地域設定の概要

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 会社の設定を行うとエンドユーザにどう影響するのかを説明する。
  • 会社のビジネス要件を会社の設定に置き換える。
  • 組織情報および会計年度への変更を実装する。
  • 個人のロケール設定を更新する。

会社の設定とは?

別人のふりをしたいと思ったことはありませんか? その意図が良いか悪いか、はっきりしないかに関係なく (ここでは評価はしません)、偽造パスポートを入手し、手術で顔を変え、架空の経歴を作り上げるのは容易ではありません。Salesforce で会社の設定を変更するのははるかに簡単です。

複数のパスポートを持つスパイ。

会社の設定とは、組織に関する情報のコレクションです。このコレクションのほとんどは、Salesforce 製品の購入時に収集されますが、会社が事業所を移転したり、事業をグローバル展開したりした場合は設定を更新できます。これは基本的に、その時点での会社のアイデンティティを示します。ここでは、Mom & Pop's Spy Shop (ママとパパのスパイ工房) が、国際的な陰謀に対応するため、会社の設定の範囲を理解し、状況の変化に応じて更新できるようにしましょう。

その前にまず、会社の設定に何が含まれるか詳しく確認します。


説明

組織情報
組織名と住所
請求とサポートに使用
Mom & Pop’s Spy Shop
7 Wink Nudge Drive
Frisco, CA 94101
主取引先責任者
こちらも請求とサポートに使用
Mother Intrigue
地域のデフォルト値
この設定を更新すると、多くの情報の Salesforce 内での表示方法が決まる (後で別途説明)
英語 (アメリカ合衆国)
デフォルトの通貨
レコードに適用される通貨
英語 (アメリカ合衆国) - USD
通貨
組織で使用するすべての通貨のリスト
USD のみ
ディスク使用量
猫の写真を集めているとあっという間に増えます!
27.3 GB (11%)
使用可能なライセンス
Salesforce および機能ライセンスを含む
Salesforce Platform: 14/15 を使用
会計年度情報
会計年度
レポートと予測に使用
標準、1 月開始
サポート情報
営業時間
エスカレーションルールでエスカレーションが行われる時に使用
月 ~ 金、午前 8 時 ~ 午後 8 時
休日
ケースでエスカレーションがスキップされる日
6 月 27 日 (国際ミステリーデー)

地域の設定とは?

情報をユーザに馴染みのある方法で表示することで、ユーザの Salesforce 操作性を高めてより効率のよいシークレットエージェントにします。Salesforce の地域の設定は、日時、ユーザの名前、住所、数値のカンマとピリオドの表示を決定します。地域のデフォルト値はシステム管理者が設定しますが、別の場所を本拠地としているユーザは、個人の地域を設定できます。どちらの設定についても後で説明しますが、最初にデフォルトまたは個人の地域を更新すると影響を受ける情報を確認しましょう。

[地域の設定] の内容

地域
日付と時刻の形式
mm/dd/yyyy または dd/mm/yyyy
数値形式
1000 の場合 1,000 または 1.000
名前の順序
「姓、名」または「名姓」
住所の形式
国、郵便番号、都道府県、町名・番地
電話番号の形式
(123) 456-7890 または +12 2345 67-0
言語
すべてのテキスト
標準のタブと項目
オンラインヘルプ
ヘルプのテキスト言語
タイムゾーン
行動の開始/終了時刻
カレンダーエントリと行動
日付または時間項目

組織情報の更新

そのため、Salesforce には翻訳機能が組み込まれています。長年の勤勉なスパイ活動が認められ、Mom & Pop's Spy Shop は、資金の豊富な最大手企業 Nacho Secrets Agency に買収されました。移転および経理システムの統合後に会社の設定を更新する方法を確認しましょう。

メモ

メモ

このモジュール用に新しい Trailhead Playground を作成します。既存の組織を使用すると、Challenge を確認するときに問題が発生する可能性があります (ロボット革命が起きることさえあります)。ハンズオン組織の起動ボタンの横にあるドロップダウン矢印をクリックし、[Trailhead Playground を作成] を選択します。

  1. Trailhead Playground を起動します。
  2. 設定ギアアイコン をクリックし、[設定] を選択します。
  3. [クイック検索] ボックスに組織情報と入力し、[組織情報] を選択します。このページには、組織の住所、地域、タイムゾーン、通貨が表示され、ディスク使用量とライセンスが表示されます。
  4. [編集] をクリックします。
  5. 新しい所在地に関連する情報を更新します。
    • 住所:
      • 町名・番地: 007 Cipher Cl
      • 市区郡: London
      • 郵便番号: EC2N 2DB
      • 国: United Kingdom
    • 地域の設定:
      • 地域のデフォルト値: 英語 (イギリス)
      • タイムゾーンのデフォルト値: (GMT+00:00) グリニッジ標準時 (GMT)
  6. [保存] をクリックします。

他にも変更された設定があることに気が付きましたか? 通貨の設定は次の単元で取り上げます。次は、会計年度の更新方法を確認しましょう。

  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに会計年度と入力し、[会計年度] を選択します。
  2. [会計年度期首月] を [7 月] に設定します。
    注意: 会計年度が期末月または期首月に基づくか、完全にカスタムの会計年度を設定するかを選択することもできます。
  3. 他の設定は変更せずに、[保存][OK] の順にクリックします。

個人の地域の更新

上記のように、[組織情報] ページには、会社のデフォルトの地域、言語、タイムゾーンが含まれます。ただし、本社以外の従業員は、それぞれ状況に合わせて地域設定を選択できます。さらに、地域は単に場所を対象とするものではありません。ポルトガル語を話すユーザがオレゴン州在住でブラジルの顧客を担当する場合を想像してください。会社の地域設定とは異なっていても、ユーザのニーズに対応して個人設定を更新する方法を確認しましょう。

  1. ヘッダーで、自分のプロファイルアイコンをクリックし、[設定] を選択します。
  2. [クイック検索] ボックスに言語と入力し、[言語とタイムゾーン] を選択します。
  3. この [設定] 領域から、状況に合ったタイムゾーン、地域、言語を選択します。上記の例では、[タイムゾーン] で太平洋のタイムゾーン、[地域] で [英語 (アメリカ合衆国)]、[言語] でボルトガル語を選択します。
    注意: 今は変更しないでください。変更すると Salesforce 組織の UI がすべてポルトガル語で表示されます。(ポルトガル語を話す場合はもちろん変更できます)。
  4. マルチ通貨が有効で設定されている場合 (方法は次の単元で説明)、ここで個人設定の通貨も指定できます。この場合は、[ブラジルレアル] です。
  5. [保存] をクリックします。

時間を変更すると、大なり小なりアイデンティティの変更が必要になることがあります。どこで任務が発生しても、組織情報と個人の地域はすぐに更新できます。次は、グローバルな事業に対応するために通貨を制御して更新する方法を学習します。

リソース