進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

環境の設定

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Einstein プラットフォームサービスアカウントを作成する。
  • API をコールするための JWT アクセストークンを生成する。

Einstein プラットフォームサービスアカウントの取得

Einstein Platform Services API にアクセスできるようにするには、まずアカウントを作成し、鍵をダウンロードします。すでにアカウントと鍵がある場合は、このステップを省略できます。

「クイックスタート: Einstein Image Classification」 プロジェクトまたは「Build a Cat Rescue App That Recognizes Cat Breeds」(猫の品種を認識する猫救出アプリケーションの作成) プロジェクトを終了している場合は、すでにアカウントと鍵がある可能性があります。

アカウントにサインアップするときには、Salesforce 組織にログインするように促されます。このモジュールでは、Trailhead Playground (TP) ハンズオン組織のユーザ名とパスワードを使用します。Trailhead Playground 組織に関する知識がない場合、または TP ユーザ名とパスワードを見つける必要がある場合は、「Trailhead Playground Management (Trailhead Playground の管理)」モジュールを参照してください。

ログインすると、サインアップページの Salesforce 組織内の情報へのアクセスを許可するように促されます。アクセスを許可すると、サインアップページに ID、プロファイル、メール、住所、電話番号などの基本情報が取得されます。アカウントが作成されると、鍵をダウンロードできます。

  1. サインアップページ (https://api.einstein.ai/signup) に移動します。
    警告

    警告

    アカウントを取得する手順を実行する前に、Salesforce からログアウトしていることを確認してください。これにより、サインアップ時に適切な Salesforce 組織へのアクセス権を付与することができます。

  2. [Sign Up Using Salesforce (Salesforce を使用してサインアップ)] をクリックします。
    Einstein プラットフォームサービスサインアップページ。
  3. Salesforce ログインページで、Trailhead Playground のユーザ名とパスワードを入力し、[ログイン] をクリックします。
    Salesforce ログインページ。
  4. ページがメールアドレスなどの基本情報にアクセスして要求を実行できるように、[Allow (許可)] をクリックします。
    Salesforce 組織へのアクセスを要求するページ。
  5. 有効化ページで、[Download Key (鍵をダウンロード)] をクリックして、鍵をローカルに保存します。鍵ファイルの名前は「einstein_platform.pem」です。ダウンロードできない場合は、ブラウザから鍵を切り取ってテキストファイルに貼り付けて、「einstein_platform.pem」という名前で保存します。
    非公開鍵をダウンロードするページ。

cURL のインストール

cURL は、URL 構文を使用してデータを取得または送信するための無料のコマンドラインツールです。REST エンドポイントを使用する場合に役に立ちます。このモジュール全体を通して Einstein Intent API へのコールを実行するために cURL を使用します。

cURL をインストール済みの場合は、このステップをスキップしてください。Linux または Mac OSX オペレーティングシステムにはデフォルトで cURL がインストールされていますが、Windows を使用する場合は自分でインストールする必要があります。

cURL をインストールするには、https://curl.haxx.se/download.html にアクセスします。使用するオペレーティングシステム用のバージョンをダウンロードしてインストールします。

トークンの生成

Einstein Platform Services API では、OAuth 2.0 JWT ベアラートークンフローを使用して認証を行います。つまり、API をコールするたびに有効なトークンが必要です。
コードで API をコールする場合、アクセストークンを生成するコードを記述します。ただしこのモジュールでは、トークン Web ページ UI を使用してトークンを生成します。
  1. ブラウザでトークンページ (https://api.einstein.ai/token) にアクセスします。
  2. メールアドレスを入力します。アカウントのサインアップ時にログインしていた Trailhead Playground 組織のユーザに関連付けられているメールアドレスを使用してください。Trailhead Playground ユーザ名ではなく、必ず自分のメールアドレスを使用します。
  3. [ファイルを選択] または [参照] をクリックし、アカウントへのサインアップ時にダウンロードした einstein_platform.pem ファイルに移動します。
  4. [Expiration in Mins (有効期限 (分))] を 90 に設定します。このトークンは 90 分後に有効期限が切れます。このモジュールを完了するには十分な時間です。トークンの有効期限を延長する場合は、分数を増やします。
  5. [Get Token (トークンを取得)] をクリックし、トークンをテキストファイルなどアクセスできる場所に保存します。
    トークンを生成するページ

リソース