部分的ソフトクレジットの管理

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • フルソフトクレジットと部分的ソフトクレジットの違いを説明する。
  • 部分的ソフトクレジットを割り当てる。

フルソフトクレジットと部分的ソフトクレジット

前の単元では、比較的簡単なソフトクレジットシナリオを手順に沿って学習しましたが、Nonprofit Success Pack (NPSP) は、必要に応じてより複雑なソフトクレジット使用事例を処理する機能も備えています。たとえば、Network for Good や United Way のような組織は、組織の賛助者の代理として支援を集め、通常は定期的 (毎月または毎四半期) に 1 枚の小切手で非営利団体にその支援金を分配します。非営利団体は、受け取った小切手に対して 1 件の商談レコードを作成しますが、ソフトクレジットを小切手に含まれる複数の支援者と支援に付与する必要があります。NPSP はこの種の使用事例を部分的ソフトクレジットで処理します。

部分的ソフトクレジットは、より大きな支援の一部の金額のソフトクレジットです。部分的ソフトクレジットを使用することで、支援のさまざまな部分を複数の人物に割り当てることができます。

一方、フルソフトクレジットは、支援の全額のソフトクレジットです。たとえば、Erica Douglass は $50 を寄付し、Cloud Kicks はそのマッチングギフトとして合計で $100 となるように支援を行ったので、Erica は Cloud Kicks の $50 の支援に対してソフトクレジットを受け取ります。すでに説明したように、フルソフトクレジットを手動で作成することも、自動ソフトクレジットを有効化することもできます。

すべてのソフトクレジットの付与先は商談の [取引先責任者の役割] 関連リストに表示されます。ただし、商談に部分的ソフトクレジットが含まれる場合は、ソフトクレジットの付与先は商談の [部分的ソフトクレジット] 関連リストにも表示されます。

商談レコードの [部分的ソフトクレジット] 関連リスト

上記の例では、[ソフトクレジット] 取引先責任者の役割を使用して、商談の部分的ソフトクレジットを追跡しています。例では、Way for Good から 1 件の $1,000 の商談が届いており、[ソフトクレジット] 取引先責任者の役割が支援合計に関与する 3 人の支援者に割り当てられています。[部分的ソフトクレジット] 関連リストには、各個人の支援金額も表示されています。この金額は、各支援者の取引先責任者レコードの [ソフトクレジット] セクションに積み上げ集計されます。

取引先責任者レコードのソフトクレジット積み上げ集計合計

[取引先責任者の役割] および [部分的ソフトクレジット] 関連リストの両方に同じソフトクレジットがリストされていれば、望ましく万事順調です。すべての部分的ソフトクレジットレコードにはそれぞれ対応する取引先責任者の役割レコードがありますが、すべての取引先責任者の役割レコードに対応する部分的ソフトクレジットレコードがあるとは限りません。

部分的ソフトクレジットの割り当て

NPSP では、システム管理者が指定した商談取引先責任者の役割と設定に基づいてソフトクレジットが作成されます。ソフトクレジットが商談から取引先責任者のレコードに積み上げ集計されるようにするには、商談が積み上げ集計される種別である必要があります。一般に、システム管理者が特定種別の商談またはレコードタイプを積み上げ集計から除外している場合 (現物支援など) を除き、これについて心配する必要はありません。

部分的ソフトクレジットを割り当てる必要がある場合は、次の手順に従います。

1.商談レコードに移動します。

2.ページの右上隅で、[ソフトクレジットの管理] をクリックします。

[ソフトクレジットの管理] メニュー項目が強調表示された商談の [詳細] ページ

この商談にすでに割り当てられている取引先責任者の役割を持つすべての取引先責任者が表示されます。また、取引先責任者の役割が割り当てられていなければ、取引先責任者はリストされません。

3.取引先責任者の役割が割り当てられていない場合は、[別のソフトクレジットを追加] リンクをクリックし、[取引先責任者] 項目を使用して取引先責任者とその役割を追加します。次に、適切な取引先責任者の [一部] ラジオボタンをクリックし、部分ソフトクレジットの金額を入力して、部分的ソフトクレジットを割り当てます。ソフトクレジット金額を入力するには、[一部] ラジオボタンが選択されている必要があります。[フル] ラジオボタンを選択すると、[金額] 項目に商談の 100% が入力されます。この金額は編集できません。

4.さらに取引先責任者を追加するには、リスト下部にある [別のソフトクレジットを追加] リンクをクリックし、他の取引先責任者を参照し、それらの取引先責任者にも部分的ソフトクレジットを割り当てます。

ソフトクレジットの管理ウィザード

メモ

メモ

新しい部分的ソフトクレジットを追加する場合、選択できるのは、ソフトクレジット積み上げ集計の対象となる取引先責任者の役割のみです。ただし、カスタマイズ可能な積み上げ集計が組織で有効化されている場合、すべての取引先責任者の役割が表示されます。必ず、ソフトクレジット条件ルールに含まれていることがわかっている役割のみを選択してください。わからない場合は、システム管理者に問い合わせてください。

5.(省略可能) 取引先責任者に支援額よりも多いクレジットを付与する場合、[総額を超えるソフトクレジット金額を許可] を選択します。たとえば、2 人の取引先責任者が、商談の総額 $1,000 のインフルエンサーソフトクレジットを受け取る必要があり、3 人目の取引先責任者は $100 のクレジットのみを受け取る場合、$1,000 の支援に対してソフトクレジットの総額は $2,100 になります。

6.[保存] をクリックします。

Sofia は Way for Good から受け取った支援を正常に入力し、NMH を代表して支援を行った従業員にソフトクレジットを付与することができました。この情報にアクセスできることで、Sofia のチームはそうした従業員を適切に認識しやすくなります。また、従業員を育成して活動へのエンゲージメントを深めることができるでしょう。

リソース

NPSP ドキュメント: Create Soft Credits (ソフトクレジットの作成)

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる