進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Data Architecture デザイナー認定資格の更新 (Spring '19)

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Spring '19 のデータアーキテクチャ設計で使用できる主な機能について説明する。

Salesforce 認定資格 — 特別更新ポリシー

現在 Salesforce Data Architecture and Management デザイナー資格を保有している場合、その更新期日として以前にお知らせした 4 月 10 日までにこのモジュールを修了しなくても認定資格が維持されます。つまり、現在の Salesforce 認定資格がそのまま次回のリリースサイクルに継続されます。

資格保有者が行うべき手続き等はなく、期限が切れることがありません。2020 年 4 月 10 日に各自の認定資格の状況が更新されます。また、状況が更新された時点でお知らせメールを送付します。

もちろん、皆さんが最新のスキルを維持し、最新の機能について習得したいと考えていることを私たちは理解しています。このモジュールには、最新リリースに関する貴重な情報が詰まっており、期限を気にせず取り組むことができます。Salesforce では多数の機能を強化しています。その中でも重要なものについて説明します。

データアーキテクチャ設計について

認定 Data Architecture and Management デザイナーは、データソーシング、インテグレーション/移動、持続性、マスタデータ管理、メタデータ管理とセマンティックな調整、データガバナンス、セキュリティ、配布など、主要なビルディングブロックからなる情報アーキテクチャフレームワークに関する豊富な知識を有します。また受験者は、データ品質のニーズに関するお客様の要件を評価し、高品質のデータ (重複のない正確なデータなど) を保証するソリューションを作成した経験を有し、適切なデータ管理を保証するための組織的な変更を提案できるものとします。また、ソリューションや設計上のトレードオフをビジネス関係者に伝達する経験も要します。

モデルの各プレディクターによる影響の理解

Spring '19 では、Einstein に各プレディクターの影響スコアが提示されます。予測の構築が完了したら、予測リストでそれを見つけて、アクションメニューから [スコアカードを表示] を選択します。

この機能は、Einstein Analytics Plus または Einstein Predictions ライセンスを持つシステム管理者が使用できます。 

項目履歴データの保持制限の更新

Salesforce では、組織経由で最大 18 か月、API 経由で最大 24 か月の項目履歴データの保持が保証されています。Winter '19 でお知らせしたとおり、Spring '19 以降、24 か月より古い項目履歴データの削除プロセスが開始されます。一括削除を開始する場合の性質上、Spring '19 の後でもしばらくの間はデータを使用できる可能性があります。

[設定] からのカスタム Big Object の作成

Big Object は、Salesforce Platform 上で大量のデータを保存して管理します。Big Object に他のオブジェクトのデータをアーカイブしたり、外部システムの膨大なデータセットを取り込んで顧客の全容を把握したりすることができます。Big Object では、所有するレコード数が 100 万件でも 1 億件でも 10 億件でも、一貫したパフォーマンスが提供されます。以前は、Big Object を作成するためにメタデータ API を使用する必要がありました。今回のリリースで、API の使用に慣れていなくても、[設定] で Big Object を作成し、その項目を定義して、Big Object のクエリ方法を定義するインデックスを作成できるようになりました。

Einstein データインサイトによるレポートからの詳細情報の取得 (正式リリース)

レポートにはデータが表示されますが、データは何を意味しているのでしょうか? もう疑問に思う必要はありません。Einstein データインサイトを導入し、スマートなレポートを手に入れましょう。Einstein ではレポートデータが分析されて、要点、比較、トレンドが、洞察に満ちたグラフと総計値でまとめられます。ワンクリックでデータサイエンスを実現します。

AI を駆使してレポートを拡張する Einstein データインサイトでは、データに関する新しい有益なインサイトを取得できます。インサイトを表示するには、Einstein Analytics Plus ライセンスに含まれる「Einstein データインサイトの実行」ユーザ権限が必要です。

この変更は、Lightning Experience での Einstein Analytics に適用されます。Einstein Analytics および Einstein データインサイトは、有料オプションで Enterprise Edition、Performance Edition、および Unlimited Edition で使用できます。(Developer Edition でも使用可能)。

カスタムメタデータ: カスタムメタデータ型を使用したデフォルト項目値の設定

デフォルト値でカスタムメタデータ型レコードを参照し、項目の更新を簡略化します。デフォルト項目値を変更する必要がある場合、複数の項目参照を更新する代わりに、参照先のカスタムメタデータ項目値で更新できます。複数の項目のデフォルト値を簡単に変更できるようになります。

この変更は、Professional Edition、Enterprise Edition、Performance Edition、Unlimited Edition、Developer Edition、Database.com Edition の Lightning Experience および Salesforce Classic に適用されます。Professional Edition 組織では、インストール済みパッケージの型からカスタムメタデータレコードのみを作成、編集、削除できます。

リソース