進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

売上予測レポートの作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • カスタム売上予測レポートタイプを作成する。
  • 売上予測レポートを作成する。

カスタムレポートタイプとレポートの作成

チームが売上予測レポートを使用できるようにするために、まずカスタムレポートタイプを作成します。その後、カスタムタイプに属するレポートを作成します。レポートタイプでは、主オブジェクトとその関連オブジェクトとの関係に基づいて、レポートで使用するレコードと項目のセットが定義されます。

レポートには、レポートタイプで定義された条件を満たすレコードが表示されます。売上予測のカスタムレポートタイプは、すばやく簡単に作成できます。この表を使用して、作成できる売上予測レポートタイプを確認してください。
主オブジェクト レポートに表示される内容
売上予測データ 調整金額情報を含む売上予測金額
売上予測データと、関連オブジェクトレコードとして商談 特定の売上予測品目名の商談情報
売上予測データと、関連オブジェクトレコードとして商談の分割 特定の売上予測品目名の商談の分割情報
売上予測データと、関連オブジェクトレコードとして商談商品 特定の売上予測品目名の商品ファミリ情報
売上予測目標 個人またはチームの目標に関する情報
売上予測目標と、関連オブジェクトレコードとして売上予測データ 目標達成率の情報
Nigel は、売上予測マネージャのチームメンバーすべての売上予測金額合計、月別にまとめた値、および売上予測積み上げ集計をレポートで表示したいと考えています。最初に、Lauren が売上予測データカスタムレポートタイプを作成します。
  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「レポートタイプ」と入力し、[レポートタイプ] を選択します。
  2. [続行] をクリックして、[新規カスタムレポートタイプ] をクリックします。
  3. [主オブジェクト] で [売上予測データ] を選択します。
  4. [レポートタイプの表示ラベル] に「Forecasting Items」 (売上予測データ) と入力します。
  5. 「Total forecast amounts for all of a forecast manager’s team members. (売上予測マネージャのチームメンバーすべての売上予測金額合計)」などの説明を追加します。
  6. [カテゴリに格納] で、[売上予測] を選択します。
  7. [リリース済み] を選択します。
  8. [次へ] をクリックし、[保存] をクリックします。

    定義された Forecasting Items (売上予測データ) レポートタイプを表示している [新規カスタムレポートタイプ] ページ

    次に、Forecasting Items (売上予測データ) カスタムレポートタイプに基づき、レポートを作成します。

  9. セールスアプリケーションで [レポート] タブをクリックし、[新規レポート] をクリックします。
  10. [売上予測][売上予測データ] の順に選択し、[続行] をクリックします。
  11. デフォルトの検索条件を削除します。[検索条件] をクリックし、[表示] 項目で [すべての売上予測データ] を選択して [適用] をクリックします。次に、[終了日] 項目で、範囲に [常時] を選択し、[適用] をクリックします。
    (Trailhead Playground で作業している場合、レポートプレビューにデータは表示されません)

    検索条件として [すべての売上予測データ] と [常時] が選択されている作成中の新規レポート

  12. 行のグルーピングを作成します。[アウトライン] をクリックし、[行をグループ化] 項目で [開始日] を選択します。
  13. 列のグルーピングを作成します。[列をグループ化] 項目で、[売上予測分類] を選択します。
  14. 集計可能項目を追加します。[項目] をクリックし、項目ペインで [売上予測 金額] をダブルクリックします。

    [開始日] 行と [売上予測分類] 列のグルーピングが設定されている作成中の新規レポート

  15. 売上予測種別の検索条件を追加します。[検索条件] をクリックします。次に、[検索条件を追加] 項目で、[売上予測種別: API 参照名] > [次の文字列と一致する] を選択します。[次の文字列と一致する] 演算子の下に、レポート対象の売上予測種別の名前を入力します。Lauren は商談収益を選択し、[適用] をクリックします。

    [売上予測種別: API 参照名] として商談収益が選択されている作成中の新規レポート

  16. [保存] をクリックして、レポート名と説明を入力します。[公開レポート] フォルダにレポートを保存します。

    Lauren の新しいレポートを表示する [最近使ったレポート] リストビュー

これで、Rollings Tech 営業チームは、公開レポートフォルダから新しいレポートにアクセスできるようになりました。必要なものがすべて手に入ったようです。Lauren はよく頑張りました!

サマリー

Lauren は忙しい日を乗り切り、やるべきことをすべて完了しました。これでチームは、コラボレーション売上予測を使用して、正確に売上を予測する準備ができました。Lauren は非常に満足しています。

マスタ通貨、目標、目標達成率の情報、調整が表示された Nigel の売上予測ページ

Lauren が行った作業は次のとおりです。
  • コラボレーション売上予測を有効化する
  • [売上予測] タブをセールスアプリケーションに追加して、チームに表示されるようにする
  • 4 つの売上予測種別を有効化する
  • コラボレーション売上予測ユーザを有効化する
  • デフォルトの売上予測日付範囲を定義する
  • 売上予測分類名をカスタマイズする
  • マネージャおよび所有者による調整を有効化する
  • デフォルトの通貨を設定する
  • 目標を有効化する
  • カスタム売上予測レポートタイプと売上予測レポートを作成する
今度はあなたの番です!