Analytics ダッシュボードにさらなるデータを追加する

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Tableau CRM を使用して各自のデータをダッシュボードに追加する方法を説明する。
  • ビジネスニーズに合わせてダッシュボードをカスタマイズする。
  • Event Monitoring Analytics アプリケーションを他のユーザと共有する。

ダッシュボードは Reports だけではない

Reports ダッシュボードを確認して問題や推移を見極め、最高情報責任者 (CIO) に報告できるようにしました。けれども、イベントモニタリングのデータには、レポートだけでなく、ページビュー、ログイン、Apex の使用状況など、他にもさまざまな情報があります。こうしたデータを使用してさらなる質問の答えを見つけてみましょう。

たとえば、前の単元で Bob Bandit が過去 1 か月間に High Net-Worth Contacts レポートを 100 回以上実行した可能性を突き止めました。組織での Bob の他のアクティビティも気になります。

Bob のページビューに戻り、他にも知っておくべき不審なアクティビティがないか確認してみましょう。この例では、Bob が最も頻繁にクリックした取引先がどこかを確認することにします。この情報を得るために、Page Views (URI) ダッシュボードに付加価値データを追加して、解釈しやすくします。

データセットにデータを追加して増強する

Page Views (URI) ダッシュボードには /apex/SOQLQuery や /lightning などの URI のみが表示され、取引先レコードは表示されません。ここでダッシュボードをカスタマイズしてオブジェクトの名前と種別を追加し、Bob がどの取引先レコードにアクセスしたのか (アクセスしていた場合) を確認できるようにします。

けれどもその前に、データセットを作成して、このデータを Event Monitoring Analytics に追加します。データセットとは何なのでしょうか? データセットとは、非正規化され、高度に圧縮された形式で保存されている関連データのコレクションです。つまり、データセットは Event Monitoring Analytics のデータのコンテナです。ダッシュボードにオブジェクトの名前と種別を表示するためには、何よりもまずそのデータがデータセットに存在している必要があります。

そのため、オブジェクトの名前と種別をデータセットに追加します。

  1. [Analytics Studio] に移動します(別のタブで開いてるはずですが、開いていない場合は、アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) で、[Analytics Studio] を見つけて選択します)。
  2. [作成] をクリックして、[データセット] を選択します。
    [作成] メニューが表示され、[データセット] が強調表示されている Tableau CRM Analytics Studio ページ
  3. [新規データセット] で、[Salesforce データ] をクリックします。
    データソースの選択ページ
  4. データセットに「AccountDataset」という名前を付けます。
  5. [新しいデータフローに追加] オプションを選択します。
  6. AccountDataflow と入力して、[次へ] をクリックします。
    [新規データセット] ページ
  7. [取引先] オブジェクトを選択し、[+] をクリックして取引先の項目を選択します。
    [取引先] オブジェクトと [+] メニュー
  8. [取引先名] 項目と [取引先 ID] 項目を選択します。
    [取引先名] と [取引先 ID] が強調表示されている [項目を選択] ページ
  9. [次へ] をクリックします。
  10. データセットに [Analytics for CIO (CIO 向け Analytics)] アプリケーションを選択して、[データセットを作成] をクリックします。
    [新規データセット] ページ
  11. データセットがキューに追加されたことが通知されます。[OK] をクリックします。
    データセットがキュー内にあることを伝えるメッセージ
  12. 次に、データフローを更新します。ページの右上にある [データフローを更新] をクリックします。ページの中央にポップアップ画面が表示されたら、もう一度 [データフローを更新] をクリックします。
    [データフローを更新] が強調表示されている [AccountDataflow] ビューページ
  13. ページの右上にある [データフローを実行] をクリックします。ページの中央にポップアップ画面が表示されたら、[データ監視に移動] をクリックします。ポップアップ画面が表示されない場合やエラーメッセージが表示された場合は、[データマネージャ] タブをクリックして [監視] に移動し、ジョブの状況を確認します。
    [データフローを実行] が強調表示されている [AccountDataflow] ビューページ
  14. [監視] ページで、データセットの作成を監視できます。
    [ジョブ] ビューが強調表示されている [監視] メニュー
  15. データセットが正常に作成されたら (数分かかることがあり、[成功] 状況メッセージを表示するために画面を更新しなければならないことがあります)、Analytics Studio に移動します。この時点で Analytics Studio が別のタブで開いているはずです。開いていない場合は、アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) で、[Analytics Studio] を見つけて選択し、[Analytics for CIO (CIO 向け Analytics)] アプリケーションホームページを開きます。
  16. [データセット] タブをクリックすると、データセットリストの一番上に [AccountDataset] が表示されます。

[AccountDataset] が強調表示されている [データセット] ビューページ

これで、データセットに取引先の名前と ID が追加されました。けれども、ダッシュボードに表示したいデータはこれだけではありませんよね? ページビューのデータもあると役立ちます。

AccountDataset を強化する

既存の URIWithUsers データセットのデータを新しい AccountDataset に取り込んで強化しましょう。このデータセットは、事前作成済みの Page Views ダッシュボードが使用するものです。Salesforce ではユーザ ID がすでに非正規化され、人間が判別できるユーザ名になっています。

  1. 右上のギアアイコンをクリックし、[データマネージャ] を選択します。
    [データマネージャ] オプションが強調表示されているギアアイコンメニュー
  2. 左上にある [データフローとレシピ] をクリックし、[レシピ] をクリックします。
    [データフローとレシピ] ページ
  3. 右上の [レシピを作成] をクリックしてから、[データを選択] をクリックします。
  4. レシピのベースデータセットに [AccountDataset] を選択して、[次へ] をクリックします。
    [AccountDataset] が強調表示されている [入力データを選択] ビューページ
  5. AccountDataset を URIWithUsers データセットと結合するために、AccountDataset アイコンの横にあるプラス記号をクリックして、ドロップダウンメニューから [結合] を選択します。
    AccountDataset アイコンが表示され、プラス記号関数が強調表示されている [レシピ] ビューページ
  6. [入力データを選択] ページリストから [URIWithUsers] データセットを選択して AccountDataset と結合し、[次へ] をクリックします。
  7. [参照関係] 結合種別を選択し、参照関係に [複数値を検索] を選択すると、右データストリームから一致するすべての行が返されます。続いて、[結合キー] 項目に、データセットレシピで相関させる列を 2 つ入力します。ここでは、URIWithUsers データセットの URI_ID_DERIVED と、AccountDataset データセットの Account ID (取引先 ID) を入力し (後者が入力済みの場合もあります)、[追加] をクリックします。
    [AccountDataSet] データセットと [URIWithUsers] データセットが強調表示された [結合キー] の項目
  8. レシピを作成するには、[列] ビューページの上部にある [名前] 列をクリックして、すべてのデータセットをレシピに含めます。
メモ

メモ

デフォルトで、結合ノードにはレシピのベースデータセットにあるすべての列 (この場合は Account ID) と、[結合キー] 項目に表示されるもの (他のデータソースの URI_ID_DERIVED) のみが含まれます。 

[名前] 列のチェックボックスがオンで、強調表示されている [列] ビューページ

9.[適用] をクリックします。 

10.次に、出力ノードを作成して、レシピを実行する準備をします。レシピ画面の上方にあるプラス記号をクリックして、ドロップダウンメニューから [出力] を選択します。 

AccountDataSet アイコンと URIWithUsers アイコンが表示され、プラス記号関数が強調表示されている [レシピ] ビューページ

11.[出力] ページの [データセットの表示ラベル] で URI_With_Account_Data という名前を付け、[アプリケーションの場所] で [Analytics for CIO (CIO 向け Analytics)] を選択します。 

12.[適用] をクリックします。 

[適用] が強調表示されている [出力] ビューページ

13.ページの右上にある [保存して実行] をクリックします。 

[保存して実行] が強調表示されている [レシピ] ビューページ

14.レシピに Joint Account Info with URI Dataset (取引先情報を URI データセットに結合) という名前を付け、[保存] をクリックします。 

15.実行状況を表示するには、[データマネージャに戻る] (ページの右上) をクリックします。 

[ジョブ] ビューが強調表示されている [監視] ビューページ

16.レシピが正常に実行されたら (数分かかることがあり、[成功] 状況メッセージを表示するために画面を更新しなければならないことがあります)、Analytics Studio に移動します。この時点で Analytics Studio が別のタブで開いているはずです。開いていない場合は、アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) で、[Analytics Studio] を見つけて選択し、[Analytics for CIO (CIO 向け Analytics)] アプリケーションホームページを開きます。

17.[データセット] タブをクリックすると、データセットリストの上のほうに [URI_With_Account_Data] が表示されます。 

[URI_With_Account_Data] が強調表示されている [データセット] ビューページ

これで、必要なデータがすべて 1 つのデータセットにまとめられました。では、ダッシュボードに表示してみましょう。 

Page Views ダッシュボードをカスタマイズする

最初に、Page Views ダッシュボードのコピーを作成し、「Account Page Views」(取引先ページビュー) という名前を付けます。

  1. Tableau CRM Analytics Studio で、Analytics for CIO (CIO 向け Analytics) アプリケーションに移動します。アプリケーションのホームページで、検索バーに「Page Views (URI)」と入力して、Page Views (URI) ダッシュボードを開きます。
  2. [さらに表示] メニューで、[新規タブにコピー] をクリックします。
    [新規タブにコピー] が選択されている [さらに表示] メニュー
  3. コピーしたダッシュボード名の横にある鉛筆アイコンをクリックして、[Account Page Views (取引先ページビュー)] に変更します。ディスクアイコン[保存] の順にクリックして、新しいダッシュボードを必ず保存します。

    続いて、データセットをダッシュボードに追加して、レイアウトを調整します。

  4. Analytics Studio で、URI_With_Account_Data データセットを検索し、タイトルをクリックして開きます。
  5. [棒] の横にある [+] をクリックして、[取引先名] を選択します。
    [取引先名] が強調表示されている [新規レンズ] ページ
  6. 上記の手順を繰り返し、User.Name でグループ化します。
    取引先名と User.Name でグループ化された [新規レンズ] ページ
  7. ツールバーで、デザイナにクリップアイコンをクリックし、レンズに URIWithAccountAndUserNames という名前を付けてから、[デザイナにクリップ] をクリックします。
    [デザイナにクリップ] ボタンが選択されたツールバー
  8. Analytics Studio ホームページに移動して、Account Page Views (取引先ページビュー) ダッシュボードを開きます。
  9. ツールバーで、鉛筆アイコンをクリックして Account Page Views (取引先ページビュー) ダッシュボードを編集します。
  10. 右側のクエリリストから、[URIWithAccountAndUserNames] レンズをダッシュボード上の表示したい位置にドラッグします。Shift キーを押しながらドラッグすると、他のダッシュボードパネルが自動的に他の場所に移動します。新しいパネルのデフォルトサイズが小さすぎる場合は、サイズを変更します。
    URIWithAccountAndUserNames レンズのプレースホルダが表示されている Account Page Views (取引先ページビュー) ダッシュボード
  11. ツールバーで、ダッシュボードを保存してプレビューします。

中央に URIWithAccountAndUserNames レンズが挿入された Account Page Views (取引先ページビュー) ダッシュボード

アプリケーションを共有する

あと 1 つの手順は、アプリケーション を CIO と共有することです。 

  1. アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) で、[Analytics Studio] を見つけて選択します。
  2. [自分が作成] セクションに移動し、[Analytics for CIO (CIO 向け Analytics)] アプリケーションタイルの横にあるドロップダウンメニューをクリックして、ドロップダウンメニューから [共有] を選択します。
    [共有] オプションが強調表示されている [Analytics for CIO (CIO 向け Analytics)] アプリケーションメニュー
  3. Julie Chavez を検索してアプリケーションの編集者として追加したら、[追加] をクリックします。
  4. [保存] をクリックします。この結果、Event Monitoring Analytics を使い始めることを促すメールが Julie に送信されます。

まとめ

地道な作業を丹念に成し遂げました! Julie から、次回訪問したときにあなたのお気に入りのレストランのランチに連れて行ってくれるというメールが届きました。Julie も喜んでいるようです。

もちろん、Salesforce システム管理者としての仕事はこれで終わりというわけではなく、今後も随時微調整が必要になるものと思われます。けれども差し当たり、Event Monitoring Analytics の作成プロセスを完了させた自分を褒めてあげましょう。

Event Monitoring Analytics をさらに向上させる目的で、この Salesforce アプリケーションをモバイルデバイスにインストールすることを検討します。そうすれば、外出先でも、オフィスやコンピュータの前にいなくても、ダッシュボードを確認できるようになります。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる