テリトリーと稼働時間の設定

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • サービステリトリーがフィールドサービス作業の追跡にどう役立つかを説明する。
  • サービステリトリー別に稼働時間を調整する。
  • 個々のサービスリソースに稼働時間を追加する。

稼働時間の管理

通常、会社は稼働時間を設定し、その時間内はお客様が派遣作業員を要求する電話をかけられるようにします。つまり、フィールド技術者が午前 3 時にお客様の家に向かうことはおそらくないはずです。会社によっては、お客様の所在地やサービス契約の条件などに応じて時間を変えているかもしれません。Field Service がサービス契約、リソースのスケジュール、地域の休日を考慮してサービス予定を最適化できるように、フィールドサービスの稼働時間を設定します。

ニューヨーク州ニューヨーク市に会社のサービステリトリーがある場合、そのタイムゾーンに対応した稼働時間を作成する必要があります。これにより、お客様と派遣作業員は適切な作業時間に合わせることができます。

  1. アプリケーションランチャーで、[稼働時間] を見つけて選択します。
  2. [新規] をクリックします。
  3. [名前] に Mon-Fri 8am-5pm (East) (月~金午前 8 時~午後 5 時 (東部)) と入力します。
  4. [説明] に New York hours (ニューヨーク時間) と入力します。
  5. ドロップダウンから [東部標準時 (アメリカ/ニューヨーク)] を選択します。
    [新規稼働時間] ダイアログ
  6. [保存] をクリックします。

米国東海岸の週間稼働時間を設定できました。

サービステリトリーの管理

派遣作業員は通常、自宅に近い 1 つの地域で作業することを希望します。そのためにはサービステリトリーが役立ちます。サービステリトリーは、Field Service のコア機能の 1 つです。稼働時間と派遣作業員をテリトリーに割り当てて、フィールド業務の円滑な実施を維持します。

通常、サービステリトリーはフィールドサービスチームが作業する地域を表します。ただし、機能テリトリー (フィールドセールスとフィールドサービスなど) を作成することもできます。

[サービステリトリー] タブで、テリトリーを作成し、稼働時間を割り当てます。

  1. アプリケーションランチャーで、[サービステリトリー] を見つけて選択します。
  2. [新規] をクリックします。
  3. [名前] に New York Area (ニューヨーク地区) と入力します。
  4. [稼働時間] ドロップダウンを使用して [Mon-Fri 8am-5pm (East) (月~金午前 8 時~午後 5 時 (東部))] を選択します。
  5. [有効] を選択します。これにより、メンバーをテリトリーに追加し、テリトリーを作業指示、作業指示品目、またはサービス予定に関連付けることができます。
    [新規サービステリトリー] ダイアログ
  6. [保存] をクリックします。

ヒント: サービステリトリーを階層で整理できます。サブテリトリー (ニューヨークの区など) を含む、サービステリトリーの階層を作成する場合は、最初に最上位レベルのテリトリーを作成するのが最も簡単です。

サービスリソースの稼働時間の管理

Salesforce で稼働時間をサービスリソースレコードに割り当てる場合、サービスリソースの詳細ページで直接稼働時間を割り当てることができないため、ややコツが要ります。これは、理論上、技術者は複数のテリトリーで作業できるためです。

したがって、サービスリソースの稼働時間は、属するテリトリーごとにそのメンバーレコードで設定します。まだわかりづらいでしょうか? では、順を追って見ていきましょう。

  1. アプリケーションランチャーで、[サービスリソース] を見つけて選択します。
  2. [名前] 列で自分の名前をクリックします。
  3. [関連] タブをクリックします。
  4. [サービステリトリー] 関連リストで、[新規] をクリックします。
  5. [サービステリトリー] ルックアップを使用して、[New York Area (ニューヨーク地区)] を選択します。ときどき別の地域で作業する場合は、自分をそのサービステリトリーにも追加できますが、セカンダリテリトリー種別にする必要があります。
    [新規サービステリトリーメンバー] ダイアログ
  6. [稼働時間] ルックアップを使用して [Mon-Fri 8am-5pm (East) (月~金午前 8 時~午後 5 時 (東部))] を選択します。
  7. 開始日を入力します。ダイアログの右にあるカレンダーアイコンをクリックすれば、簡単に自動的に今日の日付が入力されます。
  8. [保存] をクリックします。

お疲れさまでした! これでフィールドサービスセンターの基本を確認できました。会社のニーズに合わせてフィールドサービス機能を追加し、設定できます。続けて「フィールドサービスセンターのカスタマイズ」モジュールに進み、フィールドサービス事業の体制を整えていきましょう。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる