コミュニティの使用開始

学習の目的

このモジュールを完了すると、次のことができるようになります。

  • コミュニティを定義する。
  • コミュニティへのアクセスを設定する。
メモ

メモ

独自の組織がない場合は、こちらにある 30 日間のトライアル組織を使用してください。詳細は、次の動画を参照してください。

コミュニティとは?

オンラインコミュニティは人々を 1 つの場所に集める優れた手段です。コミュニティを作成すれば、顧客、社内のエキスパート、パートナーとつながりやすくなります。

基本的に、コミュニティとは共通の使命や目標を共有するユーザの集団です。ニーズに最適なコラボレーションモデルを定義できます。顧客同士が助け合うことができるコミュニティが必要ですか? ピアツーピアのコミュニティでは、それを実現します。顧客が自分のアカウント情報にアクセスできるポータルが必要な場合や、

Cumulus Bank

さまざまな目的を達するために、組織内に複数のコミュニティを作成することも可能です。実際に多くの企業がこれを行っています。コミュニティは組織内に存在するため、コミュニティに参加可能な従業員や、社外の顧客、パートナー、その他のユーザを選択できます。

コミュニティでコンテンツや体験、ビジネスプロセス、情報などの共有を開始し、コミュニティがもたらす成果をご覧ください。

ファイナンシャルサービス業界の一般的なコミュニティには、つぎのようなものがあります。

  • カスタマーコミュニティ。顧客が各自の口座情報やファイナンシャル情報を参照できるオンラインポータル。顧客は、ピアツーピアサポート、カスタマーサービスエージェント、知識ベースを使用して問題を解決することができます。この環境は、支店または国に固有のセールスまたは問題について母国語で表示できるように、場所に応じてカスタマイズできます。
  • パートナーコミュニティ。パートナー (組織のシステム管理者である Matt と協力する独立系のパーソナルバンカーやフィナンシャルアドバイザーなど) が、顧客に連絡を取ったり、商談を追跡して成立させたりできるように顧客アカウントの詳細や金融口座情報を参照できる場所。オンボーディングやトレーニングの情報を提供することもできます。
メモ

メモ

すでに「Financial Services Cloud の基本」バッジを取得している人なら、Matt についてはご存じでしょう。Matt は Cumulus Bank のウェルスマネジメントおよびリテールバンキングブランチのために Financial Services Cloud を設定しています。

Salesforce コミュニティの利点

Salesforce を使用してコミュニティを作成する利点は何でしょうか。一言でいうと、すべてを統合できるということです。すばらしい環境を作成するために、Community Cloud を次のように使用できます。

  • 特定のニーズに合わせて複数のコミュニティを作成する。
  • ビジネスプロセスを従業員、パートナー、顧客にまで提供する。
  • サードパーティプロバイダ (注文や財務情報など) のデータを統合する。

コミュニティで得られたデータが Salesforce 組織内に存在し、Salesforce 組織内に存在するデータをコミュニティ経由で外部と共有できます(心配いりません。システム管理者は、内部の Salesforce 組織の場合と同様に、外部へどのデータを表示するかを制御し、どの利用者が何にアクセスできるかを決定します)。つまり、Salesforce を使用して構築されたコミュニティは、社外も含め、あらゆる種類の人々に提供される、Salesforce 環境への窓口となります。

コミュニティを有効にする

Financial Services Cloud コミュニティの設定を始める前に、適切な Community Cloud ユーザライセンスがあることを確認してください。必要なライセンスがあることを確認するには、Salesforce アカウントエグゼクティブにお問い合わせください。

ライセンスがあることを確認できたら、コミュニティを有効にし、組織で使用できるようにします。

  1. ギアアイコン (ギアアイコン) をクリックし、[設定] をクリックします。
  2. [クイック検索] ボックスに「コミュニティ」と入力し、[コミュニティ設定] を選択します。
  3. [コミュニティを有効化] を選択します。
  4. ドメイン名を入力し、[使用可能か調べる] をクリックします。
  5. ドメイン名が使用可能であれば、[保存] をクリックします。使用できない場合は、別のドメイン名を試してください。
  6. [保存] をクリックして、[OK] をクリックします。

ライセンスがあり、コミュニティを有効にしたので、これでコミュニティを作成する準備ができました。