購読者データのインポート

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Marketing Cloud に購読者データを保存する 2 つの方法について説明する。
  • 送信可能データエクステンションを作成する。
  • データエクステンションにデータをインポートする 3 つの方法について説明する。
  • インポートウィザードを使用してデータエクステンションにデータをインポートする。

Marketing Cloud の設定が完了し、最初のメールキャンペーンを作成する準備ができました。Marketing Cloud では、データのインポートから、コンテンツの作成、テストと送信に至るまでプロセス全体を行うことができます。最初の作業は、購読者データのインポートです。複雑そうな印象がありますが、この単元でいかに簡単かを確認できます。 

メモ

このプロセスを開始する前に、「Email Studio の基本」モジュールの説明に従ってアカウント設定を構成してください。

では、デジタルマーケティングマネージャがこの手順をどう実行するかを見ていきましょう。Yasmin Ahmad は、カスタムスニーカーの会社 Cloud Kicks のデジタルマーケティングマネージャです。 

Yasmin Ahmad のグラフィック画像

現在は、メールマーケティングを含む、Cloud Kicks のすべてのデジタルマーケティングを計画して実施しています。Cloud Kicks では最近 Marketing Cloud を購入したため、週次プロモーションメールの送信を開始したいと考えています。

まず送信先が必要

Yasmin の最初の作業は、購読者を Marketing Cloud 内の送信可能データエクステンションに取り込むことです。Marketing Cloud の購読者データは、リストかデータエクステンションに保存されています。

  • リストは、コミュニケーションを受信する購読者のコレクションです。必要な数のリストを作成して、購読者をセグメント化し、メールコミュニケーションの対象を設定できます。
  • 一方、データエクステンションは、アプリケーションデータベース内のデータを保持するテーブルです。データエクステンションを使用して、送信可能購読者データ (リストの場合と同様) だけでなく、購入、在庫、および報奨プログラムデータなどのリレーショナルデータも保存できます。

Yasmin はデータの格納先としてデータエクステンションを選択します。データモデルでリストとデータエクステンションのどちらを選択するかについての詳細は、記事「リストとデータエクステンションの比較」を参照してください。

送信可能データエクステンションの作成

このモジュールでは、受講者が Marketing Cloud アカウントにアクセスでき、次の手順を実行する適切な権限を有していると想定しています。ただし、そうでない場合でも問題ありません。このまま読み進み、本番組織でこれらの手順をどのように実行するのかを学習しましょう。Trailhead Playground で次の手順を実行しないでください。Trailhead Playground では Marketing Cloud を使用できません。また、各自の Marketing Cloud インスタンスで作業している場合、表示されるアセットとデータはこのモジュールと同じではありません。ここでは、Yasmin が実行する手順と表示されるデータを示しながら、Marketing Cloud での操作を説明していきます。各自のアカウントのデータは異なります。

Yasmin が購読者データをインポートするためには、その前にまずデータを格納するデータエクステンションを作成する必要があります。これを、次の手順で行います。Email Studio アプリケーション内で、次の手順を実行します。

  1. [購読者] をクリックします。
  2. [データエクステンション] をクリックします。
  3. [作成] をクリックします。
  4. [標準データエクステンション] を選択します。
  5. [新しいデータエクステンションの作成] ダイアログボックスで、次のように入力します。
    • 作成方法: 新規から作成
    • 名前: MasterSubscriber
    • 外部キー: 空白のまま
    • 説明: 空白のまま
    • 種別: 標準
    • 場所: デフォルトの場所のまま
    • 送信可能? オン
    • テスト可能? 空白のまま [新しいデータエクステンションの作成] ダイアログボックスでプロパティを追加する。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. 保持設定: デフォルトの [オフ] のまま
  8. [次へ] をクリックします。
  9. 最初のフィールドの情報を入力します。
    • 名前: CustomerID
    • データ型: テキスト
    • 長さ: 50
    • プライマリキー: オン
      • メモ: 主キーは、特別なフィールド (またはフィールドの組み合わせ) で、すべてのテーブルレコードを一意に識別するために選択します (この場合は購読者)。次の主な特徴があります。
        • データ行ごとに一意の値が含まれる必要があります。複数のフィールドを選択する場合は、データ行ごとに値の組み合わせが一意になる必要があります。
        • null (空) の値を含めることはできません。
      • 人々が日常生活で使う主キーの例として、学生 ID、運転免許証、パスポート番号、米国の社会保障番号などがあります。Cloud Kicks 購読者データエクステンションの場合、Yasmin は、購読者を一意に識別するために CustomerID とメールアドレスの組み合わせを選択します。
    • Null 可能 — オフ
      • メモ: Yasmin はこのフィールドを主キーとして選択したため、[Null 可能] はオフのままにする必要があります。主キーの値は null にできないからです。一方、主キーではない他のフィールドの場合はどう選択すればよいでしょうか? フィールドに null 値がインポートされても問題ない場合は、[Null 可能] チェックボックスをオンにします。インポート時にシステムが null 値を検出した場合の処理を指定する場合は、[Null 可能] をオフのままにします。処理として、インポートが失敗するか、[不良データ行をスキップする] をオンにして、インポートを続行し、該当する行をスキップする場合があります (このステップは直後にあります)。
  10. Yasmin は、データエクステンションに追加するフィールドごとにこの手順を繰り返し、メールアドレスに対して [主キー] をオンにし、その他のフィールドは適宜 [Null 可能] をオンにします。Jasmine は、商品への関心フィールドを追加します。後でこのフィールド値に基づいて個別化コンテンツを作成しようと計画しているためです。
    • メモ: MasterSubscriber データエクステンションに含まれる一般的なフィールドとして、名、姓、メールアドレス、住所 1、住所 2、市区郡、都道府県、国、モバイル、プロモーションへのオプトイン、購読へオプトインなどがあります。
  11. [送信リレーション] を CustomerID、[次の項目で購読者に関連付け] を [購読者キー] に変更します。
    • メモ: 送信リレーションを定義すると、データエクステンションの購読者を [すべての購読者] リストに関連付けられるようになります。このリストでは、すべてのメール送信について購読ステータスが維持されます。[すべての購読者リスト] についての詳細は、ナレッジ記事「Marketing Cloud の [すべての購読者] リスト」を参照してください。
  12. [作成] をクリックします。[新しいデータエクステンションの作成] ダイアログボックスでフィールドを追加する

データエクステンションへのデータのインポート

データエクステンションの構造を作成したので、Yasmin はインポートを実行して良質な購読者データを Marketing Cloud にインポートできるようになりました。データエクステンションにデータをインポートするには 3 つの方法があります。

  1. インポートウィザード (手動) — これはデータエクステンション内にある便利なウィザードです。手動でデータをデータエクステンションに取り込むことができます。詳細はこの後で説明します。
  2. インポートアクティビティ — インポートアクティビティでは、インポートウィザードと同様、手動でデータをデータエクステンションに取り込むことができます。インポートウィザードとの主な違いは、Automation Studio を使用して自動化できる点です。
  3. API — API コールを使用してデータをインポートします。

Yasmin は、以前のシステムにある Cloud Kicks の既存の購読者リストから、データを初期インポートする必要があります。これは 1 回限りのインポートであるため、インポートウィザードを使用して手動で購読者データをインポートすることを選択します。

そのためには、データエクステンションを作成し、インポートファイルを用意する必要があります。さらに、インポートファイルは、少なくとも 1 行のデータが含まれていて、コンマやタブなどの区切り記号で区切られたファイルである必要があります。区切り記号とは、分離記号を意味します。つまり、コンマ区切りとはファイル内のフィールドがコンマで分けられているという意味です。

Yasmin は、Email Studio で次の手順を実行します。

  1. [購読者] をクリックします。
  2. MasterSubscriber データエクステンションをクリックします。
  3. [レコード] タブをクリックします。
  4. [インポート] をクリックします。
  5. [ファイルのアップロード] タブで、次の手順を実行します。
    • [ファイルの場所] で [マイコンピューター] を選択します (メモ: [FTP] を選択することもできます)。
    • [参照] をクリックして、デスクトップ上にある MasterSubscriber.csv を選択します。
    • [ファイルをアップロード] で、次のように指定します。
      • ファイル名: 「MasterSubscriber.csv」と入力
      • 区切り記号: コンマ
      • 日付形式: 英語
    • インポートの種別: デフォルトの [追加と更新] のままにします。
    • インポートオプション: デフォルトの [ファイルの不良データ行をスキップします] のままにします。
    • [テキスト条件として二重引用符を使用しません] をオンにします。
    • [次へ] をクリックします。インポートウィザードのステップ 1: ファイルのアップロード
  6. [マッピングの構成] タブで、次の手順を実行します。
    • [ヘッダー行でマップ] が選択されていることを確認します。
    • [次へ] をクリックします。インポートウィザードのステップ 2: マッピングの構成
  7. [レビューとインポート] タブで、次の手順を実行します。
    • 設定したパラメーターを確認します。
    • 通知: [自分のメールアドレス] を入力します。
    • [インポート] をクリックします。
    • MasterSubscriber データエクステンションのレコード数が正しいことを確認します。インポートウィザードのステップ 3: レビューとインポート

データについてはこれで完了です。簡単でしょう? 実のところ、Marketing Cloud のデータは、必要に応じてシンプルにも複雑にもできます。ここでは、かなりシンプルにしています。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる