ディスパッチャーコンソールを設定する

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Ursa Major が Field Service を使用したい理由を説明する。
  • Field Service の設定方法を説明する。
  • ディスパッチャーコンソールをカスタマイズする方法を挙げる。

Ursa Major のフィールドサービスチーム

Ursa Major Solar は、米国南西部を拠点とするソーラーエネルギー企業であり、ソーラーパネル単体から商業用の巨大なソーラー設備まで、ソーラーエネルギー関連の製品の販売、設置、保守を行っています。同社は急成長しており、成長するにつれ、フィールドサービスチームの規模も大きくなっています。ですが、その成長によって新たな課題が生まれています。

管理する設置作業員と設置作業が増え、業務がうまくいかなくなってきました。設置作業員が違う場所に行ってしまったり、間違った時間に到着したりするのです。時には、時間と場所が合っていても、必要な工具がないこともあります。このようなミスは、顧客にとっても、Ursa Major にとっても喜ばしいことではありません。

Ursa Major は、すでに Salesforce の Service Cloud を使用しています。同社は Field Service を使用して、従業員、製品、顧客全体を 1 つのプラットフォームでつなぎ、卓越したオンサイトサービスを提供することにしました。

Ursa Major には、優れたフィールドサービスチームがいて、いつでも準備ができています。主要メンバーを紹介しましょう。
  • Salesforce システム管理者: Maria Jimenez。その他の職務として、すべてのフィールドサービスハブの Field Service の設定と管理を担当しています。
  • エージェント: Ada Balewa。お客様からの電話に応対し、問題を解決し、設置や修理の作業指示を作成します。
  • 派遣担当者: Jacinta Silva。ロサンゼルス地域とその他のテリトリー (必要に応じて) のサービス予定と派遣作業員を管理しています。
  • 派遣作業員: James Clifton。ソーラーシステムの設置と修理を行っています。

Ursa Major には、適切なチームと適切なソフトウェアソリューションがあります。システム管理者である Maria が Field Service とディスパッチャーコンソールを設定し、カスタマイズする手順を見ていきましょう。

日当たりの良いオフィスで準備万全の Maria Jimenez。

Field Service 管理パッケージを設定する

チームが Field Service の便利さを体験するには、Maria は Field Service を設定する必要があります。Ursa Major は、Jacinta とチームが高度なディスパッチャーとスケジュール機能を活用できるように、Field Service 管理パッケージを使用することを計画しています。そのため、インストール作業も Maria の ToDo リストに入っています。Maria はすでに Field Service を有効にして、管理パッケージをインストールしています。ガイド付き設定の手順も実行済みであり、チームのためにほとんどの標準設定を使用することも決めています。 

以下は Maria のディスパッチャーコンソールで、チームの予定や日付などが表示されています。  派遣担当者は、すでに Trailhead モジュール「Field Service Dispatcher Console for Dispatchers (派遣担当者向け Field Service ディスパッチャーコンソール)」を完了しているため、その使用方法を理解しています。

複数のサービス予定、派遣作業員、ガントチャートの詳細なスケジュールが表示されている Maria のディスパッチャーコンソール。

ニーズに合わせてカスタマイズする

Maria は、チーム用に Ursa Major の Field Service を設定しました。チームはこのディスパッチャーコンソールを使用しており、とても評判が良く、チームがカスタマイズを希望するほどです。Maria は、変更可能な事項をチームに伝えます。
  • システム管理者の設定。この設定は Field Service の基本を制御するものであり、サービス予定のライフサイクルの定義、グローバルアクションのカスタマイズ、スケジュールと最適化ポリシーの設定などに使用します。また、表示されるタイムゾーンを設定するなどして、派遣作業員がガントチャートでどのように作業するかをカスタマイズすることもできます。ガントチャートの更新頻度や不在の表示方法なども決定できます。
  • 項目セットのカスタマイズ。項目セットは、ガントチャートで表示される項目、または絞り込みに使用される項目を決定するものです。項目セットに対して項目の追加または削除を行うことで、派遣担当者が必要とする項目のみを表示します。
  • カスタム検索条件。カスタム検索条件を有効にし、サービス予定の選択リストに検索条件を作成します。
  • ガントチャートのカスタムアイコン。カスタムアイコンをガントチャートと地図上のサービス予定に追加します。
  • カスタムアクション。カスタムアクションをガントチャートに追加します。カスタムアクションは、Apex をコールするか Visualforce ページを開くことができます。ディスパッチャーコンソールのいくつかの領域でレコードに対して実行できます。ディスパッチャーコンソールが乱雑にならないように、アクションはドロップダウンアクションリストとアイコンで表示されます。

Maria は、ガイド付き設定を使用して設定した標準設定をカスタマイズし、いくつかの項目セットを変更して、カスタムアクションをガントチャートに追加することを計画しています。Jacinta は、完了までに長い時間がかかる作業を表示する検索条件を作成し、カスタムアイコンをガントチャートに追加する予定です。皆さんも一緒に、自身の組織で試してみたいカスタマイズについて考えてみてください。

この単元では、Maria はチームのメンバーに出会い、Field Service を有効にして、Field Service 管理パッケージをインストールして設定しました。また、ディスパッチャーコンソールをカスタマイズするさまざまな方法についても学びました。これで、Maria はフィールドサービスチームの生産性を高めるためのカスタマイズを開始する準備が整いました。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる