
  • [Gallons Processed (処理済みガロン数)] 項目にレコードセット検索条件 (10,000 より大きい) を作成します。この値に達すると、陽極を交換するためのフィールドサービス訪問がトリガーされます。
  • 最後に、条件ベースのメンテナンス作業ルールを作成し、新しく作成したレコードセット検索条件を選択します。

メンテナンス作業ルールの [新規レコードセット検索条件] ダイアログ。[利用状況項目] が [Gallons Processed (処理済みガロン数)] で、[頻度] が 10000 の条件が設定されている。

メンテナンス計画はサービス契約の条件を実施するために使用されることが多いため、[サービス契約] 参照項目を使用してメンテナンス計画をサービス契約にリンクすることができます。この項目は、エンタイトルメント管理が有効な場合にのみ表示されます。

これで完了です。ここでは、DreamHouse Realty の予防メンテナンススケジュールを定義しました。次に、メンテナンス計画を、対象となる納入商品に関連付けましょう。

メンテナンス納入商品を関連付ける

メンテナンス納入商品を作成することで、メンテナンス計画を 1 つ以上の納入商品に関連付けることができます。メンテナンス納入商品は、納入商品と計画の関係を表すレコードです。 

計画にメンテナンス納入商品を追加すると、次のことが行われます。

  • 各メンテナンス日に対して、[納入商品あたり 1 つの作業指示] を選択すると、各メンテナンス納入商品に対して 1 つの作業指示が作成されます。計画が 3 つの納入商品を対象としていて、毎月メンテナンス訪問を提供する場合、各月のメンテナンスに対して 3 つの作業指示が作成されます。
  • メンテナンス納入商品はメンテナンス計画の作業種別を継承しますが、メンテナンス納入商品で異なる作業種別を選択することもできます。たとえば、特定の納入商品の作業指示に必要商品を含める場合に、そのメンテナンス納入商品用に特別な作業種別を作成できます。
  • メンテナンス納入商品には、メンテナンス計画の [次のバッチの最初の作業指示の日付] が含まれています。これはメンテナンス納入商品で更新できます (お客様が訪問の延期を依頼した場合など)。この項目は、新しい作業指示のバッチが生成されるたびに各メンテナンス納入商品で自動的に更新されます。
  • メンテナンス納入商品はメンテナンス計画のメンテナンス作業ルールを継承します。納入商品にメンテナンス作業ルールを追加することで、特定の納入商品に対して上書きすることができます。たとえば、古いソーラーパネルは同じ場所の新しいソーラーパネルよりも頻繁にメンテナンスが必要になります。

DreamHouse のソーラーパネルシステムをメンテナンス計画に追加しましょう。

  1. [One Year Solar Maintenance (1 年間のソーラーメンテナンス)] メンテナンス計画の [メンテナンス納入商品] 関連リストで [新規] をクリックします。
  2. [納入商品] 項目で [Solar Panel System 6000] を選択します。
  3. [作業種別] 項目と [次のバッチの最初の作業指示の日付] 項目は空白のままにしておきます。保存すると、これらの項目が自動的に入力されます。項目が入力された [新規メンテナンス納入商品] ウィンドウ
  4. [保存] をクリックします。

これで、計画が 1 つの顧客納入商品を対象とするようになりました。

お疲れさまでした。ここでは、メンテナンス計画を作成し、納入商品に関連付けることによって、DreamHouse Realty の予防メンテナンススケジュールを定義しました。次は、これを使用して作業指示を生成する方法を見ていきましょう。 

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる