業務を構築する

業務を構築する

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 認定資格計画を作成する。
  • パートナートレーニングを利用する。
  • チームのスキルを高める。

コンサルティングパートナー向け Salesforce 認定資格

パートナーのエコシステムの中で認定資格は大きな役割を果たします。Salesforce 認定資格を取得すると、特定の役割を果たすための一連の主要な知識とスキルが得られたことが証明できます。認定資格は Trailblazerスコアに影響するため、ここでいくつかの認定資格について説明します。

認定資格 Trailblazer スコアに影響するか 前提条件 この認定資格の対象範囲 この認定を取得する理由
システム管理者 いいえ いいえ ユーザとデータの管理、セキュリティ、および Salesforce 機能の採用を含む Salesforce の基本スキル。 これは基本的な認定資格であり、Trailblazer スコアに影響する他の認定資格の前提条件です。
Sales Cloud コンサルタント はい システム管理者 ビジネス要件を満たす Sales Cloud の設計と実装。 これは、パートナープログラムの参加に最低限必要な 2 つの認定資格のうちの 1 つにカウントされます。
Service Cloud コンサルタント はい システム管理者 ビジネス要件を満たす Service Cloud の設計と実装。 これは、パートナープログラムの参加に最低限必要な 2 つの認定資格のうちの 1 つにカウントされます。また、Service Cloud の知識は技術的に高度であるため、高く評価されます。
プラットフォーム開発者 1 はい なし 宣言型のプラットフォームツールを使用したカスタムアプリケーションと分析の構築。 これは、パートナープログラムの参加に最低限必要な 2 つの認定資格のうちの 1 つにカウントされます。Salesforce 開発者向けの基本的な認定資格。
技術設計者 はい 開発者 複数のプラットフォームにまたがる高パフォーマンス機能の設計と開発。 これは技術的に Salesforce に精通していることを証明するものであり、取得することで Trailblazer スコアと会社の信用が高まります。

このモジュールではこの各認定資格の詳細については説明しません。代わりに、パートナーコミュニティのパートナー向け認定資格ページを参照してください。このページには、認定資格の取得方法や、登録情報、学習ガイド、その他のリソースへのアクセス方法が説明されています。

この表で重要なことは、会社が登録コンサルティングパートナーの資格を得るには、2 種類以上の認定資格を保有している必要があるということです。1 人で 2 種類の認定資格を取得するか、2 人で 1 つずつ認定資格を取得すればこの資格を得ることができます。Sales Cloud コンサルタント、Service Cloud コンサルタント、およびプラットフォーム開発者 1 の各認定資格は資格取得にカウントされます。

ここでは、推奨されるいくつかの認定資格の概要について説明しました。次に、あなたのチームに必要な認定資格について考えてみましょう。

認定資格計画を作成する

前に説明した業務の重点計画を思い出してください。これを使用して、あなたのビジネスの焦点に最も適合する認定資格について考えてみましょう。年目標を達成する上で、どの認定資格がどれだけの人数に対して必要ですか?

これを念頭に置き、何人かの従業員に認定資格取得のための学習を開始してもらう必要があります。あなたはチームに関与しています。そのため、あなたの計画を文書化し、チームに公開することが重要です。認定資格の価値をチームメンバー全員が必ず理解するようにしてください。また、あなたが計画した認定資格を取得するために必要なツールに、全員が必ずアクセスできるようにしてください。

計画を文書化するためのもう 1 つの重要な理由は、組織の上層部からサポートが得られることです。認定資格取得には金銭的な費用がかかるため、上層部の承認が必要になる可能性があります。

認定資格計画とは具体的にはどのようなものでしょうか? 認定資格計画の簡単な例を以下に示します。この会社の目標は、1 年以内に 4 人の認定資格取得者を誕生させることです。この表では、各従業員と会社全体の認定資格取得数を容易に追跡できるほか、計画の総費用を容易に確認できます。Trailblazer スコアに影響する認定資格の記述には洗練された色や異なるフォントを使用することで、こうした認定資格をチームでどれだけ取得すべきかを容易に確認することもできます。

リソース 8 月 9 月 10 月 プログラム認定資格 料金合計
Mary Jotter プラットフォーム開発者 1

1 $200
Don Peasley システム管理者
Service Cloud 1 400 ドル
Herman Egranger システム管理者 Sales Cloud Service Cloud 2 600 ドル


プラットフォーム開発者 1
1 $200
プログラム認定資格 1 2 2 5 1,400 ドル

個人の成功と Salesforce 認定資格

会社の認定資格計画を作成することはきわめて重要です。ただし、認定資格は個人の多大な努力の結果です。選ばれた従業員は認定資格の試験に向けて熱心に勉強しなければなりませんが、それだけではありません。その従業員は Salesforce のメジャーリリースのたびに認定資格を維持する必要があります。しかもそのリリース試験は年に 3 回もあります。

認定資格の準備と維持のためにチームが使用できる多くのリソースがあります。学習資料を得るには、Salesforce Trailhead から Salesforce の認定資格 Web サイトにアクセスしてください。スケジュール、質問例、学習ガイドなど、各試験の詳細情報を得ることができます。

認定資格サイトでは、Webassessor と呼ばれるツールが用意されています。これを使用して従業員は試験に登録します。また、試験に合格した従業員は認定資格を確認できます。Webassessor アカウントを作成するときに最も重要なことは、プロファイルに会社名を含めることです。パートナープログラムは、この項目を使用して Trailblazer スコアの算出に必要な認定資格を追跡します。

獲得した認定資格についてクレジットを取得したことを確認するには、パートナーコミュニティの [Webassessor for Partners (パートナー向け Webassessor)] ページに移動してください。次に、[What You Need to Know (基本情報)] をクリックしてアカウントの設定方法を確認します。

パートナーコミュニティに移動して、認定資格の準備に関する参考情報を参照することもできます。[Education (教育)] タブには、パートナーオンライントレーニングカタログを含め、あらゆる種類のリソースが含まれます。あなたや従業員はパートナーオンライントレーニング組織にサインアップすることで、自分のペースで無料の学習モジュールを利用し、認定資格に向けて準備できます。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる