コンテンツの作成と編集

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Content Builder でコンテンツを作成する。
  • Content Builder エディターのタブと機能について説明する。
  • Content Builder のエディターを使用してコンテンツの書式を設定する。

Marketing Cloud で従来のコンテンツから移行する場合でも、Marketing Cloud を初めて使う場合でも、Content Builder にはコンテンツライブラリを作成するための優れた機能が揃っています。インターフェイスが使いやすいだけでなく、HTML を知らなくても本格的なメールをより簡単に作成できます。Content Builder では、常時表示されているプレビューでメールコンテンツへの変更をリアルタイムに確認できます。また、インテリジェントな HTML 貼り付けツールを使用して、配色や行番号の指定、よく使用するリンクのコードスニペットの挿入、アプリケーション内のすべてのコンテンツの編集もできます。

コンテンツの作成開始

Content Builder でコンテンツブロックを作成すると、コンテンツライブラリに再利用可能なコンテンツを効率よくストックできます。手始めに、Content Builder の操作を確認しましょう。Content Builder インターフェイスには、フォルダーのリストと選択したエディターで使用できるコンテンツのリストが含まれます。Content Builder を使用してコンテンツを作成する場合、まず該当するフォルダーに移動して、[作成] をクリックします。最初にフォルダーを選択すると、コンテンツが保存される場所が決まります。必要な場合は後でフォルダーを変更できるので心配は要りません。[作成] ボタンが強調表示された Content Builder インターフェイス。

[作成] をクリックしたら、コンテンツタイプをリストから選択します (このオプションは最初の単元で説明しました)。選択したコンテンツタイプによって、Content Builder エディターで使用できるオプションが決まります。たとえば、[テキスト] コンテンツブロックを選択した場合、エディターにはテキストのドラフト作成と書式設定のオプションが表示されます。

Content Builder のエディターの充実したツールと機能を使用して、コンテンツの作成やカスタマイズができます。作成するコンテンツのタイプに応じて表示されるエディターのタブと機能をそれぞれ見ていきましょう。

[コンテンツ] タブ

[コンテンツ] タブは、フリーフォーム、テキスト、HTML などのコンテンツブロックを作成するときに最初に表示されるタブです。このタブを使用してコンテンツブロックに含めるコンテンツ、コード、画像を入力します。その後、コンテンツのカスタマイズやパーソナライズを行います。 

WYSIWYG エディター

このツールを使用して、テキストの入力と書式設定、リンクとリストの挿入、テーブルの作成を行います。Content Builder エディターには、WYSIWYG (What You See Is What You Get) エディターに期待されるすべての標準ツールが含まれています。

[コンテンツ] タブの WYSIWYG エディター。

属性

「お客様」と呼びかけるメールを受信したとします。どのように感じるでしょうか? 購読者の名を入れるなどしてメッセージのコンテンツをパーソナライズすると、エンゲージメントが大幅に向上します。プロファイル属性とシステム属性を使用して購読者向けにコンテンツをパーソナライズします。デフォルトでは、すべてのアカウントに、氏名、メール、ユーザー定義の 3 つのプロファイル属性があります。ユーザー定義は必要に応じて使用できる汎用属性です。購読者に関する他のデータを保存するには、プロファイル属性を作成します。システム属性としては、メンバー ID や購読者キーなどのデータがあります。

選択可能な属性のドロップダウンリストが表示された [コンテンツ] タブの [プロファイル属性] メニュー。

コンテンツ

コンテンツを入力する準備はできましたか? エディターの下にあるスペースに入力を開始するだけです。テキストの挿入と編集に伴い、プレビューペインがリアルタイムで更新されるため、コンテンツブロックの外観を確認できます。

[コンテンツ] タブのコンテンツを入力するためのボックス。

ボタンのコンテンツ

ボタンコンテンツブロックを作成する場合、[コンテンツ] タブにはボタンを作成するためのオプションが表示されます。テキストの追加、フォントの選択、色と書式の選択、リンクの設定を行います。

[ブロック設定] タブ

[ブロック設定] タブを使用して、実際のコンテンツブロックに書式を設定します。背景色、境界線、ブロックの周囲の余白サイズを選択して、ブロックのスタイルを設定します。[デバイスプレビュー] 設定を使用して、モバイルデバイスでメッセージが表示されたときにそのブロックを表示するかどうかを決定します。

[デバイスプレビュー] と [ブロックスタイル] オプションが表示された [ブロック設定] タブ。

[HTML エディター] タブ

手元にある HTML コードを貼り付けてコンテンツブロックを作成しますか? または、WYSIWYG エディターで作成を開始したブロックの HTML を調整するだけですか? [HTML エディター] タブを使用して、コンテンツブロックの HTML の作成と変更ができます。テキストや HTML ファイルを直接インターフェイスにドラッグすることもできます。

[コードスニペットの挿入]、[パーソナライズ]、[AMPscript の形式] がすべて強調表示された [HTML エディター] タブのツールバー

[HTML エディター] タブには、コードスニペットの挿入 (1)、パーソナライズ (2)、AMPscript の形式など (3)、コードをカスタマイズするための独自のツールがいくつか含まれています。

コードスニペットの挿入

前述のとおり、コードスニペットとは、HTML、AMPscript、ガイドテンプレート言語の再利用可能なコードの断片です。HTML の編集時、このメニューを使用してすばやくコードスニペットを挿入できます。各コードスニペットに [カスタマーキー] フィールドを追加して手動入力または自動生成ができます。ブロックまたはメールの HTML を編集するときに、この一意の ID フィールドを貼り付け、Tab キーを押してすばやくコードスニペットを挿入できます。または、[コードスニペット] メニューを使用してコードスニペットを参照することもできます。

[コードスニペット] メニューを使用して、コードスニペットコンテンツブロックの検索、最近保存されたスニペットからの選択、システムスニペットの使用ができます。システムスニペットは、Content Builder に含まれている標準のスニペットです。たとえば、[メールを Web ページとして表示] を使用して、購読者にブラウザでメールを表示するためのリンクを提供できます。

パーソナライズ

プロファイル属性とシステム属性を思い出してください。このメニューを使用して属性のコードを挿入します。

AMPscript の形式

AMPscript は、HTML メール、テキストメール、ランディングページ、SMS メッセージ、MobilePush からのプッシュ通知に埋め込めるスクリプト言語です。スクリプトはメッセージ内の埋め込まれた位置で処理され、購読者ごとにコンテンツが表示されます。Marketing Cloud アプリケーションでは、メールが送信されるときに、すべての AMPscript コールが処理されます。[AMPscript の形式] メニューを使用して、パーソナライズ文字列に特定の書式設定ルールを適用します。

HTML エディターの使用時に、設定を調整してツールの操作環境をカスタマイズできます。たとえば、[設定] ボタン をクリックして [テーマの選択] をクリックすると、エディターで使用する背景色とフォント色を変更できます。

[設定] メニューで [テーマの選択] が選択されています。

Content Builder でコンテンツを作成し、エディターを使用する方法を学習しました。次の単元では、ダイナミックコンテンツの利点を探ります。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる