メールのテストと送信

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 2 種類のテストメカニズム (購読者のプレビューとテスト送信) について説明する。
  • メール送信フローに含まれる 4 つの主要なステップについて説明する。
  • Email Studio でメールを送信する。

メールのプレビューと送信

「送信先でどう表示されるかわからないけれど、このメールを 10,000 人の購読者に送信しよう」と言う人はいません。メールを送信前に検証およびテストすることで、コンテンツが意図したとおりに表示されることを確認できます。メールの検証には購読者のプレビューとテスト送信を使用します。

Content Builder の [購読者のプレビュー] では、ダイナミックコンテンツ、A/B テスト、パーソナライズを含む 1 件のメールを表示できます。Yasmin は、購読者のプレビューを使用して、データエクステンションの個々の購読者にメールがどう表示されるかを正確に確認したいと考えています。

Email Studio の [コンテンツ] タブで、次の手順を実行します。

  1. 送信するメールに関連付けられている下矢印をクリックします。
  2. [プレビューとテスト] をクリックします。
  3. [購読者] タブで、データエクステンションから購読者を選択します。メールをプレビューします。

[購読者のプレビュー] を使用してプレビューされた、個々の購読者に表示されるEメール

Yasmin は、メールをプレビューした後、テスト送信を行います。テスト送信では、ライブ送信を実行する前に、テストオーディエンスに送信して受信者の受信トレイでメールが正しく表示されることを検証できます。

Email Studio の [コンテンツ] タブで、次の手順を実行します。

  1. 送信するメールに関連付けられている下矢印をクリックします。
  2. [プレビューとテスト] をクリックします。
  3. [テスト送信] タブで、[受信者] に最大 5 つのメールアドレスを入力するか、テスト用の購読者がすべて含まれるテストデータエクステンションを選択します。
  4. [変更] をクリックしてテスト送信のパーソナライズオプションを選択します。
    • 「<購読者>」に基づく: テストメールには、[購読者のプレビュー] ステップで選択された購読者に基づいてパーソナライズが表示されます。
    • 「<リストまたはデータエクステンション>」に基づく: テストメールには、[購読者のプレビュー] ステップで選択したリストまたはデータエクステンションの全体に基づいてパーソナライズが表示されます。たとえば、リストに 20 人の購読者が含まれている場合、20 バージョンのパーソナライズメールが各受信者に送信されます。
    • 「<受信者のテストデータエクステンション>」に基づく:テストメールは、選択された受信者のテストデータエクステンション内の各購読者に送信されます。メールは、受信者のデータに基づいて表示されます。
  5. [送信者オプション] セクションに入力します。ここには、認証済みメールドメインのみが表示されます。
  6. [送信テスト] をクリックします。
  7. [テスト送信のサマリー] を確認します。

テスト送信の受信者を入力する

メールの送信

送信は Yasmin (と皆さんの) 懸命な努力の結晶であり、データのインポートと同様に、手動または自動で行うことができます。Cloud Kicks では今回初めて Marketing Cloud を使用して送信するため、Jasmine は手動での送信を選択します。Yasmin が送信フローを使用してメール送信をどう開始したかを見てみましょう。

メール送信フローは、各ステージを表す 4 つのタブで構成されます。

  1. プロパティの定義: 件名行、プリヘッダー、送信者オプション、送信分類を編集します。
  2. オーディエンスの選択: 対象オーディエンス、除外または連絡禁止にするオーディエンスを選択します。Sales Cloud のレポートとキャンペーンなど、すべてのオーディエンスの種別に送信できます。
  3. 配信の構成: スケジュール、送信の調整、詳細オプションを構成します。
  4. レビューと送信: 選択したメールのプレビュー、送信構成のレビュー、エラーの修正、送信を行います。

Yasmin は送信フローを複数の方法で起動できます。

  1. Content Builder グリッドでメールに関連付けられている下矢印をクリックし、[送信] をクリックする。
  2. Content Builder グリッドから 1 クリックアクション列でメールから [送信] をクリックする。
  3. 送信フローで [保存して送信] をクリックする。

これで送信の準備が整いました。

Content Builder グリッドでメールから送信フローを起動する

Email Studio の [コンテンツ] タブで、次の手順を実行します。

  1. 送信するメールの横にある下矢印をクリックします。
  2. [送信] をクリックします。
  3. [プロパティの定義] タブで、次の手順を実行します。
    • 必要に応じて [件名] を編集します。
    • 必要に応じて [プリヘッダー] を編集します。
    • 必要に応じて [送信者プロファイル] を編集します。
    • 必要に応じて [送信分類] を編集します。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. [オーディエンスの選択] タブで、次の手順を実行します。
    • [データエクステンション] フォルダーをクリックします。
    • MasterSubscriber を [対象設定済み] にドラッグします。
    • [すべての購読者] パブリケーションリストを選択します。
    • 必要に応じて、除外または連絡禁止のデータエクステンションをドラッグします。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. [配信の構成] タブで、次の手順を実行します。
    • [スケジュール] ラジオボタンをオンにします。
    • 特定日時の送信をスケジュールします。
    • トラッキングはデフォルトのままにします。
  8. [次へ] をクリックします。
    • メールとすべての設定をもう 1 回確認します。
    • [これは正しい情報です。このメールを送信する準備が整いました。] の横にあるボックスをオンにします。
  9. [送信] をクリックします。

これで終わりです。Yasmin は、Cloud Kicks の最初の週次プロモーションメールをテストして送信しました。

メール送信のトラッキング

データは、顧客を理解し、今後のメール送信を最適化するための鍵となります。Marketing Cloud はそのための機能を備えています。週次プロモーションメールを送信した後、Yasmin はそのパフォーマンスを [トラッキング] タブで確認できます。このタブには次の情報が表示されます。

  • 送信 - 送信されたメールの合計数。
  • 配信済み - 配信されたメールの合計数。
  • 配信到達率 - (ソフトおよびハード) バウンスした数と対比した配信されたメール数の割合。
  • 合計ソフトバウンス数 - 受信者のメールサービスで認識されたが、メールボックスがいっぱいか、一時的に使用不可であるために送信者に返送されたメールの数。
  • 合計ハードバウンス数 - アドレスが無効であるために、送信者に永続的にバウンスされたメールの数。
  • メール開封数 - 購読者がメールを開封した (画像が表示された) 回数。
  • 開封率 - 配信されたメール数に対する開封された (画像が表示された) メール数の割合。
  • クリック数 - メールのリンクをクリックした購読者の数。
  • クリック率 - 配信されたメール数に対する、リンクをクリックした購読者数の割合。
  • 購読取り消し数 - [購読取り消し] をクリックした購読者の合計数。
  • 購読取り消し率 - 配信されたメールの合計数に対する、[購読取り消し] をクリックした購読者数の割合。

現在表示されていないメトリクスを表示するには、[グリッド基本設定の設定] をクリックします。

Yasmin は、転送されるメール数、および各転送により発生する新しい購読者数も取得できます。経時的な購読者のパフォーマンスをトラッキングし、送信数の比較さえできます。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる