Event Monitoring Analytics を使い始める

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Event Monitoring Analytics がビジネスにもたらす価値について説明する。
  • Event Monitoring Analytics で重要業績評価指標 (KPI) を視覚化し、ユーザの行動に関する重要な疑問の答えを得る方法を説明する。
  • ユーザが Event Monitoring Analytics アプリケーションを作成して管理するために必要な権限を挙げる。

KPI や組織のアクティビティを一目で把握できるようにする

あなたは DTC Electronics 社の Salesforce システム管理者です。1 か月前にイベントモニタリングを使用して、現在は退職した Rob Burgle という従業員が社外秘のレポートをダウンロードしたためデータ損失が生じた可能性を突き止めました(Trailhead の「イベントモニタリング」モジュールを受講した方は、この筋書きを覚えているかもしれません)。

たった今、最高情報責任者 (CIO) から電話があり、レポートのダウンロードの推移を把握すること、ベンチマークに照らしてパフォーマンスを評価すること、そして問題を早めに特定することを目的に、今後レポートのダウンロードについて毎週報告するよう求められました。しかも、「毎週報告」の第 1 回目が明日ということです。

そこで、情報をすぐさま収集するにはどうすればよいか考えます。社内の他の部門が Salesforce 系列の事前作成済み Tableau CRM アプリケーションを導入したという話を思い出しました。イベントモニタリングには多数の事前作成済みダッシュボードを備えたアプリケーションがあるということなので、早速調べてみることにします。Event Monitoring Analytics の助けを借りれば、あなたや CIO の次のような疑問の答えを見つけられるかもしれません。

  • 先週のダウンロード数が上位のレポートは何か?
  • レポートのダウンロードの推移に懸念すべき点はないか?
  • レポートのダウンロード数が最も多いのは誰か?
  • パフォーマンスに問題のあるレポートはないか?

Event Monitoring Analytics についての知識を深める

Event Monitoring Analytics アプリケーションを使用すれば、データから導かれたインサイトに基づいて簡単にアクションを実行できます。Event Monitoring Analytics では Salesforce イベントログからデータを取り込み、Salesforce システム管理者向けとユーザ向けの 2 種類のダッシュボードに情報を提示します。このアプリケーションを使用すれば、組織のデータをドリルダウンして、不審な行動、ページのパフォーマンスの低下、ユーザの採用率の停滞などを速やかに特定できます。

[Page View Trends By User]、[Shared IPs By User]、[Page Views By User] を表示する [Page Views (URIs)] ダッシュボード

イベントログデータから情報を導き出す複雑なクエリや比率を作成し、その情報をまとめてわかりやすい方法で視覚化するという面倒な作業の大半は Salesforce が済ませています。あなたが設定ウィザードで確認したいデータとその対象期間に関する質問に答えれば、あとは Event Monitoring Analytics が処理してくれます。

日次データフローをスケジュールして、そのフローが正常に実行されれば、アプリケーションを作成したときに実行可能な一連のダッシュボードが表示され、必要に応じて調整できます。

アプリケーションが生成された後、事前作成済みのデータセットとダッシュボードを使用して、Tableau CRM Platform をサポートする任意のデバイスからイベントモニタリングデータを操作してみると、直観的かつ視覚的なインターフェースに主要なインサイトが示されます。調べたい領域をさらにドリルダウンし、ダッシュボードで直接、重要業績評価指標 (KPI) に関するメール通知を設定します。

DTC Electronics はイベントモニタリングを購入済みで、この製品に Event Monitoring Analytics アプリケーションのライセンスが 10 個付属しています。Salesforce システム管理者であるあなたは、自身に「Event Monitoring Analytics」管理者権限を割り当てます。この権限があれば、Event Monitoring Analytics のアプリケーションやテンプレートにアクセスして、Analytics テンプレートアプリケーションを使用したり、データフローを編集したりすることができます。つまり、このユーザ権限で Event Monitoring Analytics アプリケーションを作成して管理できます。次に、ダッシュボード閲覧者に「Event Monitoring Analytics」ユーザ権限を付与します。そして、アプリケーションを作成して使い始めます。

メモ

メモ

イベントモニタリングは Salesforce Shield プラットフォームの一部です。Salesforce Shield は 3 つのセキュリティツールで構成されます。システム管理者や開発者はこれらのツールを使用して、ビジネスクリティカルなアプリケーションに新たなレベルの信頼性、透明性、コンプライアンス、ガバナンスを組み込むことができます。Salesforce Shield にはイベントモニタリングのほか、Platform Encryption や項目監査履歴も搭載されています。

Developer Edition 組織で事前作成済みの Tableau CRM アプリケーションを試す

メモ

メモ

このモジュールでは、既存の Developer Edition 組織や Trailhead Playground 組織は使用できません。ご使用のアプリケーションの限定ライセンスに付属する新しい Developer Edition アカウントにサインアップしてください。この組織は Tableau CRM に対応し、この Trailhead モジュール用のサンプルデータが搭載されています。

では、サインアップしてログインし、アプリケーションを操作していきましょう。

  1. developer.salesforce.com/promotions/orgs/analytics-de に移動します。
  2. 有効なメールアドレスを使用して、フォームに入力します。ユーザ名も一意でメールアドレスに似た形式にする必要がありますが、有効なメールアカウントである必要はありません。たとえば、ユーザ名を yourname@analyticsrocks.de とすることも、会社名を挿入することもできます。

Tableau CRM 対応の Developer Edition 組織のサインアップページ

       3.フォームに入力したら [サインアップ] をクリックします。確認メッセージが表示されます。

       4.アクティベーションメールを受信したら、そのメールを開いて [アカウントを確認] をクリックします。

       5.登録を完了し、パスワードと確認用の質問を設定します。

メモ

メモ

ログイン情報を書き留めるか覚えておきます。ログインして操作してみる場合は、login.salesforce.com にアクセスします。

       6.[保存] をクリックします。

新しい Tableau CRM 対応の Developer Edition 組織にログインできました。 

これで準備完了です。各自の Event Monitoring Analytics アプリケーションを作成できます。

Event Monitoring Analytics を作成して使用する方法を学ぶ

ここからは、Event Monitoring Analytics アプリケーションを一緒に作成して使用していきます。随所でサポートしますが、それほど必要ないものと思われます。

次の単元に進んで各自のアプリケーションを作成する前に、数分の時間を取って以下の設問に取り組み、バッジの獲得を目指してください。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる