価値を理解する

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • お客様がよりスマートにビジネス上の意思決定を下すために Tableau CRM Plus がどう役立つかを説明する。
  • お客様が使用するすべての Salesforce アプリケーションなどでどのようにインサイトを取得できるかを説明する。

Salesforce の最適な補完機能

Tableau CRM と同様に、Tableau CRM Plus も Salesforce ネイティブです。Tableau CRM Plus を使用するお客様は、Salesforce のどこで作業をしていてもインサイトにアクセスできます。営業担当は、商談に AI のインサイトを組み込むことができます。サービス担当は、使用するすべてのアプリケーションで顧客の全履歴を参照できます。 

こうしたインサイトは、次の既存設定と統合されます。

  • セキュリティ (ログインおよびパスワード保護など)
  • 権限 (オブジェクトおよび項目へのアクセス権など)
  • プロセス (カスタマイズしたセールスおよびサービス機能など)

Tableau CRM Plus によって、誰もが必要とするデータを最も必要とするタイミングと場所で使用できます。このようなデータすべてを簡単に入手できるため、生産性が向上し、より的確な判断を下せるようになります。こうした理由から、Salesforce では、Einstein Analytics Plus は、お客様が使用中または検討中の Salesforce アプリケーションの最適な補完機能であると考えています。

手動プロセスのスキップ

Tableau CRM Plus は、AI を使用して何が起こるかを予測し、お客様の目標とツールに基づいて次に何をすべきかを提案します。

AI がないと、お客様は手動でデータを分析して次に何をすべきかを見つけ出さなければなりません。AI があると、お客様は組み込みの意思決定サポートで次のアクションを取得でき、さらに Salesforce のフル機能を活かして ToDo の作成などのアクションを自動化できます。

つまり、Tableau CRM Plus は、お客様が次に何をすべきかをより迅速かつ正確に判断できるようにします。

Einstein Analytics Plus と AI のガイドに従い、お客様は次に何をすべきかをより迅速かつ正確に判断できるようになります。

たとえば、次のような例があります。

  • お客様が AI を使用してデータを分析すると、顧客離れのリスクを予測して、解約を最小限に抑えるためのアクションを実行できます。
  • お客様が AI を使用して営業プロセスを自動化すると、成立率と成立までの時間を予測して、適切な商談を適切に可視化できます。

業務の迅速化とスマート化を望まない企業があるでしょうか?

分析して統合

将来を予測し、次のアクションをより早く実行する。これだけでもかなり凄いことですが、他にも強調すべき強みがあります。 

膨大なデータを統合します。

Tableau CRM Plus では、お客様は強力なデータ準備ツールにアクセスできます。標準で最大 10 億行のデータを収集、クリーンアップ、統合できます。その後、数百万ものデータの組み合わせを簡単につないで分析できます。これらすべてを 1 か所で行うことができます。 

内部データと外部データを統合します

Tableau CRM Plus と一緒に Salesforce のインテグレーションツールを使用するお客様は、AI を利用して Salesforce CRM データと外部データの組み合わせを処理できます。Amazon Web Services (AWS)、Oracle, SAP、Workday やその他多くのソースからデータを取り込み、Salesforce CRM データと混合できます。

トランザクションデータ、ERP (エンタープライズリソースプランニング) データ、その他の外部ソースからのデータがあり、Einstein Plus はそのすべてを分析します。お客様はデータ駆動型インサイトを使用してビジネスで行う次のアクションを自動化できます。

これで Tableau CRM Plus の価値を理解できました。次は、この AI ストーリーをお客様と共有する方法について説明します。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる