連絡先削除のベストプラクティスに従う

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 連絡先の削除プロセスを管理する。
  • 要求の削除要求でよくある間違いを避ける。

削除を最後に飛行機に搭乗するグループだと考えてください。最終的には座席に着けますが、ファーストクラスではありません。言い換えると、Marketing Cloud では、他のプロセスが連絡先の削除プロセスよりも優先されるため、プロセスをできるだけ効率的になるように計画する必要があります。連絡先の削除を検討するときに知っておくべきことが他にもいくつかあります。 

可能な場合は一括削除する

連絡先を削除するときには、要求数をできるだけ少なくし、すべての要求を 1 回にまとめます。Marketing Cloud では、要求を小さくして複数回実行するよりも、大きくして 1 回実行する方が扱いやすく、パフォーマンスも向上します。一度に数千件の連絡先を削除する必要があるとわかっている場合は、すべてを REST API による 1 つの要求にまとめます。

存続する情報を把握する

メールの購読を取り消した連絡先を削除する場合、それ以降、さらにメールメッセージが送信されないように、Marketing Cloud でその購読取り消しのレコードが保持されます。このレコードには、将来の送信をブロックするのに必要なだけの情報が含まれます。

Enterprise を管理する

連絡先の削除機能は、Enterprise 2.0 アカウント全体と関連付けられたビジネスユニットから情報を削除します。ただし、複数の Enterprise 2.0 アカウントを使用している場合、アカウントごとに要求を実行する必要があります (しかも、かかる時間が長くなります)。当然、子ビジネスユニットには、トリガーによる送信、同期済みデータエクステンション、データ操作 (クエリやフィルターなど) から別個の連絡先が含まれる可能性があります。アカウントでこれらの機能を使用している場合、それぞれのビジネスユニットを調べて情報が削除されたことを確認する必要があります。

すべての ID 値を削除する

各連絡先レコードには、削除要求に使用できる ContactKey または ContactID 値が 1 つ含まれます。異なるデータエクステンションから複数の値を 1つの連絡先レコードにリンクする場合、すべてが対象となるようにすべての値を要求に含めます。

データエクステンションを最新の状態に保つ

マーケティングアクティビティを行うために必要なすべてのデータをできるだけ効率的かつ効果的にします。ただし、古いデータや役に立たないデータもあります。その場合はデータ保持ポリシーの使用を検討します。これらの自動機能は、不要なデータや、データエクステンション全体さえ、定期的にアカウントから削除します。これらのポリシーは、必ずデータエクステンションの初期作成時に開始します。レコード数が 1 臆件を超えると遡って適用することはできません。この数は非常に大きいように感じますが、考えているより早く到達します。

大きなデータエクステンションから連絡先を削除するときには、必ずレコードを外部ファイルにエクスポートし、エラーが発生した場合にはそのファイルを使用してプロセスを再起動できるようにします。こうしておくと、削除するために送信したレコードのトラッキングにも役立ちます。

メモ

メモ

削除プロセスを速くする場合は、定常的には必要のない送信可能データエクステンションをすべて削除して、システムがスキャンするファイルの数を減らします。

連絡禁止期間を最小限に保つ

連絡禁止期間は、最初の削除要求から、情報が実際にアカウントから削除されるまでの期間です。連絡禁止期間中、Marketing Cloud では、連絡先がアカウントに再度取り込まれないようにします。ただし、そのデータはシステムに残っており、連絡先が再度オプトインしようとした場合も含め、Transactional 送信が続行されないようにブロックする可能性があります。アカウントからすぐにデータを削除し、必要に応じて Transactional 送信が続行できるように、連絡禁止期間を 0 に設定することをお勧めします。

REST API を使用してステータス情報をすばやく取得する

大きな連絡先のバッチについて削除ステータスを確認する場合、ステータスが変わるのはバッチ全体の処理が終了した後です。特定の連絡先に関する情報を探している場合、役に立つとは限りません。連絡先が 1 件の場合、該当する ContactKey 値で別途 REST API コールを使用することで、よりすばやく情報を取得できます。

危険信号に注意する

次のよくある間違いに注意してください。

  • 削除要求が不完全なため、可能性のあるすべてのデータソースから該当するすべての情報が削除されるとは限らない
  • 要求が多すぎるため、処理速度が低下する
  • 必要な連絡先情報が失われたため、将来的に不要な連絡先が発生する

こうしたベストプラクティスに従うと、連絡先の削除要求を迅速かつ効率的に処理できます。削除プロセスは、送信、インポート、オートメーション、クエリなど他のアカウントアクティビティよりも優先度が低いことを覚えておいてください。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる