カスタマイズされたダッシュボードの作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • カスタムダッシュボードを作成する前に議論するトピックを挙げる。
  • 独自のレンズを作成する。
  • カスタマイズしたダッシュボードを作成する方法を説明する。

B2B Marketing Analytics アプリケーションに付属する標準ダッシュボードは非常に便利です。次は、自社用にカスタマイズしたダッシュボードを作成する方法を見ていきましょう。 

始める前に

ダッシュボードの作成に進む前に、会社の優先事項を確認します。チームの意見を求めましょう。いくつかの考慮すべきトピックを次に示します。 

  • 個人とチームの目標と総計値
  • それらの目標と総計値を追跡するべき頻度 (毎日、毎週、毎月)
  • データの視覚的表現 (グラフ、テーブル、合計数値)

たとえば、コンバージョン率の向上を目標として、主な総計値としてメールのクリックスルー率を使用するとします。その場合、過去 1 年間のメールのパフォーマンスを時系列グラフによって視覚的に確認できます。

ダッシュボードは、個人やチームに関係するすべての総計値の概要だと考えることができます。このように分割することで、最終的な製品の概要を作成しやすくなります。 

レンズの作成

ダッシュボードを作成する前に、レンズを作成する必要があります。そしてもちろん、レンズを作成する前には、データがクリーンであることを確認します。

クリックスルー率を経時的に追跡する例に戻りましょう。そのレンズを作成する手順は、次のとおりです。 

  1. Analytics Studio に移動します。
  2. B2BMA アプリケーションをクリックします。
  3. Pardot Emails データセットをクリックします。Pardot Emails データセットが選択されています。
  4. [横軸] に [平均] を選択し、スクロールダウンして [総 CTR] を選択します。
  5. [縦軸] に [送信日] を選択し、[月] を選択します。
  6. プラス記号をクリックして、もう 1 つのグルーピングを追加します。
  7. [送信日] を選択し、[7 年] (または、データを取得する任意の年) を選択します。年のグルーピングを追加しない場合は、レンズにはデータが存在するすべての年の平均月間 CTR が表示されます。
    [横軸] に [総 CTR の平均] と表示され、[縦軸] に [送信日 (月)] と [送信日 (年)] と表示されています。
  8. をクリックし、データに使用する視覚的表現のスタイルを選択します。この例では、[列] を選択しましょう。

    データの [列] レイアウトが選択されています。

  9. デザイナにクリップ をクリックし、[表示ラベル] に「CTR Over Time」(CTR の時系列) と入力します。
  10. [デザイナにクリップ] をクリックします。[表示ラベル] に「CTR Over Time (CTR の時系列)」と表示されています。

これで、レンズを作成できました。

ダッシュボードの作成

データを整理し、少なくとも 1 つのレンズを作成したので、次は、ダッシュボードデザイナを見てみましょう。これは、すべてのレンズをまとめて 1 つの統合されたビュー、つまりダッシュボードを作成する場所です。 

データを表現するのに 1 つの正しい方法というものはありません。チームと一緒に、ダッシュボードを使用する全員に最も役立つものは何かを決定します。作成したレンズをキャンバス上に配置し、さらにどのようなカスタマイズができるかを考えましょう。 

[CTR Over Time (CTR の時系列)] レンズをダッシュボードデザイナのキャンバスの左上隅にドラッグします。 

そうすると、レンズの周りに青い外枠が表示されます。これは、その場所に配置できることを示しています。他のウィジェットが邪魔になっている場合は、レンズの周りの外枠は赤になります。その場合は、レンズをキャンバス内の別の場所に配置します。 

キャンバス上にレンズを置いたので、レンズはダッシュボードのウィジェットの 1 つとなります。ウィジェットは、データの仮想表現です。必要に応じて、ダッシュボードにさらにレンズを追加できます。準備ができたら [プレビュー] (眼) アイコンをクリックして、レンズを操作し、期待どおりに動作することを確認します。保存する準備が出来たら、[保存] (フロッピーディスク) アイコンをクリックし、ダッシュボードに名前を付けます。保存したダッシュボードは、B2BMA のメインページの [ダッシュボード] タブでいつでも見つけることができます。

ダッシュボードデザイナキャンバス上の [CTR Over Time (CTR の時系列)] レンズ

ダッシュボードを作成するその他の方法

B2B Analytics アプリケーションの 5 つのテンプレートのいずれかを使用してダッシュボードを作成することもできます。

  • 比較: このテンプレートを使用すると、1 つのディメンション (地域、日付、特定のマーケティングキャンペーン) で総計値を横に並べて比較できます。
  • 詳細: このテンプレートを使用すると、グラフによってデータを視覚化し、レコードレベルの詳細をテーブルに表示することができます。
  • [Summary (サマリー)]: このテンプレートを使用すると、上部のフィルターを使用して、横方向のセクションに情報を整理できます。
  • [Three-column (3 列)]: このテンプレートを使用すると、上部にフィルターがある 3 列のダッシュボードを作成できます。
  • [Tile dashboard (タイルダッシュボード)]: これは、他のダッシュボードへのリンクをまとめたダッシュボードです (たとえば、すべての営業担当用のダッシュボードを作成し、営業マネージャ向けにそのすべてのデータをまとめる場合は、このダッシュボードを使用して、タイルによって各営業担当の個別のダッシュボードを表すことができます)。

いずれかのテンプレートを使用してダッシュボードを作成する手順は、次のとおりです。

  1. B2B Marketing Analytics ワークスペースで、[作成] をクリックします。
  2. ダッシュボードまたはデータセットのいずれかを作成するオプションがあります。[ダッシュボード] を選択します。
  3. 作成するダッシュボードを選択します。
  4. 適切なレンズをキャンバスにドラッグします。
  5. 次に、必要に応じてウィジェットのスタイル (色、フォントサイズなど) を設定し、プレビューしてから保存します。

これで終わりです。自社用にカスタマイズしたダッシュボードを使用してデータを詳しく調べられるようになりました。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる