継続支援の作成

学習の目的 

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 無期限の継続支援を作成する。
  • 固定期間の継続支援を作成する。
  • 継続支援を更新して支援者の計画の変更を反映させる。
  • 支払確約の追跡と継続支援の追跡の違い説明する。

継続支援の概要

支援者が割賦で支援を行う (スケジュールに従って一連の支援を行う) ことを、継続支援と言います。

Nonprofit Success Pack (NPSP) では、継続支援オブジェクトで一定期間、定期的に複数回行われる支援の各支払を定義できます。継続支援は、多くの場合、毎月同額を繰り返し寄付する個人からの支援を追跡するのに使用します。 

NPSP では、無期限と固定期間という 2 種類の継続支援をサポートしています。

無期限の継続支援とは、終了日を定めず定期的に同額の支援を行うことです。たとえば、Candace Evans が架空の非営利団体である No More Homelessness (NMH) に毎月 $100 を寄付し、将来にわたって継続する場合、継続支援を終了するまで NPSP では支援 (商談) レコードが毎月作成されます。

固定期間の継続支援とは、定められた期間にわたって定期的に同額の支援を行うことです。たとえば、Cloud Kicks という会社が $10,000 を 4 回払いに分割し、四半期ごとに $2,500 を支援すると確約した場合、継続支援は 4 回目の支払後に終了となります。このタイプの支援は、標準の Salesforce 商談で分割払いが指定された場合に似ており、支払と固定期間の継続支援のどちらを選択するかは複雑になる場合があります。この判断については、この単元の最後に説明します。

無期限の継続支援の作成

NMH チームは最近、毎月 1 人の受給者に対するサービスの資金援助を依頼する Give a Life キャンペーンを開始しました。Candace は、毎月 $100 を支援するスポンサーになることを決めました。 

NMH の開発担当者である Sofia はこの支援を NPSP に入力する必要があります。Sofia と一緒に無期限の継続支援を作成しましょう。

メモ

メモ

この単元では、2021 年 3 月に NPSP の新しいトライアル設定でデフォルトで有効になった拡張継続支援を中心に説明します。以下の手順にある項目が表示されない場合は、使用している継続支援のバージョンをシステム管理者に確認してもらい、必要であればアップグレードガイドに従うように依頼してください。「リソース」セクションにリンクが記載されています。

  1. [継続支援] タブに移動します。メインナビゲーションに表示されない場合は、アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) に移動し、[継続支援] を見つけて選択します。

    [新規] が強調表示された [継続支援] タブ
  2. [新規] をクリックします。
  3. 支援者種別を入力します。世帯取引先に関連する個人には [取引先責任者] を選択し、団体取引先には [取引先] を選択します。Sofia は [取引先責任者] を選択します。
  4. 取引先責任者を入力します。Sofia は、[取引先責任者] 項目で [Candace Evans] を見つけて選択します。
  5. 開始日 (継続支援が開始された日付) を入力します。Sofia は今日の日付を入力します。
  6. 支援 1 回あたりの金額を入力します。Sofia は $100 と入力します。
  7. 継続種別を選択します。継続的な継続支援には [無期限] を選択し、規定回数が設定されている継続支援には [固定] を選択します。Sofia は [無期限] を選択します。
  8. 継続支援の間隔を選択します。[毎月] を選択するか、それ以外のスケジュール (毎週、毎四半期など) には [詳細] を選択します。Sofia は [毎月] を選択します。
  9. 今後のすべての割賦日に使用する日付を選択します。Sofia は [末日] を選択します。
  10. 発効日を設定します。これは定義するスケジュールが有効になる日です。Sofia は、デフォルトの今日の日付をそのまま使用します。
  11. 関連する各支払レコードに自動的にコピーされる支払方法を選択します。Sofia は [小切手] を選択します。
  12. 必要に応じて、この継続支援をキャンペーンに関連付けることができます。Sofia は、NMH 組織にすでにある [Give a Life] を見つけて選択します。

    継続種別、金額、継続支援の間隔の項目が表示された [新規継続支援] フォーム
  13. [保存] をクリックします。

継続支援レコードでは、発効日が今日になっている有効なスケジュールで、スケジュールの詳細や今後 12 か月間の割賦を確認できます。

現在の継続支援の有効なスケジュールと今後の割賦 12 回

また、この継続支援の最初の商談レコードが [確約済み] 状況で自動的に作成されたことも確認できます。

最初の商談のフェーズが [確約済み] と表示されている [商談] 関連リスト

Sofia はすでに Candace から最初の小切手を受け取っているため、商談のフェーズを [確約済み] から [支援成立] に更新します。これを行うと、有効なスケジュールに従って次回の商談が自動的に作成され、完了予定日が翌月の末日に設定されます。

最初の商談のフェーズが [支援成立] と表示され、2 つ目の商談が自動的に作成された [商談] 関連リスト

Sofia は今年と来年の金額が自動的に計算されていることに気が付きますが、この継続支援の合計支払金額と支払回数は計算されていません。心配はいりません。統計情報は夜間一括処理で計算されます。すぐに更新したい場合は、[積み上げ集計の計算] ボタンをクリックしてください。 

更新された成立支払金額、成立支援回数、今年の金額と来年の金額を含む [統計情報] セクションが強調表示されている、取引先責任者レコードの新規継続支援の [詳細] タブ。

固定期間の継続支援の作成

では、継続支援が無期限ではない場合を見てみましょう。Candace が勤務している Cloud Kicks は NMH の活動に感銘を受け、NMH Transitional Housing Campaign に対して $10,000 の支援を 4 回に分けて毎四半期支払いたいと考えています。NPSP の固定期間の継続支援オブジェクトにうってつけの案件です。

Sofia と一緒に固定期間の継続支援を作成しましょう。

  1. [継続支援] タブをクリックするか、アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) で見つけて選択します。
  2. [新規] をクリックします。
  3. 支援者種別を入力します。今回 Sofia は [取引先] を選択します。
  4. 取引先を関連付けます。Sofia は [Cloud Kicks] を見つけて選択します。
  5. 必要に応じて、[取引先責任者] 項目でレコードを見つけて選択し、個々の取引先責任者にソフトクレジットを付与することができます。Sofia はこれを空白のままにします。
  6. 開始日を入力して継続支援が開始された日を追跡します。Sofia は今日の日付を入力します。
  7. 割賦 1 回の金額を入力します。Cloud Kicks は $10,000 を 4 回に分けて毎四半期支払うため、Sofia $2,500 と入力します。
  8. 継続種別を選択します。規定回数には [固定] を使用することにしたため、Sofia は [固定] を選択します。さらに入力項目が表示されます。
  9. 予定回数を入力します。Sofia は 4 と入力します。
  10. 継続支援の間隔を入力します。今回は毎四半期であるため、Sofia は [詳細] を選択します。
  11. [毎] 値を入力し、[間隔] 値を選択します。毎四半期の支援の場合、Sofia は [毎] 項目に 3 と入力し、[間隔] 項目で [月] を選択します。
  12. 今後のすべての割賦日に使用する日付を選択します。Sofia は月の初日として 1 を選択します。
  13. 発効日を選択します。これは定義するスケジュールが有効になる日です。Sofia は Cloud Kicks が希望している支払開始日である 3 月 1 日を選択します。
  14. 関連する各支払レコードに自動的にコピーされる支払方法を選択します。Cloud Kicks は支払方法を指定しなかったため、Sofia はこれを空白にします。この項目は後で更新するか、支払の受領時に各支払レコードを個別に編集できます。
  15. 必要に応じて、キャンペーンを関連付けます。Sofia は、NMH 組織にある [NMH Transitional Housing Campaign] を見つけて選択します。

    名前、金額、間隔の項目が表示された [新規継続支援] フォーム
  16. [保存] をクリックします。

これで、継続支援レコードの [詳細] タブに、Cloud Kicks の有効なスケジュールと 4 四半期にわたって支払われる今後の割賦が表示されます。

現在の継続支援の有効なスケジュールと今後の割賦 4 回

継続支援の更新

ときには、支援者が毎月の支援額を増やす、または減らすなど、何らかの理由で継続支援を更新する必要がある場合があります。ちょうど支援者の Candace から、毎月の支援額を 7 月以降 $100 から $150 に増やしたいと言われました。Sofia と一緒に Candace のレコードを更新しましょう。 

  1. 支援者の継続支援レコードに移動し、右上にあるメニュー (メニュー矢印) から [編集] をクリックします。
  2. 金額を更新します。Sofia は $150 に変更します。
  3. 発効日を、元の金額を使用する最後の支援の後、かつ新しい金額を適用する最初の支援の直前になるように更新します。Sofia は日付を 7 月 1 に変更します。
  4. [保存] をクリックします。

これで将来のスケジュール情報に新しい金額が反映されて、発効日は 7 月始め、今後の割賦の金額が $150 になります。 

編集後の将来のスケジュールと今後の割賦

継続支援の一時停止または完了

良いことにも必ず終わりがあります (少なくとも一時的に中断しなければならないことがあります)幸い、NPSP は実生活の変化に対応できるように作られています。 

たとえば、経済的な事情から継続支援を数か月間停止しなければならないと Candace から伝えられた場合、Sofia は支援レコードを更新して Candace の依頼を反映させることができます。Sofia は継続支援レコードに移動し、[一時停止] をクリックします。 

Candace の継続支援レコードと強調表示された [一時停止] ボタン

Sofia は次に、一時停止する割賦を選択し、理由を入力します。ページ下部に継続支援スケジュールがいつ再開されるのかが表示され、これは今後の割賦コンポーネントにも反映されます。 

3 か月が選択され、一時停止の理由として資金難が挙げられている一時停止のインターフェース

支援者から継続支援を終了したいと言われた場合はどうでしょうか? 支援者から継続支援を完了したいと伝えられた場合、Sofia は [継続支援を完了] をクリックして理由を示します。これで、今後の商談はすべて [不成立] とマークされ、有効なスケジュールや今後の割賦はないという表示が追加されます。

有効なスケジュールや割賦商談がないことを示している、完了した継続支援の有効なスケジュールと今後の割賦

また、割賦商談が完了している場合は、最後の割賦が支払われた時点で固定された継続支援が自動的に完了となります。もちろん、支援者から依頼があれば、その前に完了することもできます。

確約と継続支援の比較

このモジュールでは、NPSP に確約と継続支援を入力する手順を説明しました。この 2 つをどう区別するかについて、必ず組織内の全員が共通の認識を持つようにしてください。厳密に言えば、Salesforce では毎月 $50 を寄付する支援者を確約と継続支援のどちらの方法でも管理できますが、支援の依頼、追跡、認識、会計処理をどう選択するかが異なります。

重要な違いは、通常、確約は拘束力のあるコミットメントとみなされるのに対し、継続支援はそうではないということです。開発部門や会計部門に問い合わせて、組織内でこれらの支援がどう認識されているかを確認してください。どのように認識されていても、NPSP にはどちらも処理できる機能があります。

資金調達担当者は、透明性、支援者への説明責任、支援者の意図の尊重など、倫理的実務へのコミットメントにおいて、財務チームや会計チームと連携することがあります。次の単元では、制限付きの支援の管理など、こうした実務のいくつかをサポートするのに NPSP がどう役立つかを学習します。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる